ゾフルーザの新薬ってどうなの?大丈夫?効果は?

インフルエンザが大流行となっているので受験生、そして、受験生の保護者はハラハラ、ドキドキでしょう。

 

インフルエンザに罹っても、近年は特効薬があるので安心でもあります。

 

そんな中、また、新たなインフルエンザの新薬が出ましたね。

 

それが、ゾフルーザ錠です。

 

実際にこのゾフルーザはどうなの?って心配の部分もあるのではないのでしょうか。大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

新薬のゾフルーザとは?

ゾフルーザの新薬と聞くと、飲んでその後の副作用はどうなんだろうと心配に思う方もいることでしょう。

新薬が出たというのは知っていましたが、実際にはどんなものなのかはよくわかりませんでした。

 

新薬「ゾフルーザ錠」は、最大の特徴というのが、1回で治療が完結する錠剤タイプなのです。

 

ゾフルーザはどうなのでしょうか?

 

実際に飲んで副作用とか気になるところではあり大丈夫なの?と心配にも思うことでしょう。

 

私の家の子供もインフルエンザに罹ってしまいました。

 

病院に行き、ゾフルーザを処方されました。

 

ゾフルーザを処方されたときに、インフルエンザの治療は「この薬を飲んで終わりです」と言われました。

ゾフルーザ錠は、2018年3月に保険適用となった錠剤タイプのインフルエンザの処方薬です。

 

まだまだ新しい薬です。

 

とは言っても、インフルエンザの新薬って頻繁に出ていた感じがありました。

 

でも、今まではリレンザやイナビルなど、吸い込むタイプで子供も吸いにくそうでした。

 

むせたりして吸いにくかったりもします。

 

しかも、薬を処方された場所でやっていたので、なんだか周りに見られたり、「あの人、インフル」なんていう目で見られていたのでなんとも言えませんでした。

 

家でやってもいいのですけどね。

 

ゾフルーザは、塩野義製薬株式会社が開発された薬です。

 

このゾフルーザは、錠剤を飲むだけなので非常に簡単です。

 

「これだけ?」

 

って感じでした。

ゾフルーザ錠には「ゾフルーザ錠10mg」「ゾフルーザ錠20mg」があります。

 

用量は年齢や体重に応じて処方されます。

 

今まであったタミフル・リレンザ・イナビルは、抗インフルエンザ薬で細胞に感染したウイルスが細胞外に出るために必要な「ノイラミニダーゼ」という酵素の働きを邪魔することでインフルエンザの増殖を抑える薬でした。

でも、ゾフルーザ錠の有効成分は「バロキサビル マルボキシル」です。

インフルエンザウイルスが体内で増えるために持っている酵素の働きを邪魔していきます。

 

邪魔をしていくことでインフルエンザウイルスの増殖をおさえることができるのです。

ゾフルーザ錠は、今までにない新しい作用の抗インフルエンザ薬なのです。

 

効果も期待されます。

 

ゾフルーザの飲み方

ゾフルーザの飲み方です。

 

リレンザやイナビルとは違い飲む薬です。

ゾフルーザの飲み方は1回飲むだけでいいのです。

 

年齢によって1錠、2錠と変わります。

 

また、体重も80キロ以上の人は、4錠になります。

 

ゾフルーザは、1回使用するだけの飲み薬なです。

ゾフルーザの一番の特徴は、1回だけの使用で治療が完結するというもので非常に簡単なものなのです。

今までにも1回の使用で治療が完結はしていました。

 

でも、1回の使用で完結していた薬は、吸入タイプでした。

 

1回での使用で完結する薬の飲み薬は、ゾフルーザが初めてとなります。

吸入薬は吸入器の使い方があってるのか?これでいいのかなと戸惑うこともありました。

 

薬局でやってくれることもありますが、自宅でした方もいるでしょう。

 

吸入薬は吸うときにむせるという方もいたでしょう。むせたり、粉薬をふき出してしまうという方もいたでしょう。

 

ゾフルーザ錠は1回飲むだけなのでとても簡単です。

 

飲むだけで済んでしまうので、抗インフルエンザ薬の中では最も使い方が簡単な薬なのではないのでしょうか?

 

まとめ

ゾフルーザは新薬なので不安もあるかもしれません。

 

でも、今年は多くの人が処方されて飲んでいるようです。

 

すでにインフルエンザの患者はたくさん出ています。

 

ゾフルーザは、1回だけ飲んで終わりなので簡単にインフルエンザの治療が終わります。

 

ゾフルーザのお世話になる前にインフルエンザには罹りたくないですけどね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報