乗り物酔いしやすい人は低気圧症・台風病・気象病?

乗り物酔いしやすい人っていますよね。

 

その乗り物酔いしやすい人は気候の変化も敏感に感じてしまう人が実は多いと言うのをご存知でしたか?

 

低気圧症・台風病・気象病だったりするのです。

 

乗り物酔いをする人について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

乗り物酔いしやすい人

乗り物酔いをしやすい人っていますよね。

 

交感神経が活発になれば痛みを感じていきます。

 

また、副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりしていきます。

 

低気圧症・台風病・気象病は交感神経にも関係していきます。

 

 

体調の不調を感じる人は低気圧症・台風病・気象病と言う場合もあります。

 

低気圧症・台風病・気象病で神経痛や関節痛が起こるのは交感神経が活発になりすぎてしまうからです。

 

痛みの神経を直接刺激したり、血管が過剰に収縮したりしてけいれんを起こしてしまうのです。

 

血管の周囲の神経を興奮させてしまうのです。

 

また、古傷が痛むのは、脳が過去の痛みの記憶を呼び起こすからだと考えられています。

 

低気圧症・台風病・気象病になるとさまざまな体の不調が出てきてしまうのです。

 

低気圧症・台風病・気象病に気が付いていない人も中にはいます。

 

でも、自分が低気圧症・台風病・気象病と知っている人もいるでしょう。

 

低気圧症・台風病・気象病に悩んでいる人というのは、乗り物酔いにも悩んでいることが多いです。

 

と言うのは、

 

低気圧症・台風病・気象病の人と言うのは、乗り物酔いしやすいのです。

 

乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感と言われています。

 

一方、気象病は内耳が気圧の変化という「揺れ」に敏感だと起こっていきます。

 

乗り物に酔いやすい人と低気圧症・台風病・気象病になりやすい人はある程度重なるのではないかと言われているのです。

 

低気圧症・台風病・気象病の予防はできるの?

低気圧症・台風病・気象病って予防をしていけるのでしょうか・

 

どのようにして予防すればよいでしょうか?

 

予防法としては、自律神経系のバランスを整える生活を送ることを心掛がけることが大切です。

 

適度な運動が必要です。

 

適度にに体を動かしていきます。

 

また、起床時刻はなるべく毎日同じ時刻にしていくように心がけて朝食はしっかり食べましょう。

 

「今日は頭が痛い」

 

「なんとなく低気圧が近づいているみたい」

 

「体がだるい」

 

など、体調不良を感じると天気が崩れていくと言う事もあるでしょう。

 

そういう方は要注意ですね!!

 

体調の不調で天気をピタリと当ててしまう人は、皆さんの周辺にもいませんか?

 

このような天気によって引き起こされる体調不良は低気圧症・台風病・気象病と呼ばれているので決して「気のせい」ではありません。

 

天気がなぜ体調にも影響するのか?

天気が崩れると体調に影響する人っていますよね。

 

そんな人は、乗り物酔いもしやすいと言うのはすでにお話ししました。

 

「雨の日は頭が痛くなる」

 

「天気が悪いと体がだるい」

 

「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」

 

「梅雨時に古傷がしくしく痛む」

 

などなどと体調の悪さを訴える人もいるでしょう。

 

それは天気が関係しています。

 

低気圧症・台風病・気象病の症状は?

低気圧症・台風病・気象病には色々な症状があります。

 

低気圧症・台風病・気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛と言われています。

 

ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。

 

低気圧症・台風病・気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。

 

増えているようです。

 

気圧変化で自律神経が活性化

低気圧症・台風病・気象病が原因で体にさまざまな影響が出てしまいます。

 

昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。

 

でも、現代の生活習慣によって低気圧症・台風病・気象病になりやすい体質になったりしてしまっているのは事実です。

 

局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようにもなりました。

 

今後ますます増えるかもしれません。

 

年々気象病の患者数は増加傾向にあると思われます。

 

気象病についての研究が進んだのは最近のこととも言われています。

 

近年気象病が一般に認知されるにつれて再確認していく人もいるでしょう。

 

「今までなんとなく感じていたあの不調は、天気によるものだったんだ」

 

と自分の気象病に気づくことも多いとか・・・・・

 

気が付いていく事で認知されて患者数が増えていると言うのも原因のひとつといえます。

 

まとめ

低気圧症・台風病・気象病の人と言うのは、乗り物酔いしやすいのです。

 

乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感と言われています。

 

一方、気象病は内耳が気圧の変化という「揺れ」に敏感だと起こっていきます。

 

このような事から乗り物酔いをしやすい人にも関係しているのです。

 

今後、ますます認知されていき患者さんも増えていくのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報