白髪染めでヘナって染まるの?デメリットとメリット

40代、50代になると白髪が気になってきます。

 

私も髪の生え際にすぐに白髪が見えてきます。

 

市販の白髪染めも刺激が強そうなので私は、ヘナを使っています。

 

でも、デメリット、メリットはあります。

 

スポンサーリンク

 

白髪染めでヘナは染まるの?

白髪染めに悩まされている40代、50代の人は多いと思います。

 

私もその一人ですが、いくら染めてもすぐに出てきます。

 

なので、私は常に家にヘナを常備しておいて、小まめに染めています。

 

生え際にしばらく塗って家事などをしてお風呂で流しています。

 

そんなヘナですが、お風呂で白髪の部分に塗ったヘナを流すのですが、染まっているのかと言われるときれいには染まっていません。

 

 

これってヘナのデメリットかなと思います。

 

お肌に優しく自然のものとして安心して使えるヘナではありますが、染まりにくいというのがあります。

 

1回染めただけではなかなか染まりません。

 

その人の髪質にもよるかもしれませんが、私の場合は染まりません。

 

髪が多くて太いので白髪も出てきやすいと聞きました。

 

パーマもかかりにくいので白髪も染まりにくい気がします。

 

白髪染めのヘナのデメリット

白髪染めのヘナのデメリットとして、染まりにくいというのが私にはあります。

 

白髪が目立たないように、何回かに1回は、美容院に行って染めたり、市販のすぐに染まりやすい白髪染めをやります。

 

そして、その間に小まめにヘナで染めます。

 

できるならば茶系で髪の毛を少なく見せたいところなのですが、生え際で見えないのでその部分は、黒系で染めちゃった方が長持ちします。

 

表面は、茶系にして中は黒系って感じです。

 

ヘナって安心して使えるものではありますが、私の中では染まりにくいのがあります。

 

市販のものを使ったりしているので、余計に自然のヘナの色が入りにくいのもあるかもしれません。

 

ヘナ一つにした事がないのでわからないのですが、ヘナオンリーにしたらまた違うかもしれません。

 

ヘナのデメリットとしては、染まりにくいかなという事くらいです。

 

その他は特にありません。

 

白髪染めのヘナのメリット

白髪染めのヘナのデメリットは染まりにくいと言いましたが、メリットは何でしょうか?

 

私は、ヘナを買っておくといつでも使えるのでとても便利という事です。

 

「面倒」

 

と言う方もいるのですが、私は、使いたいときに、使えるところに好きな分量で使えるので非常に便利です。

 

いつでも簡単に染める事が出来ます。

 

そして、安心して使える事です。

 

それが何よりの理由ですかね。

 

市販の色々と入っているものは頭皮を通して体に入るなんて言うシャンプーの話しを聞いたことがあります。

 

なので、頻度の多い、白髪染めは、安心して使えるものが何よりだと思っています。

 

すぐに白髪が出てきてしまうので、やはり心配しながら使っているものよりも安心して使える自然のものが一番と思っています。

 

そして、簡単!!

 

お湯や水で溶いてすぐに使えちゃいます。

 

気になるところにサッと塗ってそのまま家事などをしていればいいのです。

 

その後に入浴して、シャンプーするときに頭を洗い流してそれで終わりです。

 

ヘナは簡単にできるのでその部分がメリットではないかと思います。

 

・安心して使える

 

・簡単にできる

 

まとめ

白髪染めのヘナは、デメリットやメリットがあります。

 

でも、私の中ではデメリットよりメリットの方が多いので、これからも使い続けていきたいと思っています。

 

体に良いもの、安心して使えるものが何よりです。

 

染まりにくさは感じますが、続けていく事で自然な髪の色になるのではないのでしょうか?

 

髪の毛も傷みにくいです。

 

私の場合はいたみはほとんど感じません。

 

あくまでも私の髪質の場合なので人によって違いはある事と思います。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報