キンプリの石橋玄樹のパニック障害とは?

キンプリの石橋玄樹がパニック障害で活動を休止することになりました。

 

このパニック障害と言うのはどのような症状があるのでしょうか?

 

一度パニック障害になるとなかなか治らなかったり、自分ではコントロールできなくなったりします。

 

詳しい症状をお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

パニック障害とは?

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常が出てきます。

 

共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気でもあります。

 

この発作は、「パニック発作」といわれます。

 

だいたい10分くらいから長くても1時間以内にはおさまるものです。

初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もあります。

 

でも、医師の診察を受ける頃には発作は消えてしまいます。

 

なので、血液検査や心電図検査をしても異常はみられません。

 

検査をしてもどこかが悪いと言うわけではないのです。

 

時には気のせいなどと言われることもあります。

 

でも、繰り返すと言う困った事態でもあります。

 

周りには気が付いてもらえずに本人だけが苦しくなってしまうと言うものなのです。

 

パニック障害の特徴

パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当りません。

 

でも、パニック発作を繰り返してしまいます。

 

脳の中には、脳内神経伝達物質といわれる物質が数種類あります。

 

その脳内神経伝達物質は、外界からの刺激に対応して、さまざまな働きをしています。

 

パニック障害が起こる原因としては、恐怖や不安に関係している神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える神経伝達物質「セロトニン」とのバランスが崩れるためと考えられています。

 

なぜ起こるのか、どうしてなのかと言うように詳しいことはわかっていません。

 

でも、脳内のセロトニンが増加する治療を行う事でパニック障害の改善がみられることから推測されていると言われています。

 

パニック障害の診断方法

 

パニック障害の診断は問診が中心になります。

 

アメリカで考え出された基準がよく使用されます。

これは、基準がいくつかあります。

 

13のチェック項目があり、4つ以上当てはまるとパニック障害の可能性があるとされています。

 

もし、気になる方は、チェックしてみてください。

 

・心臓がドキドキしたり、脈拍が増加する

 

・ 手の平や、全身に汗をかく

 

・体や、手足がふるえる

 

・息切れ感や、息苦しさを感じる

 

・窒息感、または喉(のど)が詰まった感じがする

 

・胸の痛みや圧迫感、不快感がある

 

・吐気や腹部の不快感がある

 

・めまい、ふらつき、または気が遠くなるような感じがする

 

・現実感が失われ、自分が自分ではない感覚が起こる

 

・自分をコントロールできなくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる

 

・このままでは死んでしまうという恐怖を感じる

 

・体の一部にしびれ感や、うずきを感じる

 

・冷たい感じや、ほてった感覚がある

 

どうでしたか?

 

もしあてはまる項目がいくつかあれば受診してみて下さい。

パニック障害の治療

 

パニック障害の治療には、主に脳内神経伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が行われます。

 

使用される薬剤

 

・「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」

 

・「抗不安薬」

 

・「三環型抗うつ薬」

 

などがあります。

 

その他に心理療法もあります。

 

「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」

SSRIはパニック障害に一番よく使われる薬剤です。

 

脳内のセロトニンを増やす作用があります。

 

すぐには効果は出ません。効果が出るまでに2~3週間かかります。

 

副作用には、吐気や眠気がありますが、抗不安薬に比べると軽度とされます。

 

「抗不安薬」

パニック障害に使用される抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系薬です。

 

SSRIが使われるようになる前は、パニック障害に一番多く使われていました。

 

眠気やふらつきなどの副作用はSSRIよりも強く、依存性・習慣性などの問題もあります。

 

「三環系抗うつ薬」

便秘や眠気、喉の渇きなどの副作用が強く、他の薬で効果がない場合などに使用されます。

 

パニック障害の困った症状

 

パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作があります。

 

パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまります。

 

長くても1時間です。

 

何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという不安も生まれます。

 

パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が出ると外出も怖くなります。

 

これは、「予期不安」と言われています。

 

予期不安は、逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生みます。

 

大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになってしまいます。

 

これは、「広場恐怖(外出恐怖)」といわれます。

 

「パニック発作」と「予期不安」があり「広場恐怖」はパニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状であります。

 

この3つの症状は、悪循環となってパニック障害をさらに悪化させてしまうのです。

 

パニック障害が悪化してしまうと人前に出るのを嫌って閉じこもるようになってしまいます。

 

そうなると正常な社会生活が維持できなくなります。

 

さらに悪化すると、うつ病を併発することもあるので要注意です。

 

まとめ

パニック障害はしばらくすると症状は消えていきます。

 

なので周囲にはなかなか理解してもらえない事もあり何とも苦しい事もあります。

 

不安が大きくなると症状がさらに悪化してしまいます。

 

チェック項目の中で何かあてはまる事や心配な事があったら病院に受診していきましょう。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報