天気痛とは?症状と対策

雨が降りそうになると頭痛がする。

 

なんだか体がだるいと言う人がいますよね。または、梅雨時になると決まって古傷が痛むと言う事もあるでしょう。

 

天気が悪い日に限ってなんだか体調が悪くなる。

 

また、季節の変わり目には体がだるくなったり、めまいが出ることもあるでしょう。

 

そんな症状で悩んでいる方いるのではないのでしょうか?

 

または、あなたの周りにもいるのではないのでしょうか?

 

あなた自身がそんな症状を抱えていたらつらいですよね。

スポンサーリンク

 

天気痛とは

天気痛と言うのがあります。

 

でも、天気痛と言うのはまだ多くの人に知られていない傷みでもあります。

 

なので、自分が天気痛と気が付いていない人もいるでしょう。

 

天気が悪くなると体がだるくなったり頭痛がしたり体調がなんだかおかしくなってしまいます。

 

このように、気象や天気が変化すると発症したり症状が悪化したりする病気は「気象病」と呼ばれています。

 

気象病とも言いますが、この時の痛みや苦痛を天気痛とも言います。

 

低気圧症とか台風病と言うのも同じです。

 

天気痛はつらい症状でもあります。

 

気象病は天気の変化で起こる体の不調です。

 

症状にはいくつかあります。

天気痛の症状

天気痛の症状についてです。

 

どのような症状があるのでしょうか?

 

気象病により起こる天気痛です。

 

めまい、肩こり、イライラといった不定愁訴。

 

検査をしても特段原因が見つからないことが多く何が原因なのかと悩む方もいるでしょう。

 

普段から交感神経と副交感神経からなる、自律神経が乱れがちな人に症状が出やすいのです。

 

他には、片頭痛や関節痛など、持病が悪化するパターンです。

 

気象病の中でも、これら痛みを伴うものは特に「天気痛」と呼ばれています。

 

気象病には、痛み、めまい、狭心症、低血圧、ぜんそく、うつ病など、さまざまなものが含まれています。

 

特に痛みは、昔から「古傷が痛むと雨が降る」などの言い伝えがあります。

 

天気が悪いと古傷が傷んでしまったりします。

 

これも天気痛の一つです。

 

傷みと天気との関係が知られてきました。

 

一方で、天気と痛みに本当に関係があるのでしょうか?

 

天気と痛みは関係するの?

実際に本当に天気と天気痛と言うのは関係しているのでしょうか?

 

今までは、その仕組みが明らかでありませんでした。

 

「気のせいだとか」

 

「こじつけだ」

 

「そう思うだけ」

 

とか言われてきたのも事実です。

 

でも、このような天気痛の痛みに苦しんでいる人たちは多いのです。

 

痛みや苦痛を訴えても家族や友人にさえわかってもらえず、職場や学校の理解が得られずと言う場合もあります。

 

休職や不登校になったりする方もいるようです。

 

辞職や退学をせざるをえなくなる人もいると聞きます。

 

天気痛で悩んでいる方と言うのは思っている以上に多いようです。

 

天気痛の痛みとは?

天気痛の痛みはその人にしか分からない痛みでしょう。

 

天気の影響を受ける痛みとはどういうものなのか・・・・・・

 

天気痛として知られているのは、頭痛、肩こり、膝の痛み、リウマチの痛み、ケガのあとの痛み、線維筋痛症の痛みなどがあります。

 

実はどのような痛みでも天気の影響を受ける可能性があります。

 

この痛み以外でも痛みを感じる人はいるようです。

 

天気痛の人以外には分からに痛みでしょう。

 

悩んでいる方も多いようです。

 

天気痛の対策は?

天気痛の対策はこれと言ってできるわけではありません。

 

でも、日頃から体調管理には十分気を付けて、規則正しい生活を心がけておく必要があります。

 

水分調整

 

台風や雨続きの時に必要なのはまずは、水分調整です。

 

不調を感じる前に、体の中の余分な水分をデトックスしていきましょう。

 

水はけの良い体作りを心がけていく事です。

 

水分補給は大事です。

 

特に暑い時は必要となります。控えることなく水分を補給していきましょう。

 

野菜を食べる

野菜を積極的に食べていきましょう。

 

夏野菜は水分補給にもなります。

 

旬の夏野菜には、余分な水分を排出してむくみを予防する作用もあります。

 

冷たいドリンクは控える

夏場はどうしても冷たいものを飲んでしまいがちです。

 

でも、体を冷やしすぎないように注意が必要です。

 

意識して温かいドリンクを飲んでいくようにしましょう。

 

胃が冷えてしまうと体全体も冷えます。

 

そして、水分代謝も衰えてしまいます。

 

冷たいもののとりすぎは冷えの原因にもなります。

 

ましてや冷房の効いた部屋にいると体は冷え切ってしまいます。

 

要注意です!!

 

手足が冷たい人っていますよね。

 

そんな冷え性の人も要注意です。

 

冷めたいものを飲み過ぎると水分代謝が滞るので十分に気を付けましょう。

 

適度な運動を!

適度な運動が大事です。

 

普段、あまり体を動かさないと言う人も多いのではないのでしょうか?

 

もっとも効率的なのが運動でもあります。

 

新陳代謝も活発になり血流促進にもなります。

 

そして、適度な水分代謝を促します。

 

汗をかくほどの運動量でなくてもいいのです。

 

ストレッチ程度のエクササイズで十分なのです。

 

今年は、暑い夏だったのでちょっと動くだけでも汗が出てしまっていましたよね。

 

まとめ

天気痛はさまざまな痛みが生じます。

 

なかなかまだ知らない方もいるのでまわりの人に分かってもらえずに苦しむ方もいるでしょう。

 

気象病と言って天候の関係で不調を感じてしまうのです。

 

さまざまな痛みを感じるのが天気痛です。

 

対策を少しでもして防いでいけるといいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報