インフルエンザの予防接種を打つ一番最適の時期は?

インフルエンザの予防接種は毎年受けていますか?

 

インフルエンザを予防していくためには予防接種が何よりですよね。

 

そのインフルエンザを受ける時に一番最適の時期っていつになるのでしょうか?

 

時期外れに受けても効果がないのならば困るし、やはり一番効果のある時期に打ちたいですね。

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種の効果は?

イオンフルエンザの予防接種は効果がどれくらい期待できるのでしょうか?

 

インフルエンザを打つと軽く済むと言われています。

 

でも、インフルエンザを打ってもいつまでも効果が続くと言うわけではありません。

 

なので毎年インフルエンザの予防接種を受ける必要があるのです。

 

一度受ければずっと受けなくていいと言うものではないのです。

 

では、インフルエンザワクチンを受けた場合、どのくらいの期間、効果があるのでしょうか?

 

インフルエンザワクチンは予防接種をしてすぐに免疫がつくわけではありません。

 

時期を考えて打つ必要があります。

 

インフルエンザのワクチン接種により効果がでるまでに2週間程度罹ると言われています。

 

インフルエンザの予防接種の効果が出るのは2週間ほどです。

 

身体にインフルエンザウイルスの抗体が作られるまでに約2週間かかると言うわけです。

 

早く打ち過ぎても効果は持続しません。

 

いざ、インフルエンザが流行した時にインフルエンザの効果がきれていたとなってはせっかく打ったのに意味がありませんよね。

 

遅く打ってもまだ抗体が作られずに流行した時に効果が出ないのでは意味がないですよね。

 

インフルエンザを打つのならば時期を考えていきたいものです。

 

予防接種の効果の継続は、接種後約6カ月と言われています。

 

インフルエンザの予防接種を受けていても、半年経つと既に効果がなくなってしまうということです。

 

11月にインフルエンザの予防接種を受けると4月、5月頃には効果がなくなるとなります。

 

春になるころにはインフルエンザも流行しなくなるでしょう。

 

とは言っても最近は時期はずれのインフルエンザも多いですけどね。

 

インフルエンザは、毎年受けるといいです。

 

インフルエンザ予防接種を受ける一番最適の時期

インフルエンザの予防接種を受ける一番最適の時期と言うのはいつでしょうか?

 

予防接種の効果の継続は、接種後約6カ月と言われているのでインフルエンザの予防接種を受けていても、半年経つと既に効果がなくなってしまうということです。

 

11月にインフルエンザの予防接種を受けると4月、5月頃には効果がなくなります。

 

冬場が一番ピークなのでその時期に抗体ができているように打っておくといいです。

 

 

受験生は、1月~2月がシーズンなのでその時期に対策出来るようにインフルエンザを打っておくといいでしょう。

 

インフルエンザと言えば冬ですね。

 

子供は13歳以下は2回

 

13歳以上は1回の接種です。

 

大人は1回です。

 

11月から12月にかけて打っておくのが一番いいのではないのでしょうかね。

 

インフルエンザは冬に罹ると思われがちですが、最近はインフルエンザは春や夏にも発生することがあります。

 

今年は早々にインフルエンザで学級閉鎖だったと言う話しも聞きました。

 

冬に大流行するのは、インフルエンザウイルスの性質にもあります。

 

と言うのは、インフルエンザウイルスは乾燥と低温を好みます。

 

夏が終わり涼しくなってくると少しずつインフルエンザウイルスが活発になっていきます。

 

寒くなれば寒くなるほど、インフルエンザウイルスにとっては心地よい環境になっちゃうのです。

 

インフルエンザは寒冷な北海道・東北地方から流行していくと言われています。

 

そして、12月になると各地で「インフルエンザ注意報」が発令されるようになります。

 

続々とインフルエンザに罹る人が増えていきます。

 

大人も子供もインフルエンザに罹ります。

 

インフルエンザを受けるのはいつがいい?

インフルエンザは、11月から12月にかけて打っておくのが一番いいのではないのでしょうかね。

 

インフルエンザの流行時期に合わせて打っていきたいものですね。

 

11月中旬~12月上旬に接種するのが一般的のようです。

 

毎年、インフルエンザにかかる人が増え始めるのが11月~12月頃になります。

 

インフルエンザが本格的に流行するのは12月中旬頃からです。

 

そして、例年1月~2月に流行のピークを迎えます。

 

受験生にとっては厳しい時期でピリピリしますよね。

 

一番、受験で大変な時期にインフルエンザが大流行してしまうので気が抜けません。

 

インフルエンザに泣く受験生もいるのではないのでしょうかね。

 

早目を考えるならば10月の下旬から打ち始めるといいかもしれません。

 

11月から12月頃でも遅くはないでしょう。

 

あまり早く打ち過ぎてもピークに効果がないのでは意味がないですよね。

 

まとめ

11月中旬~12月上旬に接種するのが一般的のようです。

 

毎年、インフルエンザにかかる人が増え始めるのが11月~12月頃になります。

 

そしたらもう少し早目とも考えますが、一番のピークは1月~2月でもあります。

 

あまり早く打ち過ぎても効果がなくなるのでできれば早すぎずにがいいように思います。

 

特に受験生は、2回打つと言うケースもあるようです。

 

お医者さんと相談していきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報