インフル花粉症で最悪の時期の対処法と効果的のマスク

冬と言えばインフルエンザの流行していく時期です。

 

春が近くなってくると花粉症で悩まされてしまうという人も多いのではないのでしょうか?

 

まだまだインフルエンザがはやる時期ではありますが、そんな中、花粉症の大流行もやってきます。

 

そんな中、最近耳にするのがインフル花粉症です。

 

インフル花粉症って何?

 

インフル花粉症についてお話していきます。

スポンサーリンク

 

インフル花粉症って?

インフル花粉症って聞いたことがありますか?

 

最近よく耳にする言葉でもあります。

 

本当ならば暖かくなると流行が終息するはずのインフルエンザ

 

でも、インフルエンザの流行がなかなか終息しないまま、花粉症の季節を迎えることによって懸念されるのが「インフル花粉症」とのことなのです。

 

 

インフルエンザと花粉症が一緒になるなんて言葉を聞いただけでも辛そうです。

 

もう3月になるというのに、インフルエンザは、未だ例年のピークに近いレベルが続いているのです。

 

なかなか流行がおさまりません。

 

流行がおさまるどころかまだまだ広がっているのです。

そして、花粉についても、2018年は昨年の1.5倍の量が飛散すると予想されています。

 

そんなインフルエンザと花粉症が同時にまたは連続して発症するのが「インフル花粉症」とのことなのです。

 

この花粉症は、十分な注意が必要になります。

 

なぜこのインフル花粉症には、注意が必要なのでしょうか?

 

インフル花粉症の注意点

インフル花粉症になると大変です。

 

辛いです(-_-;)

また、かかるとどんな初期症状が出るのでしょうね?

 

昨年もそうでしたが、今年も熱が出ない「隠れインフルエンザ」にかかっている人が多いというのを聞いたことありますか?

隠れインフルとは熱が出ない、またはなんとなくだるい、微熱がある。

 

でも、インフルエンザの検査をしてもインフルエンザと診断されないのです。

 

そんな人たちを隠れインフルと言います。

 

隠れインフルと言うのはとても困りますね。

 

そのために隠れインフルにかかっていながら、花粉症になっているという人が多くなる可能性が高いようなのです。

 

花粉の飛散量も今年はかなり多くなっています。飛散量が昨年の1.5倍なので、花粉症の方は、症状も酷くなる可能性があります。

そのため、花粉症によって咳やくしゃみが激しく出るかもしれません。

 

花粉症には色々な症状がありますが、止まらぬ咳やくしゃみ、鼻のムズムズなどなど不快な症状が続きます。

そんな状態で同時にインフルエンザにかかっていたらどうなるでしょう。

 

激しい咳やくしゃみと共にインフルエンザウイルスを周囲に巻き散らすことになりますね。

 

恐ろしすぎる・・・・・・

 

しかも隠れインフルとなれば、普通に外に出たりしています。

 

周囲にまき散らしていることでしょう。

 

更に、B型インフルエンザと花粉症の初期症状は似ているのです。

主な症状としては、どちらもくしゃみ、鼻水、咳、微熱などです。

花粉症だと思っていたらインフルに感染していたということも大いにありえると言われているのです。

 

そして、インフルエンザにかかると免疫力が下がるので、花粉症の症状が長引く場合もあるのです。

 

インフルと花粉症を同時に感染するのは、周りへ感染拡大させることも怖いです。

 

また、その人自身も花粉症が酷くなったり長引たりするので困りますね。

 

花粉症が悪化するインフル花粉症

花粉症がある人がインフルエンザになることで花粉症が悪化してしまいます。

 

また、インフルエンザに罹ることで花粉症の引き金になってしまうのです。

 

インフルエンザの感染で花粉症を発症してします。

 

インフルエンザに罹ることで繊毛の働きが弱まってしまうの、花粉症もさらに悪化してしまいます。

 

繊毛は、外から入ってくる菌を遮ってくれるものとして働いています。その働きが弱ると色々な感染症に罹ってしまいます。

 

花粉症とインフルエンザが同時に重なってしまうとインフル花粉症が例年以上に増えていく可能性があります。

 

去年の記録的猛暑により、今年は花粉が2~7倍の花粉が飛散してしまう可能性があるとも言われています。

 

そのことから今年はインフル花粉症が増える。

 

大量の花粉が肺に入ってしまうと気管支ぜんそくになる。咳やくしゃみでどんどんインフルエンザも飛散してしまう。などなど広がっていきます。

 

インフル花粉症にどんなマスクが有効?

インフル花粉症に有効なマスクがあります。

 

それが、ダチョウのマスクです。

 

ダチョウのマスクがいいと言われています。

 

ダチョウは、感染症に強いと言われているからです。

 

ダチョウ抗体フィルターには、花粉アレルゲン、季節性インフルエンザ(Aソ連型・A香港型・B型)に加え、新型インフルエンザ(A/H1N1)、鳥インフルエンザ(H5N1) 、鳥インフルエンザ(H7N9) に対して選択的に結合するIgy抗体が数100兆個以上、敷き詰められていると言います。

 

感染に不可欠なウイルスの表面の突起を抗体が覆ってしまうので、ウイルスからのリスクが低減するといわれてます。

 

だいたい3~4枚で400円くらいするそうです。

 

インフル花粉症に効果的な食べ物は?

インフル花粉症に効果的な食べ物もあります。

 

アカモクがインフル花粉症にいいと言われています。

 

インフルにも花粉症にも両方に期待ができるそうです。

 

そもそもアカモクは、漁師にとっては船の動きを遮ってしまうので邪魔なものと言われていました。

 

ところが、そのアカモクが近年では注目されているのです。

 

アカモクは、花粉症の症状を緩和してくれるとも言われています。

 

アカモクは、お味噌汁に入れてもいい。

 

まとめ

インフル花粉症には罹りたくないですね。

 

まずは、きれいに手を洗い、うがいもして予防していきましょう。

 

インフルエンザと花粉症が同時にまたは、続いてしまうと辛いですよね。

 

片方だけでも辛いのに両方が合体すると言うまでもありません。

 

まずは予防ですね!!

 

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報