ハロウィンのかぼちゃのランタンが腐る理由と保存方法

ハロウィンが楽しみですよね。

 

ハロウィンでは色々な飾りを楽しんでいる人もいるでしょう。

 

ハロウィンでかぼちゃのランタンを作る方、飾る方もいると思いますが、どうしても腐ってしまうとお困りの方もいるでしょう。

 

なぜ腐るのか、保存方法についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンはなぜ腐るのか?理由は?

ハロウィンは、10月に入るとショップではハロウィングッズで盛り上がりかわいい飾りもたくさんになります。

 

かわいい飾りやちょっと怖い飾りもたくさんです。

 

雰囲気を盛り上げるハロウィンのディスプレイの一つがかぼちゃのランタンです。

 

作っていくのも飾るのも楽しいです。

 

作る方もいると思います。また、買う方もいるでしょう。

 

でも、このランタンですが、ちょっと困ったことがあります。

 

それは、かぼちゃのランタンは生ものなので腐るからです。

 

せっかく飾っても腐ってしまっては困りますよね。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンはなぜ腐るのでしょうか?

 

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンを作るためにかぼちゃを買う方もいるでしょう。

 

でも、腐ってしまう・・・・・・

 

そんな悩みを抱えている人も多い事でしょう。

 

せっかく用意しても腐ってしまうのでは悲しいですよね。

 

どうして腐ってしまうのでしょうか・・・・・・

 

そもそもかぼちゃって頑丈ではあるのです。

 

しばらく買ってからそのままでも腐らなかったりもします。

 

でも、それはまわりの皮だけです。

 

中身は栄養たっぷりで一度切ると腐りやすい野菜でもあるのです。

 

あれだけ丈夫そうだと腐らないように思いますが、そういうわけでもないのですね。

 

かぼちゃは生のものなのでどうしても時間が経てば腐ってしまいます。

 

特に中身は柔らかいですよね。

 

仕方がないと言えば仕方がないのですが、少しでも長持ちさせたいと思いますよね。

 

少しだけ意識していくだけで長持ちしていきます。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンを作るために保存方法を考えて腐らずに長持ちしていけるようになります。

 

知らないうちに腐る原因を作っていたなどということがないようにまずは、かぼちゃのランタンがダメになる原因を知っておくといいです。

 

まずは、腐る理由です。

 

キズを付けてしまう

キズができるとかぼちゃは腐ります。

 

大事に扱いたいものです。

 

かぼちゃにキズができてしまうとそこから腐る原因となります。

 

かぼちゃにはキズを付けないように気を付けて丁寧に扱いましょう。

 

表面は硬くてぶつけたくらいで別に大丈夫かなと言う感じではありますが、キズがついてしまうと以外にそこから腐りやすくなってしまうのです。

 

見た目と違い繊細なのです。

 

持ち運びに注意!!

繊細なかぼちゃなので持ち運びの時に傷めてしまう事があります。

 

持ち運ぶときは細心の注意を払っていきましょう。

 

小さなキズにも最新の注意が必要です。

 

慎重に持ち運びをするようにしていきましょう。

 

落としてしまったり角にぶつけてはキズ、傷みの原因です。

 

充分気を付けていきましょう。

 

日が当たらないようにする

日が当たらないようにしましょう。

 

日光が当たる事でしなびたり変色していきます。

 

また、室温が高いと腐敗が進行します。

 

また、空気がこもっていたり、湿度が高い場合にはにはカビが生えやすくなってしまいます。

 

腐敗しやすくなる条件を考えるとハロウィンかぼちゃも通常のかぼちゃと同じです。

 

かぼちゃランタンは切るとその日から4,5日でダメになってしまうのでギリギリまで切らないようにしましょう。

 

かぼちゃの保存方法

かぼちゃの保存方法についてお話ししていきます。

 

かぼちゃは切らないようにしましょう。

 

かぼちゃは切らずにいると長持ちします。

 

カットして保存すると腐る原因にもなってしまいます。

 

丸ごと1個だと風通しの良い場所で2~3か月保存できてしまうと言います。

 

かぼちゃの中で、皮は硬くて頑丈ですが、腐るのはかぼちゃのたねとワタなのです。

 

かぼちゃの中身はふわふわで柔らかいですよね。

 

種には栄養が豊富にあるので切って空気に触れると早くて1,2日、通常4,5日長くて1週間しか持たないのです。

 

常温となるとすぐにカビが生えてしまうので保存方法には十分気を付けていきましょう。

 

かぼちゃは切ったら必ず冷蔵庫で保存する。

 

とは言っても切らないで保存ですね!!

 

それとかぼちゃをもし、切るには手も切らないように気を付けましょうね。硬いので大変ですよね!!

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンは直前まで切らない事が原則です。

 

ランタン用のかぼちゃは観賞用ですが、キズがつくと腐るのは食用のかぼちゃと同じなので同じように扱っていきましょう。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンの保存方法

ハロウィンのかぼちゃのランタンの保存方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンを切った後の保存方法について紹介していきます。

 

せっかく作ったハロウィンのかぼちゃのランタンなので少しでも長く持たせたいですよね。

 

なるべくならば腐らせないようにしたいものですが、難しい部分もあります。

 

できる限り気を付けられることは気を付けていきましょう。

 

湿気は避ける

湿気には十分気を付けていきます。

 

湿気を避けていきましょう。

 

湿気があるとカビの繁殖する原因となります。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンは、乾いた布やすのこの上に置くといいです。

 

濡らさない

かぼちゃは濡れないようにすることも必要です。

 

かぼちゃが直接濡れることがないように気を付けましょう。

 

外、庭に飾りたいと考える人もいるでしょう。

 

雨は、禁物です。

 

また、草などでも湿気が出てしまう可能性は十分です。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンに中まで水が入ってしまわないように気を付けましょう。

 

知らないでいるとそれこそ腐ります。

 

直射日光は避ける

直射日光にもハロウィンのかぼちゃのランタンは弱いので要注意です。

 

直射日光は避けましょう。

 

日陰に置いておいたはずがいつの間にか日に当たってたなんて事もあるかもしれません。

 

直射日光が当たるとかぼちゃのオレンジ色の色素が抜けてしまいます。

 

せっかくの鮮やかな色が薄くなってしまうのです。

 

色素が抜けてしまって見た目も悪くなってしまいます。

 

庭先に置くときはもちろん室内でも窓から日が差し込むこともあるので気を付けましょう。

 

置く場所には、充分考慮して日中は日が当たらないように考えましょう。

 

腐ったかぼちゃの近くに置かない

腐ったかぼちゃの近くには置かないようにしましょう。

 

何個もハロウィンのかぼちゃのランタンを作ろうとたくさん用意するかもしれません。

 

ハロウィンのかぼちゃのランタンをそれぞれ色々な場所に置かずに同じ場所で保管することがあるでしょう。

 

そうなると中には腐りの早いものが出てきます。

 

かぼちゃによっても色々なので腐りやすいかぼちゃもあります。

 

腐ったかぼちゃと一緒においておくとせっかく腐っていなくても腐ってしまいます。

 

せっかくのカボチャが全滅してしまう事も考えられます。気を付けましょう。

 

他のかぼちゃまで腐ってしまっては困るので腐ったかぼちゃを見つけたらすぐに別の場所へと移してしまいましょう。

 

腐る目安というのは、ブヨブヨです。

 

ブヨブヨしてきたらダメです。

 

見た目で腐っているとなったらかなり腐ってきています。

 

要注意です。

 

ハロウィンかぼちゃを長持ちさせる置き場所

ハロウィンかぼちゃを長持ちさせるために置き場所が重要です。

 

保存方法一つで長持ちするかしないかとなります。

 

かぼちゃを置く場所として最適なところ

 

・涼しくて薄暗い場所

 

・風通しの良い場所

 

・湿気が少ない場所

 

この3つの条件を満たすところが最適となります。

 

まとめ

かぼちゃは見た目と違って繊細です。

 

ぶつけたりするとそれこそキズの原因でそこから腐ってしまいます。

 

また、保存の方法を意識していくだけでも長持ちしていきます。

 

いくつか気を付けていく事を書いていったのでやってみて下さいね。

 

少しでも長持ちをさせたいですね!!

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報