お歳暮を頂いたらどうする?お礼、お返しは?

年末になるとお歳暮の時期にもなります。

 

そんなお歳暮の時期にお歳暮を頂くと言う方もいるでしょう。

 

お歳暮を頂いた後はどうすればいいのでしょうか?

 

何かお礼をした方がいいのかお返しはどうしたらいいのかなどなどと分からない事もあるでしょう。

 

お歳暮のお礼やお返しについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

お歳暮を頂いたらどうする?

お歳暮を頂くと言う事があるかもしれません。

 

でも、お歳暮って頂くのは嬉しいのですが、その後はどうしたらいいのでしょうか?

 

その後と言うのはお礼やお返しについてです。

 

実は、お歳暮を頂いてもお返しと言うのは必要がないのです。

 

 

お歳暮を頂いても基本的にはお返しは必要ありません。

でも、お礼は必要です。

 

お礼の言葉を伝えたりお礼状を送ったりするのは礼儀です。

親しい間柄の人なら、届いたらすぐに電話でお礼の気持ちを伝えてもいいです。

 

本来ならばお礼状を出していくのがマナーでもあります。

 

本来はお礼状を出すのが正式なマナーでもあるのです。

 

お歳暮を頂いたらどうすればいいかを詳しくお話ししていきます。

お歳暮のお礼やお返しは?

お歳暮のお返しはどうしたらいいのかはすでにお話ししていきました。

 

その部分をもう少し詳しく話していきます。

 

お歳暮を持参された場合もあるでしょう。

 

その場合は、突然の訪問でなければ、できるだけお部屋に通していくようにしましょう。

 

挨拶の言葉の例文として、

「暮れのお忙しい中をわざわざおこしいただきまして恐れ入ります」

 

お歳暮の品を差し出され頂いた時には、お礼を述べて必ず両手で受け取るようにします。

「お心づかいをいただき、ありがとうございます。」

「ありがとうございます。」

 

「遠慮なく頂戴いたします。」

 

などと言って断ることなく有難く受け取っていきましょう。

 

もし、送られてきた時には、電話で、もしくはお礼状を出していきます。

 

お礼状を出していくと言うのが正しいマナーでもあることはすでにお伝えしていきましたね。

お礼状を出していきます。

宅配便でお歳暮の品が届いた時には、なるべく早くお礼状を出すようにします。

 

主人宛てのお歳暮の場合でも奥さんが代理でお礼状を書いても大丈夫です。

 

ご主人の名の横に「内」と併記していきます。

 

お歳暮のお返しと言うのは、基本的にお返しは必要ありません。

 

でも、お付き合い上お返しの品を贈る場合には、その品物にお礼状を添えてもいいです。

 

お歳暮をあげ合っていると言う場合もあるでしょう。

 

お礼状が遅れたらどうする?

お歳暮を頂いても忙しかったりでなかなかお礼を言えない、書けないと言う場合ももしかするとあるかもしれません。

 

もし1月に入ってしまったら、お礼状に使う文面も「寒中御見舞」または「寒中御伺い」と変わります。

 

そういう季節のあいさつは必要になります。

 

お礼状の例

 

寒中お見舞申し上げます。

 

このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。

 

とても有難く頂戴いたしました。

 

主人もとても喜んでおります。

 

奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください。

まだしばらくは厳しい寒さが続きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

お礼まで

 

○○○○

受け取れないお歳暮が届いた場合

もし、受け取れない、どうしても頂く事ができないお歳暮が届いたらどうすればいいのでしょうか?

仕事での立場上受け取ることができないお歳暮と言うのもあります。

 

常識を逸した高額な金品と言う場合もあります。

 

もらう言われのないお歳暮が届くこともあるのです。

 

そんな時にはどうすればいいのでしょうか?

 

その時には配達時に、

 

「受け取りができません」

 

とはっきりと伝えて持って帰ってもらうといいです。

 

でも、宅配伝票に

 

「受け取り拒否」

 

と記載されてしまうと相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。

 

どうしてもきつい印象となってしまいます。

 

そして、相手の感情を損ないかねません。

そうならないように一筆添えていくのもいいでしょう。

 

「申し訳ありません。せっかくのお心づかいですが御遠慮申し上げます」

 

と一筆添えて送り返すといいでしょう。

 

宅配のドライバーさんに、メッセージの添付が可能かどうか相談してみましょう。

 

丁重にお断りする場合には、包みをあけずに、そのまま上から包装をしなおして、

 

「申し訳ありません。せっかくのお心づかいですが御遠慮申し上げます」

 

一筆添えて送り返します。

 

でも、このようなケースと言うのは余程の事がないとですね。

 

まとめ

お歳暮を頂いた後と言うのはお返しと言うのは必要がありません。

 

でも、頂いたらすぐにお礼状を出していくのが正式なマナーでもあります。

 

お互いが気持ちよくできるようにマナーもしっかりとしてちゃんとにお礼も伝えましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報