お正月にやってはいけない事は?タブーやNGの事

お正月には家族でゆっくり過ごすと言う方も多いのではないのでしょうか?

 

お正月と言うのは1年の始まりでもあります。

 

そんな1年の始まりの日にやってはいけない事と言うのがいくつかあります。

 

タブー事項やNGの事について詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

お正月にやってはいけない事

お正月にやってはいけない事がいくつかあります。

 

お正月を平和に過ごせると言うのはその年の始まりなので本当に有難い事でもあります。

 

お正月を平和に過ごして良い一年にしたいものでもあります。

 

お正月を平和に過ごしていき、1年間いい年にしていきたいものでもあります。

 

一年の初めであるお正月はいつもと違う緊張感?などもあるかもしれません。

 

そんなお正月にやってはいけない事。

 

タブーな事やNGな事は何でしょうか?

 

里帰りで年配の人達から言われることもあるでしょう。

 

地域によっての言い伝えも色々とあることでしょう。

 

「お正月に入浴してはダメ」

 

「洗濯は、2日以降にしなさい」

 

「掃除はやってはいけない事」

 

などなどと言われて驚いた経験のある方もいるのではないのでしょうか。

 

元日は一年のはじまりでもあり昔の人はこの日に縁起の悪いことをしないよう気を配ってきました。

 

例えば、

 

風呂に入ったり洗濯をしたりしないと言うのは意味があるのです。

 

「ふく(服・福)を洗い流してしまわないように」

 

と言う意味があります。

 

掃除をしてはいけないと言うのは、

 

「せっかく訪れてくれた福の神を掃きだしてしまう」

 

と言うのがあるからなのです。

 

日本人が昔から信じてきたタブー、NGの事でもあるのです。

 

掃除に関しては、私も昔から親に言われていました。

 

ほうきではいていたのでそれこそほうきは新年の福をはいてしまうというようになってしまいます。

 

なので、

 

昔から元旦は、掃除はしませんでした。

 

掃除機はいいのかなと疑問を感じ、掃除機を使う事はありました。

 

入浴は毎日はしていきたいと言うのはあるかもしれません。

 

でも、一日ぐらい洗濯や掃除をしなくても問題はないのではないのでしょうかね。

 

洗濯は家族が多い家庭ではちょっとたまってしまいますよね。

 

お正月はお天気がいい日も多いです。

 

洗濯物が乾くのに洗濯をしないのではと言う感じですね。

 

せっかくの新年なのだから、なるべく福を逃がさずにしたいものです。

 

福を逃さずにお正月を過ごしていきたいものですね。

料理に関する事

お正月は刃物を使ってはいけないとする地域があるのを知っていますか?

 

刃物はものを切る為のものなので良いご縁まで切ってしまうと言われています。

 

お正月ぐらいは、

 

「かまどの神様」に休んで頂こうと言うのがありました。

 

と言うわけでお正月と言うのは、平安時代の貴族は火を使う料理を一切しなかったと言います。

 

どうして、大晦日におせちを作ったりしていくのかと言うと大晦日におせちを作るのは、お正月に料理ができないからなのです。

 

時代が過ぎても、縁起を大切にする商人たちを中心に言い伝えられてきたこのルールは守りつづけられてきています。

 

おせちは大晦日に作っていくもの、年末に準備していくと言うのは今でも決まっていますね。

 

お正月には作りません。

 

お正月は、料理をしないでゆっくりと過ごしていきたいものですね。

 

そうなると雑煮はどうするのかってなりますね。

 

「お雑煮」

 

疑問に思う方が出てくることでしょう。

 

雑煮はそもそも、一年の初めに訪問した歳神様をおもてなしするために供えられた餅や里芋、大根などを、おさがりとして料理したのが始まりだと言われています。

 

なので、お雑煮は、

 

神様がゆっくり召しあがる時間がなくなってしまうから、お雑煮だけは大晦日中に調理できません。

 

と言うわけで雑煮を作るときだけは、刃物も火も使っても良いと考える地域が多いのです。

 

色々と考えがあるようです。

 

できるだけお正月は刃物を使わない方がいいのですが、でも、お雑煮だけはOkと言う事になるのです。

 

おせち料理には意味がちゃんとにあるのです。

 

海老は?

「腰が曲がるまで長生きするように」

 

と海老を入れていきます。

 

豆は?

「まめまめしく働けるように」

 

と豆を入れていきます。

 

蓮根は?

「先が見えるように」

 

と蓮根の料理をしていきます。

 

このような感じで縁起物料理の詰まったものがおせち料理です。

 

入れてはいけないものも中にはあるのです。

 

おせち料理に入れてはいけないもの

おせち料理に入れてはいけないものもいくつかあります。

 

豚や牛などの肉はお正月には食べてはいけないとしています。

 

奈良時代以降のならわしでもあり言い伝えられています。

 

現代では、肉の入っていない料理を見つける方が難しいですけどね。

 

食生活も大きく変わってきているのでメニューも難しいかもしれませんが、気を付けておくといいです。

 

知っているのと知らないのでは違いますね。

 

また、「四本足で歩く動物」をタブーにしていたので、鶏肉は問題ないようです。

 

なので、

 

お雑煮には鶏肉を入れるのでしょうね。

 

お正月に料理を食べるときは、両端が細くなった「祝い箸」を使っていきます。

 

これも知っていましたか?

 

これは一方で人が食べ、他方で神様が食べるためと言われています。

 

お正月中は祝い箸を洗ってはいけないとする地域もあるのです。

 

大晦日に箸袋に名前を書いて神棚に供えておきます。

 

そして、食べ終わった箸は箸袋に入れるようにすれば他人の箸を間違って使う心配もないと言います。

 

そうすると洗わなくても大丈夫になります。

 

お正月にケンカはやってはいけない事

お正月からケンカはしない人の方が多いように思いますが、ケンカはダメですね。

 

お正月はケンカをしてはいけないとされています。

 

和を尊ぶ日本では、争いごとは禍を呼び込むと考えられてきています。

 

そのため、正月からケンカをしてしまうと一年を通して災難にみまわれてしまうと考えてしまうのです。

 

お正月からケンカはやめましょう。

 

お正月ぐらいは笑顔で過ごしたいものですね。

 

お正月に買い物はやってはいけない

お正月に買い物はダメと言います。

 

やってはいけません。

お正月に買い物をすると、その後一年間はお金が出ていくばかりになるとも言われてきました。

 

神様へのお賽銭はかまわないです。

 

お店で何かを買ってはいけないのだと言われています。

 

ほんの30年ほど前までは、お正月はお店が殆どお休みでした。

 

でも、最近はお正月からやっているところも多いですよね。

 

現代では「初売り」として元旦からセールをしている店も少なくないです。

 

私も福袋を買いに出掛けたりしてしまいます。

 

お正月はタブーなのですね。

 

お正月ぐらいは家でのんびりしておいた方が良いのかもしれないですね。

 

まとめ

こうして見ていくとお正月にやってはいけない事っていくつかあるのですね。

 

色々とあるのでお正月にしてはいけないことが多くて驚いたかもしれません。

 

でも、これは知ってると言うのもあったかもしれません。

 

やってはいけない事と言う話しの中には実は、

 

「お正月ぐらいはゆっくりさせてあげよう」

 

なんていう理由もあると聞きます。

 

そんな昔からの心遣いから来ているのだとも言われているのです。

 

お正月くらいはお掃除はお休みしようととかお正月くらいは、お料理はいいでしょ。

 

などなどですね。

「料理はしない」

 

「お風呂を沸かさない」

 

「掃除はしない」

 

「洗濯はしない」

 

と言うように主婦業に関するものが多いのです。

 

あくまでも昔からの言い伝えで色々な意味を含めています。

 

お正月くらいは普段から頑張っているのでゆっくりと休んでもいいのではないのでしょうかね。

 

そんな思いも込められていると言います。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報