冬季のうつ病の症状は?悩み改善方法

冬になると体がだるいとか眠いとか食事を食べ過ぎたりとなる事がありませんか?

 

それは冬季うつかもしれません。

 

冬のうつはだんだんと寒くなり症状も悪化しやすくなります。

 

日本でも多くの人が悩みを抱えているうつ病でもあります。

 

冬のうつ病についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

冬季のうつ病の症状は?

うつ病にはさまざまな種類があります。

 

うつ病の症状に悩んでいる人も多い事でしょう。

 

 

冬の期間のみに症状が出る「冬季うつ」という病があることをご存知でしょうか?

 

冬にだけ疲労感や眠気があったりだるくなってしまったりします。

 

冬のうつ病は、生活にも支障をきたすようならば気が付かないうちに冬季うつになっている可能性があります。

 

冬季うつの症状はどのような症状なのでしょうか?

 

冬季うつは、季節性うつ病の一種でもあります。

 

・季節性情動障害

 

・季節性気分障害

 

・季節性感情障害

 

これらも季節性うつ病の一種です。

 

その名前の通りで冬季(秋から春にかけて)にだけうつ病のような症状が出てきてしまいます。

 

一般的なうつ病の疲れたりだるかったりするだけの症状ではありません。

 

過眠や過食になってしまったりうつ病とは正反対の症状も現れてしまいます。

 

なのでうつとは自覚されにくい点もあるのです。

 

冬季うつ病は、繰り返してしまうと言われています。

 

と言うのは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。

 

毎年、冬以外の季節はなんでもなくて普通に過ごせるのに冬になるとなぜか気が重くなったり気分が落ち込んだりだるくなるという症状になるのです。

 

そんな症状を感じた方と言うのは、冬季うつかもしれません。

 

まだ知られていないのかもしれないので、自分が冬季うつ病と診断を受けるまで分からないと言う人もいるでしょう。

 

・食欲や過食になる

 

・体重が増加する

 

・甘い物を食べたくなり食欲不振に陥る

 

・睡眠時間が長くなる

 

・または、不眠となり、睡眠時間が短くなる

 

過食と過眠は冬季うつの代表的な症状でもあります。

 

うつ病のような症状と共にこの2つの症状が出た場合には、冬季うつの疑いがあります。

 

早めに病院を受診して悪化を防げるといいですね。

 

冬季うつ病の原因

冬季うつを発症する主な原因は何でしょうか?

 

それは、冬場は日が短くなりますよね。

 

その日照時間の短さで日照量の減少が原因となります。

 

冬になると日が短くなり日照時間が減少していきます。

 

そうなると体内でさまざまな体調の変化を引き起こしていきます。

 

その変化が冬季うつを発症させる原因となるのです。

 

その具体的な原因としては、現段階では、2つほどあります。

 

日照時間が短くなると光の刺激が減ってしまう事で脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少するのです。

 

それが原因となってしまい脳の活動が低下してしまうのです。

 

目に入る光の量が減ると言う事はさまざまな体の変化に影響してしまうのです。

 

睡眠に深く関わるホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングが崩れてしまい分泌量が乱れ体内時計が狂ってしまうのです。

その他にも方角が関係していくと言うのもあるのです。

 

それは、北向きなど光が入りにくい部屋での生活です。

 

日照量の減少や生活リズムの乱れが生じてしまいます。

 

また、過度のダイエットや過度の食事制限や食生活の偏りなども良い影響を与えません。

 

冬季うつ病の悩み改善法

冬季うつ病の悩み改善法はどんな事があるのでしょうか?

 

冬季うつの代表的な治療法は、高照度光療法です。

 

これは、人工的に2500~10000ルクスの光を浴びていきます。

 

睡眠・覚せいリズムをつかさどっている脳内の睡眠物質であるメラトニンの分泌を調整して症状を改善させる治療法なのです。

 

治療実施者の約70%の人に効果があると言われています。

 

早い人では、1週間で効果が現れることもあります。

 

それだけ日照と言うのは大事なのですね。

高照度光療法でも改善が見られなかった場合は、抗不安薬や抗うつ薬の服用やビタミンB12の摂取なども行われます。

 

日常生活の中でできる冬季うつ病の予防法

日常生活で少し意識するだけで、冬季うつは予防・改善ができると言われています。

 

まずは、生活リズムを正しくしていく事です。

生活のリズムを整えて同じ時間に起きて朝日を浴びる習慣が大事です。

 

生活リズムや体内時計を正していきましょう。

 

どうしても起きることができない人と言う人は、部屋の照明をつけて明かりを浴びるだけでも効果的と言われています。

 

できるだけ日光に当たるように心がける事が必要です。

 

早起きをして日照時間を増やしていったり日光に当たる生活を心がけていきましょう。

 

日が入らない部屋で生活や仕事をしている人は積極的に外出するようにしましょう。

 

積極的に日光に当たるようにしていく事で冬季うつ病を防いでいけます。

 

また、食生活にも気をつけていきましょう。

 

冬季うつ病に効果的な食事

冬季うつをはじめ、うつ病の原因とされているセロトニン不足。セロトニンは、食事から摂取する必須アミノ酸の一種です。

 

トリプトファンから生成されているので食生活でセロトニン不足を改善することができます。

 

何よりも食事をバランスよく摂取することが大切です。

 

・たんぱく質…肉や魚、豆など。(トリプトファンが含まれている)

 

・炭水化物…米やそば、いも類など。(トリプトファンの吸収を手助けする)

 

・ビタミンB6…バナナやさつまいも、青魚など。(トリプトファンの吸収に必須)

 

・EPA、DHA…青魚に含まれており、抗うつ効果があるとされている。

 

まとめ

冬季うつ病は季節性のものなので春になると改善していきます。

 

毎年繰り返してしまうものです。

 

冬になると日照時間が短くなります。

 

改善方としては日に多く当たるように心がける事です。

 

また、適度な運動も大事です。

適度な運動、特に有酸素運動も冬季うつの改善に効果的と言われています。

 

有酸素運動は、幸福感や快感をもたらすエンドルフィンを脳内に分泌させてくれると言います。

 

また、規則正しい生活もしていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報