喪中期間中にやってはいけないことの1年間の行事、イベント一覧

喪中期間中にやってはいけないことというのがあります。

 

どんなことをしてはいけないのかなど1年間の行事やイベントごとに一覧にしていきました。

 

もし、これはどうしたらいいのかと悩んだら参考にしてください。

スポンサーリンク

1月

1月というと新しい年になり年賀状は喪中のはがきを出して控えるという方も多いのではないのでしょうか。

 

1月はイベントも多いですね。

 

 

初詣

初詣には神社に行く方もいればお寺に行く方もいます。

 

基本的には神社は、×

 

お寺は、○となります。

 

神社と言うのは、死を穢れと捉えられています。

 

でも、お寺はその概念がありません。

 

忌中の間は特に神社はバツとなりますが、忌中が明ければ神社への初詣に行っても大丈夫とも言われています。

鏡餅・門松

鏡餅や門松は飾りません。

 

お正月の準備の一つでもあるので控えます。

おせち料理

節日を祝うめでたい料理なので控えた方がいいと言われています。

 

とは言ってもその人の考え方にもよります。

 

食べない人もいれば、食べる、作るという人がいます。

 

おせち料理がいけないと決まっているわけでもありません。

書き初め

書初めをしても大丈夫です。

 

書初めは、1年の抱負なので書いてもいいです。

七草がゆ

おせちを食べないので関係ないとなります。

 

食べる場合もありますけどね。

 

でも、お正月というのはいつもよりもご馳走を食べていくことでしょう。

 

たくさん食べて疲れた胃を休ませる意味でも食べる人がいるでしょう。

 

食べてはいけないものと決まっているわけではありません。

お年玉

お年玉は子供が楽しみにしているものですよね。

 

なので、お年玉という形ではなくて違う名目で渡していくといいでしょう。

 

「お年玉」ではなく「おこずかい」「文房具代」「書籍代」として渡す方が多いです。

十日戎(とおかえびす)

正月10日に行われる初恵比須の祭りです。

 

兵庫県西宮神社・大阪今宮戎神社・京都建仁寺などのものが有名です。

 

兵庫県西宮神社の「福男選び」参加は控えましょう。

鏡開き

鏡餅は飾らないので鏡開きはしません。

 

飾らないので関係ないですね。

どんど焼き

どんど焼きではお正月飾りを飾らないので必要がないですね。

 

古いお守りなど炊き上げるという場合には大丈夫です。

成人式

成人式は一生に1度です。

 

あまり派手にしなければいいでしょう。

 

家族だけなど内輪でお祝いしていきましょう。

2月

2月にもいくつかの行事があります。

 

1月に比べるとかなり少ないです。

節分

節分はしていきましょう。

 

節分は、邪気払いをするのでやっていきましょう。

恵方巻き

恵方巻は特別に問題はありません。

 

お祝いの行事でも仏教の教えとの関係が何もありません。

バレンタイン

バレンタインは、チョコレート会社によるものでもあります。

 

「喪中だからチョコをもらえない」

 

というのもありません。

3月

3月にもいくつかの行事があります。

 

卒業シーズンでもありますね。

ひな祭り

ひな祭りは、女の子のお祝いでもあります。

 

あまり派手には行わずに家族で祝っていきましょう。

 

女児の成長祈願でもあります。

ホワイトデー

ホワイトデーもバレンタインデーと同じです。

 

特別にダメという事はありません。

卒業式

卒業式は大丈夫です。

 

「喪中だから出席できません」

 

というのは聞いたことがありません。

卒業式謝恩会では、お酒が入ることもあるでしょう。

 

お付き合いや謝礼の気持を伝えていきましょう。

4月

春になり4月は暖かいですね。

 

4月と言えば花見でもあります。

 

どうなのでしょうか?

 

エイプリルフール

特別に喪中とも関係があるわけでもないので嘘をついても大丈夫ですね。

 

この日だけは嘘が許されるという日でもあります。

入学式

卒業式と同じなので入学式に参加しても大丈夫です。

お花見

お花見は、ダメというのも聞きました。

 

でも、調べてもあまりダメというのも言われていません。

 

なので、神社などでのお花見はダメという事なのではないのでしょうか。

5月

5月は子供の日がありますね。

こどもの日

こどもの日はあまり派手にはしないほうがいいでしょう。

 

男児の成長祈願となります。

母の日

特別な決まりもありません。

6月

6月は行事もイベントも少ないです。

父の日

母の日と同様で特別な制限もありません。

7月

夏になり暑くなりますね。

土用の丑の日

うなぎを食べたらいけないというのはありません。

 

土用の丑の日は、うなぎを食べても大丈夫です。

 

健康面でも体にもいいので食べていいです。

お中元

お中元はいけないというのはありません。

お盆お墓参り

お盆でのお墓参りは大丈夫です。

8月

8月も暑くなりますね。

 

 

暑中見舞い・残暑見舞い

年賀状は喪中となり控えますが、暑中見舞い残暑見舞いは出しても大丈夫です。

お墓参り

お墓参りも行ってもいいです。

花火大会

花火大会はあまりはしゃぎすぎるのダメですが、元々は飢饉と悪病払いが発祥理由なのでダメというわけではありません。

夏祭り

夏祭りもはしゃぎすぎずに控えめに参加していくのは大丈夫です。

9月

秋になっていきますね。

 

イベントなどは少ないです。

敬老の日

特別な制限、いけないというものではありません。

10月

秋も深まっていきますね。

 

 

運動会

喪中だから運動会の参加はいけないというのもありません。

紅葉狩り

神社などでの紅葉は控えた方がいいと言われています。

11月

11月になり寒くなっていきます。

 

七五三

七五三はとくべつにいけないというものでもありません。

 

でも、家族で祝ったりして派手にしないようにしましょう。

 

12月

年末ですね。

 

冬至

特にいけないというものではありません。

クリスマス

クリスマスはあまり派手にはしないようにしましょう。

 

外への飾りなどは控えていく方がいいでしょう。

お歳暮

お中元と同様です。

 

日頃のお礼なのでお歳暮を贈るのは大丈夫です。

年越しそば

特別な決まりもありません。

 

一年間の苦労を切り捨て、翌年に持ち越さないという意味もあるので食べても大丈夫です。

正月準備

正月の準備は控えましょう。

 

松飾りや鏡餅、年始回りや人を呼ぶなども慎しんでいきましょう。

カウントダウン

カウントダウンは控えましょう。

キリスト教圏内でクリスマスや新年のお祝いを控える習慣はないそうですが、派手な内容のパーティーは考えものです

 

年賀欠礼状・喪中はがきの準備

年賀状決礼状、喪中はがきの準備はしていきましょう。

 

年賀状を控えることを伝えていきます。

 

まとめ

喪中の時にはどうすればいいのかとわからないことも多いことと思います。

 

自分ではよいと思っても実はダメだったり周囲の目も気になったりするかもしれません。

 

絶対にダメというわけでもないので個人の判断でも大丈夫なものもあります。

 

喪中の間はあまり派手には過ごさずに控えていくことは忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報