若い人の年賀状離れはどうなるの?みんなどうしてる?

若い人の年賀状離れが深刻化となっているのが現状です。

 

今後、年賀状はどうなっていくのでしょうか?若い人で年賀状を出さない人が増えています。

 

年賀状離れですがどうなのでしょうか。

 

みんなはどうしているのか。

 

若い人は年賀状をなぜ出さないのかなどなどお話していきます。

スポンサーリンク

 

年賀状を送る割合

年賀状を出さない人が増えてきています。

 

 

いわゆる年賀状離れです。

 

特に若い人の年賀状離れが進んでいます。

 

我が家の子供達も年賀状をほとんど出していません。

 

あなたは今年、年賀状を送りますかというのを見ましたが、できるかぎり送れる人には送るという人は、29.9%で

来たものに返信はするが、基本はメールやSNSで済ませるという人は、36.6%でほとんどすべてメールやSNSで済ませる人は33.5%でした。

 

これを見ても年賀状を出さないという人が多いというのがよくわかります。

 

若い人の年賀状離れはスマホで済ませる

携帯電話が普及されている現代は、はがきを送るというよりもスマホで済ませてしまうという人が多くなっています。

 

若い人はメールやラインで済ましがちになっています。

 

ラインは無料でいつでも連絡が取りあえるので楽ですよね。

 

ラインに年賀状のはがきが画像で送られてきました。

 

個人的には一言も何もなくなんだか寂しい気がしました。

 

届いた後にラインでコメントしましたが、何も返信はありませんでした。

 

おそらく、その友達は、たくさんの友達にはがきを画像で送っているのでいちいちコメントを返すのが面倒だったんだろうと考えてしまいました。

 

なんとも味気ない・・・・・

 

私は、前から年賀状を出していた世代なのでラインというのは寂しいと感じてしまうのですが、若者にとってはそれが当たり前となっていくのでしょう。

 

スマホやインターネットが身近な存在になったいま、若者が年賀状を送らなくなってきたといわれています。

ラインやメールならお金も手間もかからず、気軽に送ることができるからです。

 

わざわざ切手を買う必要もありませn。

 

お金がかからないというのは大きいことでしょう。

でも、そんな中、デジタル化が進んでいる今の時代だからこそ直筆の年賀状をもらうと嬉しく感じるのではないのでしょうかね。

 

でも、出さないのに年賀状をもらうとはがきで返信をしなくちゃいけないのかと面倒に感じてしまう人も多いのではと思ってしまいます。

 

はがきで年賀状をもらったのにメールやラインで返信するという人もいるのではないのでしょうかね。

 

今後どうなるのでしょうかね。

 

年賀状を出した方がいい?

年賀状は出した方がいいのでしょうか?

 

どうなのでしょうかね。人によっても考え方は違うでしょう。

でも、社会人として働いている人は、上司や先輩に対しては年賀状を出した方がいいでしょう。

お世話になったことのお礼としても年賀状は大事です。

 

新年からまたよろしくお願いしますという挨拶も必要になります。

上司に対しては年賀状は出した方がいいです。

 

若いからこそ上司に対して年賀状をきちんと書いて送っていきましょう。

 

年賀状を印刷したときにそのまま出していくのは避けましょう。

 

というのは、やはり印刷だけでは味気なさすぎです。

年賀状を印刷に出した場合は、直筆で一言添えておくといいです。

 

もらった側の気持ちを考えながら面倒と思わずにせめて上司には出していくといいでしょう。

年賀状で感謝の気持ちを伝える

年賀状で1年に1回、日頃の感謝の気持ちを伝えていくことは大事ではないのでしょうか。

年賀状というのは、日頃お世話になっている人やお世話になった人に対して送るものです。

 

新年の挨拶、昨年はお世話になったことに対するお礼を述べるためのものでもあります。

また、挨拶だけではなくて自分の近況報告やその人との関係を維持するためのものでもあります。

年賀状は年に一回だけのやりとりになります。

 

年賀状には、気持ちを込めて書くことが必要です。

 

普段会えない相手と1年に1回だけのやり取りもできます。

 

なかなか会えない人とも繋がることができます。

ラインやメールでもいいと言えばいいのですけどね。

 

でも、昔から行われている年賀状を大事にとも思います。

 

あまり面倒とも考えないほうがいいのではと思います。

年賀状は印刷に出せば自分で作る手間は省けます。

 

年賀状の印刷でできたものに一言直筆で言葉を添えるといいでしょう。

 

一言添えていくことで気持ちが相手に伝わるのも年賀状の良いところではないのでしょうか。

 

年賀状を出さない理由

年賀状を出さない理由はなんでしょうか。

 

若者の意見としては「面倒だから」という回答が圧倒的です。

 

また、年賀状を出すにあたりはがき代も必要になります。

 

「お金を掛けたくない」

 

「みんな出していない」

 

「周りにも自分にも送らない人が多い」

 

「友達の住所を知らない」

 

などが理由でした。

 

友達の住所を知らない人も多いのですよね。

 

個人情報というのが厳しくなり

 

「友達の住所を知らない」

 

という人も実は多いのです。

 

前は、住所を知っていましたが、年賀状を出すとなると住所を聞くことからやらなくてはいけないです。

 

年賀状を出している人の多くは、

 

「上司や目上の人にちゃんとに挨拶をしたい」

 

「日本の文化を大切にしたい」

 

という理由が多いです。

 

まとめ

若者の年賀状離れが進んでいます。

 

SNSやメールで済ませるという最近の若者でもあります。

 

面倒に感じたりお金のことも考えて出さないという人も多いのではありますが、年に一度くらいあらたまった気持ちで書いてみるのもいいものです。

 

薄れがちになってく昔からの文化というのがいくつかあります。

 

でも、昔からの文化も大事にしていきたいものですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報