子供の手足のまひには要注意!「急性弛緩(しかん)性まひ」とは?

ただの風邪かと思っていたら実は違っていた。

 

子供の手足にまひが出ると言う急性弛緩(しかん)性まひを知っていますか?

 

この急性弛緩(しかん)性まひの報告が増えていると言います。

スポンサーリンク

 

子供の手足のまひには要注意

ただの風邪かと思っていたら重大な病気が潜んでいた感染していたと言う事があるので要注意です。

 

子どもの手足に急にまひが出る「急性弛緩(しかん)性まひ」という病気が出ていると言います。

 

今年になり報告数が増えていると言います。

 

10月ごろから増加しているそうです。

 

3年前にも感染症の流行と同時にまひが相次ぎました。

 

厚生労働省は今年5月から全国の医療機関に報告を求めていました。

 

そして、監視を強めていたのです。

 

今回も感染症との関連が指摘されています。

 

この報告から、専門家は手洗いの徹底と、医療機関への早めの相談を呼びかけています。

 

急性弛緩(しかん)性まひの全国で発生相次ぐ

 

10月から増えている急性弛緩(しかん)性まひ。

 

国立感染症研究所によると、全国で1週間に数例だったまひの報告が最新の1週間10月22~28日で9例報告されたと言います。

 

すごい数になっています。

 

まだまだこれからも増えると予想されるので怖いです。

 

10月22~28日の前週も10例でした。

 

感染症疫学センター第三室の多屋馨子室長は「1週間に10例は多い」と指摘していると言います。

 

今年になり、5月以降の累計は86例に上るそうです。

 

兵庫、岐阜で8例、東京、愛知で6例、福岡5例、埼玉、千葉、神奈川、大阪で4例と続いています。

急性弛緩(しかん)性まひの原因は?

急性弛緩(しかん)性まひの原因は何でしょうか?

 

原因として専門家が指摘するのは、エンテロウイルスD68というウイルスが原因の感染症となります。

 

小児まひとも呼ばれるポリオや、手足口病を引き起こすウイルスの仲間と聞きます。

 

咳のしぶきなどで感染していきます。

 

この急性弛緩(しかん)性まひは、夏から秋に流行していきます。

 

咳や発熱など風邪に似た症状が出てきます。

 

でも、ただの風邪ではないのです。

 

対症療法しかなく、手足にまひが残る場合が多いのです。

 

また、感染を防ぐためのワクチンもないのです。

 

感染したら大変です。

 

病原体の検査には時間がかかってしまいます。

 

なので、現時点ではまひの患者の一部からしか検出されていないのです。

 

でも、各地の医療機関から今年は今月6日までに、呼吸器の病気を含めて26件ウイルスの検出が報告されました。

 

昨年1年間では6件

 

16年の1件より多いのです。

 

15年には流行してしまい、285件報告されました。

 

すべてがエンテロウイルスD68との関連は確認できてはいません。

 

でも、流行のあった8~12月に手足のまひが出て、脊髄(せきずい)に病変が認められた人が約60人に上ったと言います。

 

罹りやすいのは、乳幼児と言います。

 

大人は4にだけでした。

 

罹った人の半数以上が5歳未満だったと言います。

 

治療で手足のまひが完治したのは7人だけでした。

 

多くにまひが残るなどまひの治療法も確立していないのです。

 

急性弛緩(しかん)性まひは、まだ十分に知られていません。

 

風邪のような症状なのでただの風邪と勘違いしてしまう人もいます。

 

でも、風邪の症状の後に手足にまひが出てきます。

 

手足にまひが出てしまってきたら要注意です。

 

医療機関に相談したほうがいいです。

 

早目に病院に行きましょう。

 

予防には手洗いやうがいが欠かせないのです。

 

日頃から手洗いうがいをしていきましょう。

 

急性弛緩(しかん)性まひの症状

 

ウイルスなどの種々の病原体の感染により弛緩性の運動麻痺症状を呈する感染症です。

多くは何らかの先行感染を伴います。

 

手足や呼吸筋などに筋緊張の低下、筋力低下、深部腱反射の減弱ないし消失、筋萎縮などの急性の弛緩性の運動麻痺症状がでます。

 

発症機序が同一ではないのですが、同様の症状があるポリオ様麻痺、急性弛緩性脊髄炎、急性脳脊髄炎、急性脊髄炎、ギラン・バレー症候群、急性横断性脊髄炎、Hopkins症候群等もここに含まれているようです。

 

まとめ

記事を書いていても怖いなと感じました。

 

ただの風邪と思っていたらその後に手足のまひです。

 

このような症状が出た時には迷わずに早目に病院に行きましょう。

 

まだ、特効薬と言うのはないとは聞きますが、早目に受診をしていく事が何よりです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報