10月1日はコーヒーの日!何をするの?キャンペーン情報

10月1日はコーヒーの日って知ってますか?

 

そもそもコーヒーの日があると言う事すら知らないと言う人もいるかもしれません。

 

コーヒーの日って一体、何をするのでしょうか?

 

10月1日のコーヒーの日についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

10月1日のコーヒーの日って?

10月1日ってコーヒーの日って言いますが、知っていますか?

 

まだまだ多くの人の中でコーヒーの日があると言うのは浸透していないかもしれません。

 

「コーヒーの日なんかあったんだ」

 

「コーヒーの日って何するの?」って感じですよね。

 

最近の朝日新聞では連日、10月1日はコーヒーの日と言う広告が出ています。

 

まあ、それさえ気が付いていない人も多いのではないのでしょうか?

 

10月1日は「コーヒーの日」と言うのをご存知でしたか?

 

コーヒーの日と言うのはなぜ生まれたのでしょうか?

 

コーヒー国際協定によって新年度は10月からとなるのです。

 

「コーヒー年度」では10月1日が元日に当たるようになるのです。

 

と言うわけで新年の到来をお祝いして、この日が「コーヒーの日」になったと言うわけなのです。

 

コーヒーのお正月と言うわけですね。

 

なぜ10月1日がコーヒの日なのか?

なぜ、10月1日にコーヒーがはじまるのでしょうか?

 

コーヒーの年度が10月にはじまるのは、コーヒー生産国が世界1のブラジルの生産状況が関係しているからです。

 

ブラジルのコーヒーの生産量は高いと言うのは有名ですよね。

 

世界の全生産量の約30パーセントもあります。

 

なのでブラジルの収穫高や品質と言うのは、世界のコーヒー市場の動向に大きな影響を及ぼしています。

 

そういった状況から毎年9月にほぼすべての収穫を終わらせているブラジルのコーヒー栽培に合わせているからです。

 

10月1日以降に収穫されたコーヒー豆の事の言い方と言うのがあります。

 

それをニュークロップと呼びます。

 

クロップと言うのも意味があります。

 

どのような意味かと言うと作物と言う意味です。

 

新しいコーヒー豆と言う事ですね。

 

コーヒーの日とは決まってはいますが、特別に何をすると言うわけでもないようですね。

 

誰が決めたの?

コーヒーの日と言うのは誰が決めたのでしょうか?

 

国内でのコーヒーの消費拡大を目的として設立されたのも理由の一つではないのでしょうかね。

 

その一環として「10月1日はコーヒーの日」と決めた協会でもあります。

 

コーヒー協会が決めたのですね。

 

1983年に協会が定めました。

 

多くの人はコーヒーの日ってあるんだと言う感じでしょう。

コーヒーの日と言うのを大々的に宣伝して消費拡大を狙っている事でしょう。

 

広告を出して認知度を向上させようとする姿勢はいいでしょう。

 

「広告を見て何だろう?」

 

「なんでコーヒーの日ってあるんだろう」

 

と思う方も多い事でしょう。

 

ブラジルの生産に合わせてこの時期、10月1日がコーヒーの日と言う事になるのでしょうね。

 

コンビニなどでも10月1日のコーヒーの日にちなんでキャンペーンが行われています。

 

まとめ

10月1日はコーヒーの日ではありますが、まだまだ10月1日がコーヒーの日と言うのを知らない人も多い事でしょう。

コーヒー豆の生産が一番多いのがブラジルです。

 

生産地と言えば圧倒的にブラジルお思い浮かべる人が多い事でしょう。

理由としては、ブラジルでは9月に収穫が終了するからです。

 

そして、10月から新しいコーヒー年度になります。

 

夏はアイスコーヒーを飲む人が多いでしょう。

もっと増えていくのは、その後です。

 

日本ではコーヒーの消費量が秋冬季に増えていきます。温かいコーヒーを好んで飲んでいくでしょう。

 

10月からがコーヒーのオンシーズンとなっていきます。

10月1日をコーヒーの日に定めて新たにと言う意味も含まれているのでしょう。

 

「コーヒー年度」では10月1日が元日に当たるようになるのです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報