大人のインフルエンザの予防接種を打つ時期はいつがいい?

今年もインフルエンザが流行するシーズンがやってきます。

 

インフルエンザに罹ると仕事を休まなくてはいけなくなります。

 

休めない仕事や家事がある大人がインフルエンザに罹ると困りますよね。

 

インフルエンザには罹らないように予防接種をして打って予防していきたいものですよね。

 

では、そのインフルエンザですが打つ時期はいつがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

大人のインフルエンザについて

インフルエンザは、個人で受けるだけではなく会社や学校側からインフルエンザワクチンを打つように言われるケースも多くなってきました。

 

会社や学校などで流行してしまうと大変です。

 

予防接種をしてインフルエンザに罹らないように予防していきたいものですね。

 

とは言ってもインフルエンザワクチンを接種すると100%インフルエンザにかからないわけではありません。

 

でも、インフルエンザワクチンを接種することで身体の抗体を高めていくことでンフルエンザの感染が防止できます。

 

なのでインフルエンザに罹ってしまっても抗体があるので発熱などの症状が抑えられると言われています。

 

また、合併症や重症化を防げると言います。

 

インフルエンザワクチンの予防接種は必ず罹らないから大丈夫と言うわけではありません。

 

たとえインフルエンザに罹ってしまっても重症化しにくいというものなのです。

 

インフルエンザは、お金がかかります。

 

せっかくお金を出してインフルエンザの予防接種を受けると言うのだったらなるべく罹りたくないですよね。

 

インフルエンザを受ける時期を考えて一番良いタイミングで受けたいものですよね。

 

インフルエンザ予防接種の効果はどのくらい?

インフルエンザを打ってもいつまでも効果が続くと言うわけではありません。

 

なので毎年うけるとなるのです。

 

他にある予防接種では1度受ければ良いと言うものではありません。

 

インフルエンザワクチンを受けた場合、どのくらいの期間、効果があるのでしょうか?

 

インフルエンザワクチンは予防接種をしてすぐに免疫がつくわけではありません。

 

時期を考えて打つ必要があります。

 

インフルエンザのワクチン接種により効果がでるまでに2週間程度罹ると言われています。

 

身体にインフルエンザウイルスの抗体が作られるまでに約2週間かかるのです。

 

早く打ち過ぎても効果は持続しないですし、遅く打っても流行した時に効果が出ないのでは意味がないですよね。

 

やはり、インフルエンザを打つのならば時期を考えていきたいものです。

 

予防接種の効果は接種後約6カ月と言われています。

 

インフルエンザの予防接種を受けていても、半年経つと既に効果がなくなってしまうということです。

 

と言うわけでインフルエンザは、毎年受けるようになるのです。

 

インフルエンザ予防接種を受ける時期は?

インフルエンザと言えば冬ですよね。

 

子供は13歳以下は2回

 

13歳以上は1回の接種です。

 

インフルエンザは冬に罹ると思われがちですが、最近はインフルエンザは春や夏にも発生することがあります。

 

今年は早々にインフルエンザで学級閉鎖だったと言う話しも聞きました。

 

冬に大流行するのは、インフルエンザウイルスの性質にもあります。

 

と言うのは、インフルエンザウイルスは乾燥と低温を好みます。

 

夏が終わり涼しくなってくると少しずつインフルエンザウイルスが活発になっていきます。

 

寒くなれば寒くなるほど、インフルエンザウイルスにとっては心地よい環境になっちゃうのです。

 

 

インフルエンザは寒冷な北海道・東北地方から流行していくと言われています。

 

そして、12月になると各地で「インフルエンザ注意報」が発令されるようになります。

 

ゾクゾクとインフルエンザに罹る人が増えていきます。

 

大人も子供もインフルエンザに罹ります。

 

インフルエンザの流行時期に合わせて打つにはいつ?

インフルエンザの流行時期に合わせて打っていきたいものですね。

 

大人の場合は、11月中旬~12月上旬に接種するのが一般的のようです。

 

 

流行時期を考えていくとインフルエンザの予防接種は10月末~11月中旬に受けておくといいのではないのでしょうか。

 

毎年、インフルエンザにかかる人が増え始めるのが11月~12月頃になります。

 

インフルエンザが本格的に流行するのは12月中旬頃からです。

 

そして、例年1月~2月に流行のピークを迎えます。

 

受験生にとっては厳しい時期ですよね。

 

一番、受験で大変な時期にインフルエンザが大流行してしまうのです。

 

インフルエンザに泣く受験生もいるのではないのでしょうかね。

 

と言うわけでインフルエンザの予防接種の打つ時期はいつがいいのかとなると10月末~11月中旬に予防接種を受けていれば、インフルエンザの流行時期を少しでも防げるのではないかと言われています。

 

インフルエンザワクチンの接種時期

より効果的なインフルエンザの予防接種を受ける時期についてもう少し考えてみたいと思います。

 

年によってピーク時期は異なります。

 

でも、だいたいの時期は毎年同じ頃ではあります。

 

ここ数年は、インフルエンザの流行時期が早まっている傾向にもあります。

 

インフルエンザを打って10月中旬にワクチンを接種しておくのがいいのではないのでしょうか。

 

だいたい6か月効果が持続すると言われています。

 

インフルエンザウイルスに対して免疫が出来るまで約2週間です。

 

10月中旬に接種していくと11月にはウイルスに対する抗体ができるようになります。

 

10月に入っていくと多くの病院でインフルエンザワクチンの予約受け付けが始まります。

 

最近はインフルエンザのワクチンが足りないと言う話しもよく聞きます。

 

なので、早目にインフルエンザの予約をした方がいいのです。

 

とは言っても早めのインフルエンザワクチンの接種は安心ではありますが、持続する期間は6か月と言われています。

 

その分、6ヶ月と言われているワクチンの効果も早まることになるので気を付けた方がいいです。

 

お医者さんによっては子供と同じように大人にも2回ワクチン接種をすすめる時もあります。

 

と言うのは、よりインフルエンザに罹らないようにするためです。

 

特に受験生はインフルエンザの予防接種をしておく方がいいかもしれません。

 

仕事を休めない大人向けにも2回接種を推奨している病院があります。

 

どうしたらいいのかは予約時などに問い合わせてみて相談していくといいでしょう。

 

インフルエンザ予防接種の大人の費用

インフルエンザの予防接種って大人はいくらくらいかかるのでしょうか?

 

インフルエンザの予防接種料金は病院によって違いがあります。

 

大人が1回3000円~4500円くらいです。

 

職場によって少しインフルエンザの費用を補助してくれるところもあります。

 

子供は1回2000円~3000円程度です。

 

子供は2回打っていきます。

 

インフルエンザの予防接種は健康保険はききません。

 

実費となります。

 

治療ではないので健康保険がきかないのです。

 

子供や高齢者に自治体の補助がある地域があったり職場での補助があるところもありますが、それ以外は、インフルエンザの予防接種費用は、基本的に実費負担です。

 

個人負担です。

 

予防接種は高いというイメージはありますが、少しでも安く済ませたいところですね。

 

接種するワクチンの成分は、どの病院でも同じメーカーのワクチンを使っているとインフルエンザワクチンの中身は同じものです。

 

ワクチンの仕入れ値自体、病院によって大きな違いはありません。

 

でも、予防接種料金は自由診療となっているので病院ごとに料金は違います。

 

その病院ごとに決めていいことになっています。

 

と言うわけでインフルエンザの費用は病院ごとに違います。

 

病院によってインフルエンザの予防接種の料金が異なるのです。

 

大人の場合は特に病院によって差があります。

 

高いところと安いところでは2000円以上の違いがあると言う場合もあるのです。

 

インフルエンザは内科?何科?

インフルエンザは内科と思われがちです。

 

インフルエンザの予防接種は内科だけではありません。

 

内科や小児科だけでなく、耳鼻科、呼吸器科、皮膚科、整形外科など様々な病院や保健所などでも扱っています。

 

内科だと混んでいたり、すでにワクチンがないと言うところもあるかもしれません。

 

他の科だと大丈夫だったと言う場合もあります。

 

ホームページでも調べることができます。

 

ホームページからからインフルエンザ予防接種の割引クーポンを発行している病院もなかにはあります。

 

他にも、予約の早割を設定している病院もあるので色々と調べていくといいでしょう。

 

価格の差もあります。

 

病院の料金などについては直接問い合わせていくといいでしょう。

 

いくつかの病院に問い合わせていくと違います。

 

交通の利便性や予約状況など色々と考えてトータルで安く済む病院を選べるといいですね。

 

多少、評判が悪い病院でも予防接種を打つだけなので・・・

 

まとめ

大人の場合は、11月中旬~12月上旬に接種するのが一般的のようです。

 

流行時期を考えていくとインフルエンザの予防接種は10月末~11月中旬に受けておくといいです。

 

毎年、インフルエンザにかかる人が増え始めるのが11月~12月頃になりインフルエンザが本格的に流行するのは12月中旬頃からです。

 

インフルエンザワクチンを打ってから効果が出るのは2週間後くらいです。

 

持続するのは6か月くらいと言われています。

 

また、病院によって価格が違うので色々と調べておくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報