ハロウィンで子供にあげるお菓子の断り方

ハロウィンで子供が仮装して家に来る時があります。

 

お決まりの「トリックアートリーク」

 

と言う言葉を言うとお菓子をもらえると思っています。

 

でも、全部の家庭であげるわけではありません。その子供にあげるお菓子の断り方についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

ハロウィンで子供にあげるお菓子の断り方は?

子供が仮装をして

 

「トリックアートリーク」

 

と言ったらお菓子をもらえると思っています。

 

でも、どこの家庭でももらえるわけではありません。

 

あげたくない、ハロウィンなんて知らない、そんなイベントに参加したくないと言う人もいるでしょう。

 

あげたくないお菓子の断り方は、ちゃんとに言っていいのです。

 

「うちはお菓子を配っていない」

 

「お菓子をあげていない」

 

と言うようにはっきりと伝えていいでしょう。

 

親御さんにもちゃんとに知っている家庭を訪れるように話してほしいですね。

 

どこの家庭へ行ってもいいわけではありません。

 

アメリカでハロウィンのお菓子をあげる家庭は?

アメリカでも誰にでもお菓子をあげているわけではありません。

 

アメリカでもみんながみんな子供が来た時にお菓子をあげているわけではないのです。

 

子供が来るのを歓迎している家庭もあればそうでない家庭もあります。

 

アメリカなどではハロウィンで子供が来た時にお菓子をあげる家庭、あげない家庭がはっきりとしています。

 

ハロウィンの時は、おやつを準備している家には玄関に明かりがついています。

 

明かりがついているお宅しかまわりません。

 

明かりのついている家庭しかアメリカではお菓子を配っていません。

 

そういう決まりがあるのです。

 

また、来て欲しい家は、飾り付けをしていて派手にもなっています。

 

子供が来てお菓子を用意している家庭やそうでない家庭があるので誰でもどこでも行っていいと言うわけではないですよね。

 

おやつを準備しているお宅は仮装している子供達が見たいとか色々と理由があります。

 

また、ハロウィンの飾りをしているので見てほしいとか上手に作ったかぼちゃのランタンを見て欲しいと言う思いもあるでしょう。

 

そんな目的で、お菓子もちゃんとに用意して待っています。

 

そんな家庭だったらいいのですが、どこの家庭でもお菓子をもらえると考えない方がいいのです。

 

お菓子を用意している家庭は、貰う方は勿論、あげる方もハロウィンが楽しんでいます。

 

アメリカで、知らない家まわったら訴えられちゃうなんてこともあるかもしれません。

 

前に銃で撃たれたっていう怖い事件もありました。

 

その事件は、パーティー会場を間違えた事で起きたようですけどね。

 

アメリカでは、ハロウィンでお菓子を配る家庭は、

 

玄関先の電気をつける=お菓子をあげる

 

電気が消えている=あげないから来ないで

 

という意思表示をしています。

 

明かりも電気もついていない家に行くとか怖いですよね。

 

アメリカでは犯罪も多いです。

 

明かりも何もなくいきなり訪れるのは常識ないと言えばないです。

 

勝手な解釈で「アメリカでは普通だから」というのはよくありません。

 

 

アメリカは何でもOKと言うわけでもないのです。

 

ましてや日本ではまだまだハロウィンは一部の人のみとなっています。

 

それこそアメリカではハロウィンでの事件も多いと云います。

 

近所から配られたお菓子におかしな物が混ざっていたなんて事もあるようです。

 

子供たちだけで回って事件に巻き込まれたと言う事件もあるようです。

 

と言うわけで日本でもそうです。充分に気を付けなくてはいけません。

 

アメリカのハロウィン事情

アメリカもすべての人が参加しているわけではありません。

 

ハロウィンだからと言って、アメリカだからと言ってなんでも許されるわけではありません。

 

ハロウィンだからなんでも許されると思ってはいけません。

 

どこの家庭へ行っても歓迎されるわけではありません。

 

みんながハロウィンの仮装がかわいいとか楽しそうと思っているわけではありません。

 

地域によっては色々と工夫されているところもあります。

 

ハロウィンで子供達が回れる時間帯が決まっていたり、回ってもいい家のリスト、または回って良い家の玄関には明かりが灯されている、などの指示が記載された紙が配布されているところもあります。

 

アメリカでも明かりをつけていたり、飾りを飾ったりして意思表示をしっかりとしています。

 

それでもハロウィンの時にはトラブルなどもあると聞きます。

 

日本でも子供の安全を守るためには、町内の方にも協力をしてもらうといいでしょうね。

 

子供たちだけで回る危険性を指摘していく必要もあるでしょう。

 

近所とは言っても一概にどんな人が住んでいるのかわかりません。

 

このご時世、安心してどこの家庭も回れるわけではありません。

 

知らない人にもらったお菓子の危険性や、事件に巻き込まれた場合どうすればいいのか、誰が責任を取るのかなどなどあらかじめ確認しておく必要や伝えておく必要があります。

 

考えて行動していく必要があります。

 

まとめ

子供がどこの家庭に行ってもお菓子をもらえると勘違いしないようにしないといけません。

 

その点は保護者がしっかりと子供に伝える必要があります。

 

なので、知っている家庭

 

あらかじめ伝えている家庭など常識を知り訪問していく必要があります。

 

どこの家庭でもお菓子をもらえるわけではないのです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報