天気予報の予測ができる人とは?体の変化でわかっちゃう?

天気予報ってテレビで見たりスマホで見たりします。

 

あたることもあればはずれることもあります。

 

でも、最近の天気予報と言うのはだいたいあたることが多いですよね。

 

そんな天気予報ですが、自分でできる方もいるのです。体の不調で天気予報ができちゃうと言うのです。

スポンサーリンク

 

天気予報の予測ができる人とは?

天気予報は、天気予報士だけができると言うわけではありません。

 

普通の人でも天気予報の予測ができる人がいます。

 

体の変化でわかっちゃう人がいるのです。

 

と言うのは、特にお天気の悪い時やこれから天気が崩れると言う時です。

 

そんな天候の変化で天気予報ができるのす。

 

低気圧症だったり気象病だったり、台風病だったになるとなんとなく体がだるくなったり、頭痛がしたり、風邪や病気ではないけれども体調の不調を感じます。

 

低気圧病とか気象病とか台風病とか昔は聞いたことがなかった言葉かもしれませんが、ここ何年かでそのような言葉は増えてきました。

 

なかなか自分が低気圧症、気象病、台風病と言うのに気が付いていないと言う人もいるでしょう。

 

でも、実際に天気が崩れると体調を崩してしまう低気圧症、気象病、台風病と言うのがあります。

 

そんな低気圧症、気象病、台風病の方は、天候を敏感に体が感じ取っていくのです。

 

体調の変化を感じて天気予報ができてしまうのです。

 

体調不良で天気をピタリと当ててしまう事ができます。

 

そんな体調不良でお天気を当ててしまう人ってあなたのまわりにはいませんか?

 

「なんだか体調が悪い」

 

「頭痛がする」

 

などと風邪でもないのに体調を崩す方がいる事でしょう。

 

天候に応じて体調を崩すと自覚している人と言うのは、天気も予報していきます。

 

「もうすぐ雨が降る」

 

「そろそろ雨が降る」

 

「台風が来るかも」

 

なんて天気予報をピタリと当ててしまうのです。

 

皆さんの周辺にもいるのではないのでしょうか?

 

このような天気によって引き起こされる体調不良は「低気圧症」「気象病」「台風病」と言われているのです。

 

天候に応じて体の不調を感じる人は「低気圧症」「気象病」「台風病」を疑ってもいいでしょう。

 

体調が悪い訳でもなく気のせいもありません。天気が体調にも影響していきます。

 

天気予報ができる人とできない人の違い

天気が悪いと、またはこれから崩れる前に体調を崩す人がいます。

 

それが、「低気圧症」「気象病」「台風病」だったりする人たちなのです。

 

低気圧症の人だったり気象病の人だったり台風病の人はすぐにわかります。

 

体調の変化で天気予報ができちゃうのです。

 

天気予報ができる人と言うのは低気圧症、気象病、台風病の疑いがある人です。

 

また、天気予報ができない人は低気圧症、気象病、台風病の疑いがない人となります。

 

まあ、他にも雲行きを見て分かるとか風の流れでわかるとか色々と他にも天気予報ができる方もいるでしょうけどね。

 

でも、低気圧症、気象病、台風病で天気予報ができる人やできない人の違いと言うのもあります。

 

低気圧症、気象病、台風病とは?

「低気圧症」「気象病」「台風病」について詳しくお話ししていきます。

 

あなたはすでに低気圧症、気象病、台風病って聞いたことがありますか?

 

特に風邪の症状があるとかと言うわけでもないのに具合が悪いと感じたことがありませんか?

 

特別に何かあるわけではないけれども体の不調を感じている方っているかもしれません。

 

 

「なんだか頭が痛い」

 

「なんだか体がだるい」

 

「体が重い」

 

などなど感じることがあるのではないのでしょうか?

 

そのような体の不調と言うのは、気候が影響していることがあるのです。

 

低気圧症、気象病、台風病なのです。

 

天候が悪くなり低気圧症になったり、気象病になったり台風が来て台風病になったりと体の不調を感じるのです。

 

台風が来ると体がだるくなると言うのは知っていると言う方も多いのではないのでしょうか。

 

その他にも天気が悪くなると体に異常を感じる人がいるでしょう。

 

「低気圧が近づいているみたい」

 

「雨が降ってるから」

 

「台風が来ているから」

 

と言うようになんだか天候によって体がなんとなくだるくなったり頭痛がしたりと言う症状があります。

 

それが低気圧症とか気象病とか、台風病とも言われています。

 

特に頭痛を感じる人が多いようです。

 

まとめ

天気予報の予測ができちゃう人は、「低気圧症」「気象病」「台風病」だったりします。

 

天候によって体調を崩してしまうのです。

 

このような、「低気圧症」「気象病」「台風病」と言われる人は自覚していないと言う人もいるようです。

 

今後まだまだ研究されていくのではないのでしょうか?

 

「低気圧症」「気象病」「台風病」だと体の不調を感じて天候の変化に敏感になっていきます。

 

なので天気予報ができちゃうと言うわけなのです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報