御朱印の御朱印帳ってどうするの?ないと頂けないの?

御朱印を集めている方は増えています。

 

私も最近、御朱印を頂くようになりました。

 

その時に、初めて御朱印を頂こうと思ったわけですが、わからない事ばかりでした。

 

その中で、御朱印帳をどうすればいいのかとなりました。

 

御朱印帳についてお話していきます。

 

スポンサーリンク

御朱印の意味

御朱印は前から気になってはいたのですが、なかなか始めていませんでした。

 

京都に行ったときに、初めて御朱印集めをしようと決めました。

 

とは言っても、ただみんなが集めているから自分も集めるというような安易な気持ちで始めるというのもどうかなと言うものがありました。

 

しっかりと御朱印を頂く意味を知り、神様に失礼がないようにと思いました。

 

御朱印の意味をしっかりと理解した上で頂くことが大切です。

 

御朱印とは、もともと写経を奉納したあかしとしてお寺から頂く証書を指しています。

 

御朱印は「参拝証」であるとも言われています。

 

お寺とご本尊の名前をしたため、当日の日付を入れた半紙に朱で押印してもらいます。

 

それが「御朱印」と呼ばれてきたという由来があります。現代では、写経を納めなくても参拝のしるしとして数百円で御朱印をいただくことができます。

 

誰でも御朱印を頂くことができます。

 

御朱印は、寺社名や本尊名が手書きされています。

 

その神社やお寺ごとに御朱印は様々です。

 

頂いた後に見るのも楽しみの一つです。

 

書道の心得がある宮司や住職がしたためる書は美しく、よりご利益を感じることができます。

 

自分で足を運びその場で書いて頂き、印を押して頂く喜びもあります。

 

御朱印を頂く意味をしっかりと知り頂いていきましょう。

 

決して、御朱印だけを目的にお寺や神社へ行くというのはやめましょう。

 

御朱印を頂く前に、必ずお参りをしていきましょう。

 

お参りをしっかりとしてから御朱印を頂くという事を忘れないようにしましょう。

 

御朱印を頂くときの御朱印帳って?

私が初めて御朱印を頂くときにまったく方法がわかりませんでした。

 

御朱印受付というところが神社にはあります。

 

その御朱印受付と言う場所をまずは探していきました。

 

そして、並んではみたのですが「どうやらみんなが持っている御朱印帳ってどうすればいいのか?」

 

と考えました。

 

御朱印帳がないと書いてもらえないのではと思い、並ぶのをやめて御朱印帳を買おうと考えました。

 

最初に行ったのが京都の伏見稲荷だったので、伏見稲荷の周りにはたくさんのお店がありました。

 

お店に行って

 

「御朱印帳ありますか?」

 

と聞きました。

 

すぐに「ここです」と教えてくれました。

 

御朱印帳を見たら1冊2000円しました。

 

けっこうするんだなと思いました。

 

他のお店にも行ってみて私は、伏見稲荷のおいなりさんが書いてあるものではなく他の柄の御朱印帳を購入していきました。

 

1500円でした。

 

さっそく購入して御朱印を頂きに列に並びました。

 

やはり、御朱印帳がないと書いてもらえないようです。

 

でも、大きな神社などでは受付で御朱印帳も販売しているようです。

 

神社などで販売している御朱印帳は特にかわいいとか柄を選べるわけではないのでシンプルだと思いました。

 

なので、御朱印を頂く時にはあらかじめ用意して持参していくといいです。

 

御朱印帳選びについて

御朱印帳は、様々です。

 

やはり、持ち歩いて頂く御朱印帳なので、自分の気に入った御朱印帳を選んでいけるといいなと思います。

 

お寺や神社でいただける御朱印帳は、

約16㎝×11㎝の文庫本サイズ または約18㎝×12㎝のB6サイズであることが多いです。

 

とは言っても御朱印帳の大きさにおいてこれといった決まりはないです。

最近では「てのひら御朱印帳」という小さな御朱印帳からA5サイズの大きめな御朱印帳まで様々な大きさの御朱印帳があります。

 

大きな御朱印帳のメリットは 大は小をかねるというのがあるでしょう。

どこの神社やお寺に行っても、

 

「御朱印帳が小さくて御朱印を頂くことができなかった」

 

「御朱印の紙がはみ出してしまった」

 

というような心配がありません。

 

小さいよりも大きい方がいいかもしれません。

 

小さな御朱印帳のメリットは 持ち歩きやすさです。

観光をするとき、荷物はできるだけコンパクトにしたいものです。

 

なので小さめの方がコンパクトでいいです。

小さな御朱印帳だと鞄にも収まりやすいです。

 

とは言っても小さいサイズの御朱印帳では御朱印をいただけない神社やお寺もあるといいます。

 

とは言っても御朱印帳のサイズに厳しいところは少ないのでまずは一冊自分の御朱印帳を持ってみるとよいでしょう。

 

御朱印帳を選んでいくのも楽しみの一つでもあります。

 

一般的には、1000~2000円ほどで御朱印帳をいただくことができます。

 

まとめ

御朱印を頂くにあたり、ただみんなが集めているというブームで集めるだけと言うのはやめましょう。

 

ちゃんとに御朱印を頂く意味を知り御朱印を頂く前にはお参りをしっかりとしていきましょう。

 

お参りをしっかりとしてから御朱印を頂いていきましょう。

 

御朱印を始めて頂くにはまずは、御朱印帳が必要にあります。

 

神社にもあるところはありますが、前もって選んで持って行った方がいいです。

 

大きさも様々で小さすぎて受け付けてくれない神社もあると言います。

 

お店に売っている御朱印帳を購入していくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報