秋のうつ病になる人とは?原因は?

秋になるとなんだか物寂しくなることがありませんか?

 

秋は、これから冬に向けてどんどん寒くなっていきます。

 

そんな時期をだから体も心も寒くなりなんだか物寂しくなり秋うつになってしまう人もいます。

 

秋うつになる人はどのような人なのか、また、原因をお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

秋のうつ病とは

秋と言うと肌寂しくなりなんだか気持ちもブルーになると言う事はありませんか?

 

なんだか寂しい

 

なんだか物悲しい

 

と言うように秋になると感じてしまう方もいるでしょう。

 

なんとなくそんな気分と言うならばいいのですが症状が悪化してしまうと大変です。

 

秋のうつ病です。

 

「落ち込むことが多くなった」

 

「憂鬱な気分がする」

 

「体もだるいし疲れやすくなった」

 

そう感じている人が秋になると出てくるようです。

 

それが秋のうつ病の疑いかもしれません。

 

秋のうつ病の理由は?

秋になると症状が出てくる人もいる秋のうつ病

 

秋になるとなんだか寂しいような、物悲しさを感じるのが秋のうつ病。

 

でもそれには理由があります。

 

どのような理由なのでしょうか?

 

秋の感情はやはりなんだか悲しい、憂いと言うのがあります。

 

・悲しい

 

・憂い

 

東洋医学では、秋の季節に対応する感情(五志)は「悲しい」と「憂い」とされているのです。

 

この感情がどんどん強くなっていくと特に「肺」と呼ばれる呼吸器系の機能が失調してしまうのです。

 

さらに、肺に関連する鼻や喉、肌の不調にもつながっていきます。

 

秋の気候変化がそうさせてしまうのです。

 

どのような気候変化があるのでしょうか?

 

木の葉

秋って涼しくなり、秋はなんだかセンチメンタルな感情になってくるかもしれません。

 

そして、日が暮れるのも早くなり一日もだんだん短く感じてきます。

 

そんな秋なので感傷に浸るようなイメージがあるのではないのでしょうか。

 

やはり、このような気持ちになるのは、気候変化による部分も大きいのです。

 

気温は下がり、だんだん寒くなります。

 

風が吹き、木の葉は枯れて散りはじまます。

 

日が暮れるのも早くなり、日照時間も短くなっていきます。

 

このような秋の変化を、体は目や肌で敏感に感じ取っているのです。

 

体ってとても敏感ですよね。

 

心と体は別々ではなく一体であるという考え方としているのが東洋医学なのです。

 

季節や環境の変化も敏感に体への影響は出てきていきます。

 

心への影響とも捉えます。

 

体は敏感に冬に向けての準備をしている

 

動物たちは冬眠をしていく時期でもあります。

 

動物たちが冬眠に備えて蓄えを始めるように、人間の体も寒い冬に向けて準備をする季節でもあるのです。

 

いつもと変わらない日常と思うかもしれませんが、体は季節を敏感に感じていると言うわけなのです。

 

活動が止まってしまう、なんだかやる気が起きない、スローになるのも秋のうつ病の始まりです。

 

冬が近づくと物憂げな気持ちになる一因と言えるのです。

 

このように、誰しもがなんだか寂しさを感じうる季節、それが秋なのです。

 

あなたも感じた事はありませんか?

 

秋は、食欲の秋とかスポーツの秋とか色々と言われています。

 

そんな時期なのでしっかりと秋を楽しんでいくといいです。

 

秋のうつ病の改善法とは?

秋のうつ病の改善法をお話ししていきます。

 

秋と言うのは色々な事ができる季節でもあります。

 

食欲の秋とも言うので美味しいものをいっぱい食べて秋のうつ病から改善されていくといいかもしれません。

 

せっかくの実りの秋です。

 

美味しいものをたくさん食べてしっかり体力を補いましょう。

 

秋の旬のものをたくさん食べて元気になりましょう。

 

これから旬を迎えるサツマイモやじゃがいも

 

椎茸や舞茸のきのこ類は気力を補う「補気」の作用があると言われています。

 

芸術の秋と言うので芸術作品や音楽の鑑賞もできるといいですね。

 

旅行などに行くのもいいでしょう。

 

紅葉の時期にもなるので心地よい景色を存分に見て楽しんでいくのもいいでしょう。

 

家にこもっているばかりではなく、外に出かけることで得られる事も多いです。

 

温泉や入浴も血流に良くて体の体調を整えていきます。

 

夏は暑くてお風呂になかなか入らなかったと言う方もいるでしょう。

 

秋からは湯船に浸かって血行促進していくといいでしょう。

 

気温や湿度の変化は日々少しずつ変わります。

 

体は変化に順応するため日々消耗しています。

 

入浴や適度な運動で体を温めて気温の変化、季節の変化に対応していきましょう。

 

リフレッシュが大事です。

 

全身に体温と栄養を巡らせることが何よりも大事です。

 

まとめ

秋になると気温の変化や天候の変化などもあり秋のうつ病に罹りやすくなってしまいます。

 

冬に向けて体は準備しているのですが、体はなかなかついていけなかったりします。

 

そんな体の変化に落ち込むばかりではなくて、美味しいものを食べたり、入浴したり紅葉を見たりしてリフレッシュしていくといいでしょう。

 

動物も冬眠していきます。

 

冬に備えて順応できるように体を整えていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報