台風で体がだるくなる人の原因は?改善点と対処法

台風で体がだるくなる人と言うのを聞いたことがありませんか?

 

台風で体がだるくなる人の原因は何でしょうか?

 

その改善点や対処法と言うのはあるのでしょうか?

 

具合が悪くなるとつらいですよね。台風が最近は毎週のようにやってきます。

 

詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

台風のとき不調を感じる原因

台風が来ると体の不調を感じる人っていますよね。

 

体がだるくなったりしてしまいます。

 

台風で体がだるくなる原因と言うのはどうしてなのでしょうか?

 

台風というのは、気圧の変化が急激です。

 

そして、移動のスピードが速いです。

 

天気が悪くて体がだるいとか体の不調を訴える人がいますが、特に台風は、痛みがつらいという患者さんが多いと言います。

 

一方、梅雨は期間が長いので、体調不良を訴える人がじわじわと増えていくようです。

 

台風は本当に風も雨もすごいですよね。

 

夏場によく発生する局地的大雨も体調を崩してしまいます。

 

気象病とも言います。

 

このような局地的大雨は、積乱雲によってもたらされていきます。

 

ひとつの積乱雲の大きさは十数キロメートル程度と言われています。

 

日本全体が表示される天気図には「低気圧」とは表示されるわけではなく積乱雲のあるところには激しい上昇気流が起こっているのです。

 

上昇気流が起こっているということは気圧が低いということです。

 

いわゆる低気圧です。

 

積乱雲ができれば急激に気圧が下がってしまうので敏感に感じてしまう人は、気象病が起こるというわけです。

 

「雨が降るかも」

 

「豪雨が来るかも」

 

「天気が崩れる」

 

などなど分かる人もいるようです。

 

天気だけではなくて気圧の関係で体調を崩してしまう人もいます。

 

高層ビルの展望台に登ったら頭痛がしたとか飛行機に乗ったら耳鳴りがするなどなどです。

 

人によって症状は色々です。

 

このように気圧の変化によって体調を崩してしまいます。

 

台風も気圧が関係しているのでこのことから台風がくると体がだるくなったりと体調を崩してしまう人が増えるのでしょう。

 

台風が来て体がだるくなる時の改善点や対処法

台風が来て体がだるくなる時の改善点や対処法についてお話ししていきます。

 

体がだるくなったりするだけではなく、気分も憂鬱になる人もいるでしょう。

 

どうしたらいいのでしょうか?

 

いくつかお話ししていきます。

 

水分調整

 

台風や雨続きの時に必要なのはまずは、水分調整です。

 

不調を感じる前に、体の中の余分な水分をデトックスしていきましょう。

 

水はけの良い体作りを心がけていく事です。

 

水分補給は大事です。

 

特に暑い時は必要となります。控えることなく水分を補給していきましょう。

 

野菜を食べる

野菜を積極的に食べていきましょう。

 

夏野菜は水分補給にもなります。

 

旬の夏野菜には、余分な水分を排出してむくみを予防する作用もあります。

 

冷たいドリンクは控える

夏場はどうしても冷たいものを飲んでしまいがちです。

 

でも、体を冷やしすぎないように注意が必要です。

 

意識して温かいドリンクを飲んでいくようにしましょう。

 

胃が冷えてしまうと体全体も冷えます。

 

そして、水分代謝も衰えてしまいます。

 

冷たいもののとりすぎは冷えの原因にもなります。

 

ましてや冷房の効いた部屋にいると体は冷え切ってしまいます。

 

要注意です!!

 

手足が冷たい人っていますよね。

 

そんな冷え性の人も要注意です。

 

冷めたいものを飲み過ぎると水分代謝が滞るので十分に気を付けましょう。

 

適度な運動を!

適度な運動が大事です。

 

普段、あまり体を動かさないと言う人も多いのではないのでしょうか?

 

もっとも効率的なのが運動でもあります。

 

新陳代謝も活発になり血流促進にもなります。

 

そして、適度な水分代謝を促します。

 

汗をかくほどの運動量でなくてもいいのです。

 

ストレッチ程度のエクササイズで十分なのです。

 

今年は、暑い夏だったのでちょっと動くだけでも汗が出てしまっていましたよね。

 

まとめ

台風が来ると体がだるくなるのは気圧の関係があるからです。

 

低気圧になると言う事です。

 

台風時期の体調管理も大事です。

 

また、夏バテ予防にもなります。

 

台風と言えば夏頃から秋にかけてが多いです。なので、夏の疲れも出ていきますよね。

 

普段から体調管理を行っていき、対処して改善できるように心がけてだるさを吹き飛ばしていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報