お歳暮を贈る、渡す時期はいつからいつまで?

お歳暮を贈る、渡す時期になってきました。

 

そのお歳暮ですが、贈ったり渡す時期と言うのはいつからいつまでと決まっているのでしょうか?

 

時期外れに渡してもおかしいと思われてしまいます。

 

お歳暮の時期についていつからいつまでなのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

お歳暮を贈る、渡す時期

お歳暮を贈る、渡す時期は、地方によって異なります。

 

その地方によって若干違うようです。

 

関東と関西と言うだけでも違います。

 

地域によって異なるので説明していきます。

 

最近は、特別に気にしないで地域にこだわらずに早めに贈る方もいるようです。

 

お歳暮の時期はいつからいつまでがいいのかと言うと12月中がいいです。

 

関東の方は、12月に入るとすぐにお歳暮を贈ると言う人もいるようです。

 

お歳暮の時期としては、12月上旬〜12月20日となるようです。

 

関東地区での平均的なお歳暮の時期が12月上旬〜12月20日になっています。

 

本来は12月10日頃から20日頃に贈るのが正式なマナーとされています。

 

12月に入ってすぐと言うのは早すぎるようですね。

 

でも、関東では12月になり早々に贈る、渡しているようです。

 

最近は贈りはじめる時期が早くなっているのです。

 

とは言っても、品物によっては早すぎて困るものもあります。

 

鮭、昆布巻きなどのお正月用品は、年末ギリギリに届くようにしたほうがもらう側も有難いでしょう。

 

お歳暮の時期を過ぎてしまったらどうする?

もし、お歳暮を渡していく時期が過ぎてしまった時にはどうしたらいいのでしょうか?

 

お歳暮を贈る時期については12月に入ってからになりますが、この時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きが変わるようになります。

もし、相手方のお宅にご不幸があって間もないと言う場合などは、先方が落ち着くまで少し時期をずらします。

 

不幸のあった直後にお歳暮と渡されてもですよね。

 

寒中見舞い、寒中お伺いといった時期に贈っていくといいでしょう。

 

通常

通常ではお歳暮ですね。

 

12月上旬〜12月20日頃

お歳暮、御歳暮

12月20日を過ぎた頃〜年内

少し、御歳暮の時期が過ぎてしまった時にはお歳暮と言う表書きにはなりません。

 

だいたいお歳暮は12月20日までとなるのでそれ以降は変わります。

寒中御見舞。寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺

 

上段は

「寒中御見舞」

「寒中御伺」など

下段は

「○○」
「○○○○」

などの名前

 

1月1日(元旦)〜1月7日まで

新年になってしまった時にはどうすればいいのでしょうか?

 

1/1〜1/7は松の内となります。

 

御年賀、新年のご挨拶と言うように書くようになります。

 

でも、この表書きは喪中のお宅には使いません。

松の内過ぎたら

松の内が過ぎてしまった時にはまた変わります。

 

松の内の後から2月4日(立春)頃まで

 

寒中御見舞、寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺

 

となります。

 

お歳暮を贈るのは誰?

必ずしもお歳暮を贈らなくてはいけないと言うわけではありません。

 

そういった決まりはありません。

 

あくまでも自分の気持ちで贈っていきます。

 

・いつもお世話になっている方

 

・実家の両親

 

・上司

 

・仲人

 

・親戚

 

・兄弟・姉妹

 

などなど

 

日頃お世話になっている人や、普段お会いできない人に感謝の気持ちを込めて贈っていきます。

 

学校の先生に贈るのはいけないです。

 

渡している人は聞いたことはありません。

 

昔はあったかもしれません。

 

子供のお稽古事の先生に贈ることはあるようです。

 

上司にお歳暮を贈る人はいます。

 

でも、最近は、上司にお歳暮を贈るケースは減ってきているようです。

 

会社として禁止しているところもあります。

 

新入社員の方は周りの人がどうしているのか確認していくといいでしょう。

 

自分だけ渡していなかったとか自分だけ渡していたとなってもですよね。

お歳暮の贈り方のポイント

お歳暮の送り方としては、直接渡すのが基本的なマナーでもあります。

 

でも、なかなか直接と言うのは難しい場合もあります。

 

でも、直接渡していく時には、風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーです。

 

でも、遠方であったり忙しいなどの理由で最近は宅配便で送るケースが増えています。

 

直接はなかなか少ないようです。

 

直接渡しにいく時には時間帯も考えていきましょう。

 

宅配便で送る場合にはまずは送り状を出していきましょう。

送り状を郵送するのが正式なマナーです。

 

品物に同封するか、または品物が届くよりも早く「送り状」が届くようにしますが、できるだけ品物が届く前に贈る方がいいと言われています。

 

送り状には日頃お世話になっていることへのお礼や、お歳暮を送ったということをはっきり書くようにします。

 

まとめ

御歳暮を贈る、渡す際、マナーを正しくしていきたいものですね。

 

やはり、本来は12月10日頃から20日頃に贈るのが正式なマナーとされているのでその時期に贈っていくのが一番いいのではないのでしょうか。

 

もらって喜ばれるものを贈りたいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報