秋の長雨の読み方は?特徴と時期

秋って雨がよく降りますよね。

 

台風が来たりして全国で大雨が降ったりします。

 

洗濯物が乾かなかったりと秋の長雨には悩まされてしまう事もあります。

 

そんな秋の長雨の特徴と時期についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

秋の長雨の読み方

秋の長雨と言いますが、この「長雨」ってなんて読むのでしょうか?

 

「ながあめ?」

 

「ちょうあめ?」

 

などなど読み方がわからないと言う人もいるでしょう。

 

秋の「長雨」と言うのは、「ながさめ」と読みます。

 

秋の長雨はあきのながさめです。

 

秋の長雨の別名

秋の長雨には別名があります。

 

別名は一つだけではなくていくつかあります。

 

秋の長雨の別名一覧

 

「秋霖(しゅうりん)」

 

「秋入梅(あきついり)」

 

「秋湿り(あきじめり)」

 

「秋さずい」

 

「秋の地雨(あきのじあめ)」

 

このような呼び方があります。

 

6月の梅雨の季節では、梅雨入り宣言はあります。

 

でも、秋の長雨にには宣言は特にありません。

 

秋雨前線は梅雨前線に比べて秋雨前線は規模が小さいからです。

 

そして、梅雨の梅雨前線に比べて勢いも小さいので秋の長雨宣言も出さないのです。

 

秋の長雨の特徴

秋の長雨の特徴についてです。

 

秋の長雨はシトシトと弱い雨が降り続くのが特徴でもあります。

 

「秋」のつく雨の言葉も色々とあり数多く見つけることができます。

 

 

運動会があったりスポーツの秋とも言うので「秋晴れ」のイメージが強い秋でもあります。

 

でも、秋と言うのは昔から梅雨と並ぶ第二の雨の季節だったのです。

 

特に梅雨前線のように梅雨宣言はありませんけど、秋の長雨も言葉の通り長いのが特徴です。

 

これからの季節、新聞などの天気図で、東西に延びる前線が出現したら要注意でもあります。

 

東西に延びる前線と言うのは、秋の長雨の特徴でもあります。

 

秋の長雨と言うほどなので数日間にわたって雨が降り続く可能性があります。

 

それが秋の長雨です。

 

長い雨なのです。

 

洗濯物もいつまでも乾かなくて主婦泣かせの雨でもありますね。

 

長く続く雨、そして大量の雨量は植物にとっても大敵となり、植物の根腐れなど気を付けないといけません。

 

根腐れを起こしやすい植物は鉢植えにするなど考えなくてはいけません。

 

雨の当たらない軒下などに移動するといいです。

 

また、これから来春の草花のタネまきの時期になりますが、長雨でダメにならないようにしたいですよね。

 

せっかくまいたタネが流されても困りますよね。

 

タネまきのタイミングも考えましょう。

 

野菜も雨の影響で高くなってしまう事もあるでしょう。

 

本当に長雨は主婦泣かせですね。

 

秋の長雨の時期

秋の長雨の時期はは、夏が終わる9月頃に降っていきます。

 

長く続く雨。

 

せっかく涼しくなってきて出掛けるにもいい時期になるのに雨ばかりでは楽しめることも楽しめなくなってしまいますね。

 

いつまでも降り続ける雨と言うのは洗濯物も乾かないし、気分もユーツになりますよね。

 

長雨と言うのは本当に主婦には困ります。

 

秋の長雨の時期っていつなのかと言うと夏から秋へと季節が変わる時に、真夏の間に猛暑をもたらした太平洋高気圧が南へと動いていきます。

 

大陸の冷たい高気圧が日本海や北日本方面へとせり出していきます。

 

この性質の違う2つの空気がぶつかると大気が不安定になってしまいます。

 

夏の高気圧と秋の高気圧の関係で秋の長雨の原因となってしまいます。

 

秋になると秋雨前線が発生してその秋雨前線が発生して雨を降らせます。

 

この秋雨前線が雨をもたらすのです。

 

秋の長雨とは言いますが「長雨」と「秋の長雨」の意味は実は違います。

 

「長雨」と言うのは梅雨のことを指します。

 

梅雨の由来としては花は色々あるけれども和歌などの世界では「花=桜」という決まりのように「長雨=梅雨」となるのです。

 

梅雨の長雨は長雨で秋の長雨は秋の長雨と言う事ですね。

 

と言う理由から時候のあいさつではちょっと季語も違ってきます。

 

長雨の候というのがあるものの長雨は長雨でもこれは秋の長雨ではないのです。

 

長雨となると6月を表すようになります。

 

秋の長雨は秋と言う事です。

 

長雨と言うのは梅雨時の長雨の時期にしか使いません。

 

「秋の長雨」は夏の終わりと秋の訪れを知らせる雨なのです。

 

9月頃の長雨です。

 

と言うわけで秋の長雨の時期と言うのは9月頃から10月です。

 

秋の長雨の時期はだいたい期間があり夏が終わり9月頃から秋の長雨と言います。

 

秋の長雨の期間は全国的にみると約1か月半程度あります。

 

1か月の長雨は長いですね。

 

梅雨よりも短いかもしれませんが、梅雨と同じように結構長いと感じる方もいるでしょう。

 

そして、台風も多いですよね。

 

まとめ

秋の長雨と言いますが、読み方は「ながさめ」と言います。

 

東西に延びる前線が出現したら要注意です。

 

梅雨の雨ほどではありませんが、でも、秋の長雨も長く感じます。

 

9月頃から10月にかけての時期です。

 

そして、この時期は台風も多くなっていますね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報