花粉症対策はいつから?病院の薬と市販薬はどっちが効くの?

花粉症の人と言うのは春先はとても辛いですよね。

 

鼻水にくしゃみ、目のかゆみなどに悩まされます。

 

花粉に悩まされている方も多いのではないのでしょうか?

花粉症の対策を考えて乗り越えていきたいものです。花粉症の対策はいつからしていくといいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

花粉症対策はいつから

アレルギーの人や花粉症の人はつらい時期でもあります。

つらい大寒波が襲ってきた冬が過ぎになるとだんだんと気温が高くなってきます。

 

そうなるともうすぐ春が来るという感じがしますね。

春といえば、ぽかぽか陽気で桜も咲いてお花見をして気温もちょうどいい感じです。

 

1年の中でも過ごしやすくいちばんハッピーな季節というイメージもあるのではないのでしょうか?

 

とは言っても、そんなハッピーな時期と考えるのはみんながみんなと言うわけではありません。

 

この時期にハッピーになれない一定数の人がいます。

 

と言うのは、すでにお分かりかと思いますが、そう、花粉症持ちの人達です。

寒い冬が終わりを告げると同時に舞い散る花粉です。

 

 

花粉症と言えば止まらない鼻のムズムズです。

 

いつまで出続けるのかというくしゃみ

 

それを少しでも抑えるのに手放せないマスク。

 

この時期になるとマスクをして歩いている人をたくさん見かけます。

 

花粉の時期と言うのは本当に辛いです。花粉症患者にとって、春は地獄です。

 

とはいっても、私は花粉症ではありません。

 

花粉症の対策と言うのは花粉症の症状が出る前から早めにやっておく必要があります。

 

薬を飲んだり、最近では貼り薬も出てきています。

 

花粉症の診断は?

春になるとやってくるムズムズとはもうながい付き合いと言う人もいることでしょう。

 

「花粉症だ」

 

「スギ花粉のせいだ」

 

「花粉症かもしれない」

 

「検査しようかな」

 

なんていう方も多いのではないのでしょうか。

耳鼻科などの病院にてアレルギー検査をしてくれます。

 

「陰性」「陽性」

 

などと主要アレルゲンの検査をして結果がわかります。

スギ花粉のみ「陽性」だったなんて言う人もいるかもしれません。

 

または、春は大丈夫だけれどもブタクサはダメとか人によって症状や結果は色々です。

お医者さまからは「花粉症はないですね。過敏性アレルギーでしょう」なんて診断されることもあるでしょう。

 

花粉症じゃない?

なんでも、花粉やハウスダストと言うわけでもないようです。

 

季節の変わり目によくある急激な温度変化など、ちょっとした刺激に体が反応してしまい、花粉症と似たような症状が出ることがあるのだそうです。

すべての人が花粉症と言うわけではなくて過敏症と言う場合もあるようです。

 

過敏性のこういった症状については、直接的な原因や対処法など未だ明確になっていない点も多いといいます。

自分は花粉症だと思い込んでいる人も多いとは思いますが、やはり病院に行って検査は必要です。

春になると花粉症と思い外出を極力控えたいと考える人もいるでしょう。

 

必死にマスクをして肌が荒れたり、春はなるべく窓を開けないように心がけている人もいるでしょう。

 

外を出歩かないようにして付き合いが減ったりしていたという人もいるでしょう。

 

花粉症でも過敏症でも特別に原因でないとはいえ、対処方法はそんなに変わりません。

原因が何であっても、アレルギー性鼻炎の症状を抑える薬は今のところ同じで、マスクをしたりするのもやはり有効と言います。

 

と言うわけで、春になると花粉症だったり過敏症だったりと悩まされてしまう人も多いのです。

マスクをしたり、外出を避けたり全く無意味と言うわけではないようで対策は色々と必要です。

過剰にスギ花粉を避けたり、念入りに家のほこりを払ったりなんて言う人もいるでしょう。

 

花粉症の薬は病院の薬?市販の薬?

今では花粉症の薬はたくさん出ています。

症状を抑えるのに最も有効なのはやはり薬での治療だと思います。

 

薬はなるべく飲みたくないという人もいるでしょう。

 

でも、やはり薬は効果的です。

 

これはなるべく早めに始めた方がいいらしいです。

 

「病院で処方される薬の方がやっぱりいい」

 

「今は市販の薬もよく効く」

 

なんていう人がいてそれぞれです。

アレルギー、花粉症対策は大体毎年3月くらいから症状が出始めるのならば、行動の早い人は年末から予防を兼ねて治療を開始しているのだそうです。

そうすると本格的に症状が出るピークの時期になっても、あまり酷くならずに済むのだとか。

くしゃみが出だしてから

 

「はっ!この季節が来るんだった!」

 

となって病院に行くという人は、なかなか効果を実際に感じるのは遅いようです。

後手にまわっての治療よりも早めの治療がいいです。

薬は市販もいろいろありますが、やはり病院で処方されるものが良いと言う人が多いかもしれません。

 

また、まずは、病院に行って自分は何のアレルギーなのかを調べてもらう事が必要だと思います。

病院となると通い続ける必要があります。

 

通い続けるのが大変なので市販を使うこともあるという人もいるでしょう。

 

どうにも効きすぎるというか、すぐに眠くなってしまうのであまり好きではないという人もいるでしょう。

病院の先生と相談して病院の薬はお願いすれば眠くなりにくいものを出してくれます。

 

市販の薬を使用する場合はそういった事も出来ます。

 

病院で先生に相談して自分に適した薬を処方してもらえるメリットもあります。

 

市販薬では薬剤師さんに相談もでるので遠慮なく相談してみてもいいでしょう。

大げさではなく、鼻炎の症状の有無は春を楽しめるかどうかに大きく影響します。

 

鼻がつまったりくしゃみが出たりすると、仕事に対するモチベーションが下がります。

 

勉強やスポーツだってやっていられません。

家事だって適当になってしまうというものです。

 

集中力が低下してしまいます。

今年は薬とうまく付き合いながら、花粉症対策、治療を早めに始めて、春の陽気のなか様々なことにチャレンジしてみたいものです。

 

まとめ

花粉症と言うと辛いですよね。

 

そんな辛い花粉症ですが、自分は何の花粉なのか、アレルギーなのかを病院に行って調べて知っておく必要があります。

 

早目に対策をしていく事で症状を軽減できることでしょう。

 

まずは病院に受診していくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報