ハロウィンで子供が来てもお菓子をあげたくない!何であげるの?

ハロウィンで仮装している子供をよく見かけるようになりました。

 

盛り上がりを感じますが、ハロウィンなんて関係がないと思っている人も少なくないでしょう。

 

そんな中、ハロウィンで子供が訪ねてきてお菓子をもらいに来る事もあるでしょう。

 

でも、あげたくないと言う人もいます。

 

どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

ハロウィンでお菓子をあげてもよいと言う家庭は?

アメリカなどではハロウィンで子供が来た時にお菓子をあげる家庭、あげない家庭がはっきりとしています。

 

ハロウィンの時は、おやつを準備している家には玄関に明かりがついています。

 

明かりがついているお宅しかまわりません。

 

そういう決まりがあるのです。

 

また、来て欲しい家は、飾り付けをしていて派手にもなっています。

 

子供が来てお菓子を用意している家庭やそうでない家庭があるので誰でもどこでも行っていいと言うわけではないですよね。

 

おやつを準備しているお宅は仮装している子供達が見たいとか色々と理由があります。

 

また、ハロウィンの飾りをしているので見てほしいとか上手に作ったかぼちゃのランタンを見て欲しいと言う思いもあるでしょう。

 

そんな目的で、お菓子もちゃんとに用意して待っています。

 

そんな家庭だったらいいのですが、どこの家庭でもお菓子をもらえると考えない方がいいのです。

 

お菓子を用意している家庭は、貰う方は勿論、あげる方もハロウィンが楽しんでいます。

 

何も望んでいないお菓子も用意していない家庭

ハロウィンで何も望まずにお菓子も用意などしていない家庭も多いです。

 

子供が訪ねてきてもそれは単なる迷惑なのです。

 

アメリカで、知らない家まわったら訴えられちゃうなんてこともあるかもしれません。

 

前に銃で撃たれたっていう怖い事件もありました。

 

その事件は、パーティー会場を間違えた事で起きたようですけどね。

 

アメリカでは、ハロウィンでお菓子を配る家庭は、

 

玄関先の電気をつける=お菓子をあげる

 

電気が消えている=あげないから来ないで

 

という意思表示をしています。

 

明かりも電気もついていない家に行くとか怖いですよね。

 

アメリカでは犯罪も多いです。

 

明かりも何もなくいきなり訪れるのは常識ないと言えばないです。

 

勝手な解釈で「アメリカでは普通だから」というのはよくありません。

 

アメリカは何でもOKと言うわけでもないのです。

 

ましてや日本ではまだまだハロウィンは一部の人のみとなっています。

 

それこそアメリカではハロウィンでの事件も多いと云います。

 

近所から配られたお菓子におかしな物が混ざっていたなんて事もあるようです。

 

子供たちだけで回って事件に巻き込まれたと言う事件もあるようです。

 

と言うわけで日本でもそうです。

 

ハロウィンだからなんでも許されると思ってはいけません。

 

どこの家庭へ行っても歓迎されるわけではありません。

 

みんながハロウィンの仮装がかわいいとか楽しそうと思っているわけではありません。

 

地域によっては色々と工夫されているところもあります。

 

ハロウィンで子供達が回れる時間帯が決まっていたり、回ってもいい家のリスト、または回って良い家の玄関には明かりが灯されている、などの指示が記載された紙が配布されているところもあります。

 

町内の方にも協力をしてもらうといいでしょうね。

 

子供たちだけで回る危険性を指摘していく必要もあるでしょう。

 

近所とは言っても一概にどんな人が住んでいるのかわかりません。

 

このご時世、安心してどこの家庭も回れるわけではありません。

 

知らない人にもらったお菓子の危険性や、事件に巻き込まれた場合どうすればいいのか、誰が責任を取るのかなどなどあらかじめ確認しておく必要や伝えておく必要があります。

 

考えて行動していく必要があります。

 

ハロウィンは、みんなが楽しんでいるわけではない!

ハロウィンをみんなが楽しんでいると思ったら大きな間違いです。

 

マスコミやディズニーのようなテーマパークが騒いでいるだけで一般的に普及しているわけではありません。

 

子供が来てお菓子を配るわけでもありません。

 

子供が来ても説明しても納得してもらうようにしましょう。

 

自分の家は参加出来ないとはっきり言うしかないと思います。

 

第一、仮装して近所にお菓子をもらいに行くと言うのは一部の人だけです。

 

そもそも、非常識と考えられても仕方がないのです。

 

パーティーとは違い突然来られた家は準備もなければ意味もわかりませんよね。

 

最近はブログやFacebookの話題作りに色々な事をしますが他人の迷惑は関係なしでされる方が多いのです。

 

自分の事しか考えないで行動していくのはいけません。

 

親がしっかりと伝えないといけません!!

 

正直迷惑以外の何物でもないと考える人もいるでしょう。

 

それに便乗するのもどうかなと考えてしまいますよね。

 

他家族は、どう考えていても行きたい人は行くので自分の家はそういう事はしてなければはっきりと伝えていいのです。

 

誰もが子供好きってわけでもありません。

 

その上、他人の子供にお菓子なんてやりたくないと言う人もいるでしょう。

 

子供嫌い、忙しかったり、体調が悪かったり、悲しい出来事があったのににこにこしながら「トリックアートリーク」なんてこられたらたまったもんじゃないですよね。

 

人にはいろんな事情があるので気を付けましょう。

まとめ

ハロウィンで子供が来たからと言って必ずしもお菓子をあげなくてもいいのです。

 

一部の人達で盛り上がっているものです。

 

うちはそういう事はしていない、用意していないとはっきりと伝えていいでしょう。

 

また、子供も勝手に知らない人の家には行かないようにその危険性も伝えていきましょう。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報