服装選びの目安になる便利な服装指数と気温別の服装

服装選びの目安ってどんなものがあるのでしょうか?

 

服装指数と言うのもあります。

 

気温別の服装もあるのでだいたいの目安になるといいかなとも思います。

スポンサーリンク

 

服装選びの目安になる便利な服装指数

日本気象協会の服装指数と言うのがあります。

 

服装指数とは、日本気象協会が毎日発表している、気温に合わせた服装の目安です。

 

朝晩や日中の予想気温から出ています。

 

その日にどんな服装が適しているかと言うのを服装指数で提案してくれるのです。

 

迷った時などに参考にしていくといいですね。

 

服装指数は、数字が小さくなるほど厚手の服が必要になります。

•0~30: 厚手のコート・ダウンが必要

 

•40~50:上着が必要

 

•60~70:長袖がおすすめ

 

•80~90:半袖がおすすめ

 

•100: タンクトップ

 

このような感じになっています。

 

気温別の服装の目安

気温別の服装の目安を紹介していきます。

 

何度くらいでどのような服装にしていくといいのかと言うようにお話ししていきます。

 

季節ごとに変わる洋服で悩んだ時に参考にしていって下さいね。

 

最高気温21℃以上

まだ外に出て、少し歩くと汗ばむ気温ですよね。

 

トップスは半袖1枚で充分です。

 

帽子や日傘、日焼け止めといった紫外線対策もまだまだ必要です。

 

この温度と言うのは半袖と長袖の分かれ目にもなります。

 

判断に難しいかもしれません。

 

晴れて日差しがある日は半袖でもまだまだ十分です。曇りや雨で日差しがない日は長袖がいいかもしれません。

 

肌寒くて風邪を引いてもいけませんよね。

 

26度以上はまだまだ暑いので半袖で十分です!!

 

最高気温20℃以下

やや肌寒い感じですね。

 

重ね着が楽しめる時期でもあります。

 

ちょっと肌寒いかなというくらいの過ごしやすい気候でもあります。

 

過ごしやすくレイヤードスタイルを思いっきり楽しめるシーズンでもあります。

 

カーディガンを重ね着したり、ジャケットを羽織ったりするといいでしょう。

 

ストールやニットハットなどの小物も活躍していきます。

 

シャツ+カーディガン、ジャケット、薄手のブルゾン、スーツなどがいいです。

 

最高気温15℃以下

だんだん寒くなりますね。

冬用のニット、綿のコート(トレンチコートなど)、ダウンベスト、ツイードなどがベストになります。

 

寒さをジワジワと感じていきます。

 

軽めのアウターを用意しておくといいでしょう。

 

じわじわと寒さが感じられるようになっていきそろそろ冬物の出番になってきます。

 

本格的なコートにはまだ早いかもしれませんが、軽めのアウターは準備しておくといいでしょう。

 

ニットやセーター、ダウンベストもこの時期頃からがいいでしょう。

 

見るからに暖かそうな装いになっていきます。

 

最高気温10℃以下

ますます寒い季節になっていきますね。

 

ショート丈のコート(Pコートなど)、チェスターコート、マフラー・手袋など

 

ブーツもあたたかいです。

 

もう寒さもましてそろそろ冬本番となっていきますね。

 

全国平均でいくと11月~12月くらいの気候です。

 

寒さが前面に感じられる時期。冬服の上にコートを羽織ってちょうどいいくらいです。

 

最低気温5℃以下

さらに寒くなります。

 

ウールコート、モッズコート、ダウン、などがいいでしょう。

 

凍える寒さとなり寒さ対策が重要です。

 

防寒対策は万全にしておきたいものですね。

 

また、マフラー、手袋、ニット帽といった冬小物も大活躍です。

 

お出掛けの際は、万全の防寒対策が必要になります。

 

気温が6℃以下になると、凍えるほどの寒さになるので冬素材をしっかり重ね着してあたたかくしていくといいです。

 

あったかインナーやカイロもあると温かいですね。

 

ブーツやマフラー&手袋も10℃以下を目安にすれば丁度良いです。

 

まとめ

日本気象協会の服装指数と言うのがあります。

 

服装指数とは、日本気象協会が毎日発表している、気温に合わせた服装の目安なのでその日の服装に迷ったら見ていくといいでしょう。

 

気温によっても違いますね。

 

参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報