成人年齢の引き下げ時期とできるようになることは何?

成人式というと今までは20歳でしたが、今後成人年齢が引き下げになるのを知っていましたか?

 

成人年齢の引き下げ時期について詳しくお話していきます。

 

成人年齢が引き下げになるとできるよになることも増えていくでしょう。

 

今までは20歳になってからというものでも引き下げ年齢でできるようになることが出てきます。

 

どのような事ができるようになるのか詳しく変わるものなどお話していきます。

スポンサーリンク

成人年齢の引き下げ時期

成人式の年齢が今までは20歳でした。

 

誰もが成人というと20歳と思うことでしょう。

 

ところが、今後、成人式の年齢の引き下げが考えられているのです。

 

政府は、民法改正案と関連法改正案について、国会に提出しました。

 

今、成人年齢の引き下げを国会で成立を目指すとのことです。

 

今、国会で成立すれば、2022年4月1日施行を目指すとのことなのです。

 

そんなに遠いいものでもないですよね。

 

今、国会で改正案が成立すれば、日本での成人年齢は、18歳ということになるのです。

 

20歳から18歳に成人年齢が引き下がるとどのような点が変わっていくのでしょうか?

 

成人年齢が変わることでできることや変わってくることも出てくるでしょう。

契約行為は?

現在の民法では、成人が口頭もしくは書面で契約をすると原則成立することとなっています。

 

でも、未成年者は保護されています。

 

20歳にならないものは未成年者と言われています。

 

未成年者は親の同意がなければ有効な契約ができません。

 

未成年者が親の同意なく契約した場合は、取り消すことができると民法5条に定められているのです。

 

でも、成人年齢が引き下げられれば、18歳から単独で契約が成立することとなるのです。

 

18歳から単独で契約が可能になります。クレジットカード、カードローンの契約も単独で可能となります。

 

保護者の同意は必要がなくなります。

 

そうなると色々と問題も生じてくるのではないのでしょうか。

 

例えば、悪徳商法です。

 

悪徳商法における被害者増加が懸念されてしまいます。

 

売買契約も単独で契約が成立してしまいます。

 

高額商品を購入しても親が取消権を行使することができなくなってしまうのです。

 

パスポートの申請は?

パスポートの申請に関してもです。

 

今までとは変わりパスポートの有効期間も変わってきます。

 

何が変わるのかというと、

 

有効期間10年のパスポートが18歳以上から発行可能となります。

資格の受験要件は?

資格の受験要件に関しても変わってきます。

 

資格に関してもこれまで20歳以上の年齢制限があったものは、改正案により、18歳から資格受験が可能となります。

 

どのような資格があるのでしょうか?

 

・司法書士

 

・公認会計士

 

・行政書士

 

など、ほかにも多数の資格が成人年齢の引き下げがあると対象となります。

 

成人年齢の引き下げにより受験年齢の引き下げとなります。

 

今までは20歳以上だったのが、若い18歳の司法書士や公認会計士も出てくるのではないのでしょうか?

 

今までと変わらないもの

成人年齢が引き下げられても変わらないものもあります。

 

喫煙、飲酒、公営ギャンブルなどです。

 

これまでどおり20歳にならないと禁止が解除されません。

変わらないもの・20歳以上のもの

・喫煙

・飲酒

・馬券・車券・舟券の購入

などは、これまでどおり20歳以上にならないと解除されません。

 

体にも悪いですしね。

 

18歳から飲酒ではちょっとどうかと思ってしまいます。

 

結婚年齢は?

結婚年齢はどうなるのでしょうか?

 

結婚年齢は現在男女で異なっています。

 

成人年齢引き下げでどうなるのでしょうか?

 

民法は、明治時代に制定され結婚年齢について決まっています。

 

・男性は18歳以上

 

・女性は16歳以上

 

と定められています。

 

成人年齢の引き下げにより結婚年齢も男女共の18歳となるようです。

 

男女の間には、肉体的・精神的側面において、婚姻に必要な成熟に達する年齢に差異があるという理由から今までは違っていました。

 

婚姻適齢の差異は、このような男女の肉体的・精神的側面の差異に対応したものではありました。

 

ところが、今回の改正による過程で、男女の区別に合理的な理由がなくなったのです。

 

というのは、

 

16,17歳で結婚する女性が減ったからというのも理由の一つです。

 

このような理由から男女とも18歳以上で結婚ができることになるようです。

 

まとめ

成人年齢の引き下げについてあと数年後には18歳となっていくことでしょう。

 

そうなると早い段階から成人としての自覚が必要となります。

 

成人年齢の引き下げにより変わる部分もいくつか生じてきます。

 

成人としてしっかりと考えていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報