冬のコートはいつから着る?月ごとの服装の悩み解決

冬のコートっていつから着るのか悩んでしまう方いるでしょう。

 

寒くなり、そろそろコートを着たいと思ってもまだ、周りの人が着ていないと早いかなと思ったりで着るのはいつからがいいのかと悩みます。

 

月ごとの服装の悩みなども解決できればです。

スポンサーリンク

 

冬のコートはいつから着る?

冬のコートの出番が近くなってきました。

 

寒くなり着たいところですが、いつから着たらいいのかと悩みますね。

 

デパートなどでは、10月頃から早々に秋物と一緒に冬物が並び始めますよね。

 

とは言っても、最近の10月はまだまだ暖かい日も多いです。

 

最近では半袖で過ごしてしまえたりします。

 

いくら売られているからと言って冬ものを着てしまうとなんだか真冬はどうなるの?ってなっちゃいますね。

 

また、一人だけ早いとちょっと場違い感が出てしまいます。

 

では、秋だと冬コートは具体的にいつから着ればいいのでしょうか。

 

冬コートは、時期で言うと11月からが目安だと言われています。

 

確かに9月・10月はまだまだ秋と言うイメージです。

 

本格的なコートは早いなと言う感じでもあります。

 

11月と言うとどんどん冬に近くなり12月が控えています。

 

時期だけ見るなら11月に入っていれば冬コートを着ていてもおかしくはないでしょう。

 

自分の体感でも11月になれば着ていってもいいでしょうね。

 

もし、暑い日でも、9月10月なら

 

「あの人冬コートを早く着過ぎる?」

 

「もう、コート着てる!!」

 

と思われてしまうかもしれません。

 

でも、これが11月になると大丈夫でしょう。

 

「気温の変化が激しくて」

 

「朝晩冷えるし」

 

と多少暖かい日ではあっても浮いたりしないです。

 

なので、冬コートを安心して着たいなら11月がいいでしょう。

 

時期を考えるとコートは11月からとなります。

気温の目安は?

コートは寒くなってきてから着ます。

 

実際、時期よりも気温の方が関係あります。

 

最近は秋でも半袖で過ごせてしまう日もたくさんあります。

 

だいたい15度を目安にしていくといいでしょう。

 

11月下旬になれば、もうコートを着ても大丈夫でしょう。

 

「まだ早いでしょ」

 

と言うわけにもなりません。

 

誰もが認める冬コートの出番!!となります。

 

各気温でどんな服装をすれば快適に過ごせるのか考えてみますね。

 

26℃以上

 

暑い夏というイメージで暑いです。

 

服装は半袖に薄手のスカートなどですね。

 

まだまだ薄着です。

 

21℃以上

 

夏に近い春という感じですね。

 

長袖1枚で大丈夫と言う感じです。

 

快適に過ごせる時期なのではないのでしょうか。

 

20℃~16℃

 

やや寒いじきになります。

 

少し冬に近づいた秋という感じですね。

 

長袖1枚では寒いのです。

 

何枚か重ね着が必要になります。

 

でも、まだコートは必要がないかなと言う感じです。

 

15℃~12℃

 

やや寒い時期となり冬が近くなってきました。

 

秋というイメージですね。

 

服装は半分冬と言う感じです。

 

上着も冬用のコートが必要になってきます。

 

11℃~7℃

 

寒くなりますね。

 

完全に冬ですね。

 

セーターやダウンジャケットなど、服装は冬物でないと寒いです。

 

気温によって関係していく服装はこのような感じですね。

 

天気予報で平均気温や最高気温の表示があります。

 

気温をみていくとどんな洋服を着ていこうかと参考になるので見ていくといいでしょう。

 

秋のコートはいつからか?月ごと

秋になりいつからコートを着れば大丈夫かなと言う時期としては11月に入ってからとなります。

 

気温としては最高気温が15℃を下回るようになってからになります。

 

まだまだ9月、10月は暑かったりもします。

 

また、9月、10月でも寒い時期はあります。

 

「まだこの時期は浮いちゃうかな」

 

と言うのはありました。

 

周りを気にして薄着をして風邪を引いてしまっては意味がありませんよね。

 

一人だけポツンと浮いてもなのでやはり気になりますね。

 

月ごとの時期に合わせて紹介していきます。

 

9月

9月はまだまだ暑くなります。

 

コートは暑いでしょう。

 

薄手のコートがまだまだいいでしょう。

 

春ならばスプリングコートになりますが、秋だとトレンチコートですね。

 

トレンチコートはコートというにはかなり薄手のコートになります。

 

暑さが残る9月にふさわしいコートとなります。

 

大きめなので上から羽織るにはちょうどいいです。

 

モッズコート

モッズコートは、秋に着やすいコートです。

 

 

トレンチコートよりもやや厚くて重みはあります。

 

秋らしくていいでしょう。

 

見た目にはとても秋らしい感じになります。

 

着た感じより涼やかな印象です。

 

モッズコートには、フードの部分に毛皮が付いている事が多いです。

 

ニットコート

ニットコートは、文字通りニットで編まれているものです。

 

 

風を良く通していきます。

 

ニットコートは、おしゃれ感覚でもありますね。

 

体のラインを隠せたりもするので好む人もいます。

 

温かさもあります。

 

肌寒い日、冷える日におススメでもあります。

 

10月

10月はだんだんと寒くなっていきます。

 

半袖ではなく長袖にもなるでしょう。

 

重ね着をするようにもなりますね。

 

オーバーコート

オーバーコートは、簡単に言えば「外套(がいとう)」の事を言います。

 

トレンチコートやモッズコートと同じように上から羽織るコートの一種になります。

 

とても温かいので肌寒いけれどもまだまだ厚着にはと言う感じですかね。

 

11月

11月になるとかなり寒くなります。

 

「11月に入ったら冬物コートを着てもおかしくはない」

 

となってきます。

 

11月に入ってから厚着のコートになってしまってもですよね。

 

徐々に厚着になっていくといいでしょう。

 

徐々に薄手の物から厚手の物へ変えていくのがいいのではないのでしょうか。

 

モッズコート

9月ではフードの毛皮を外した方がいいと言うモッズコートでしたが、11月に入ったら毛皮を付けるようにしましょう。

 

寒い時期には毛皮もいいです。

 

まだまだ暑い時期は見ているだけで暑くなりますからね。

 

モッズコートは、9月頃だけではなくて厚いので11月も使えます。

 

チェスターフィールドコート

男性物で人気のチェスターフィールドコートです。

 

色が地味目なので寒い季節にピッタリでもあります。

 

肌寒くなってきた秋に最適です。

Pコート

Pコートは、厚手のウールで作られた腰丈くらいのコートになります。

 

とても温かいウール素材の生地です。

 

色やデザインが豊富にあり着易さも人気です。

 

ダッフルコート

Pコートと同じでウールでできています。

 

前を止めるのは、ボタンではありません。

 

ダッフルコートも秋の終わりから冬にかけてよく着ている人を見かけます。

 

カジュアルな印象でもあります。

 

まとめ

だいたい15度を目安に11月頃からコートを着ていく時期になります。

 

色々なコートがあるのでその季節、気温、時期に応じて着ていけるといいですね。

 

あまり早すぎても浮いてしまったり周りから「早い」と思われたりしまってもなので周囲に合わせて着ていけるといいですね。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報