七五三の由来と各年齢の意味

子供の成長は早いですよね。

 

子供の成長をみんなでお祝いしていく七五三と言えば家族も楽しみですね。

 

七五三の由来はどこから来たのでしょうか?また、七五三の各年齢ごとに意味もあります。

 

七五三についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

七五三の由来

七五三の由来などをお話ししていきます。

 

七五三の由来、諸説には色々とありますが、天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力です。

 

七五三は、11月15日です。

 

その日は、子供の成長を家族みんなで祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁による)です。

 

七五三は、現代では全国で盛んに行われています。

 

多くの人たちの中で七五三は子供を育てていく中での大きな行事の一つになっています。

 

元来は関東圏における地方風俗でもありました。

 

やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになりました。

 

そして、七五三は、だんだんと全国に広まっていきました。

 

11月15日に詣でるようになった由来は諸説あるとされています。

 

神社本庁(東京都渋谷区)によると、古くから15日は吉日とされていました。

 

そのことから、1681年11月15日に5代将軍徳川綱吉の息子徳松の3歳の祝いが行われたと言います。

 

そして、古来縁起がいい数とされる3、5、7歳に、子どもの健やかな成長を祝う行事として行われるようになりました。

七五三は、子供の成長を祝って願うもの

七五三と言うのは、子供の成長を祝って願うものです。

 

七五三は子供の成長を祝っていき子供自身にもその自覚を与えるためのものでもあります。

 

七五三と言えば千歳飴があります。

 

その子供に持たせる千歳飴には、子供が元気によく成長するようにまた、長生きするようにという大きな願いがこめられています。

 

七五三は、みんなでお祝いしていくものです。

 

七五三の各年齢の意味

七五三には各年齢ごとに意味があります。

 

現在は「七五三」と言っている通りその年齢にする同じ行事のように捉えられています。

 

実際には、それぞれの年齢で行うもので別々の異なった行事です。

 

その3つの子供の行事を、「七五三」と呼びました。

 

本来の神事の内容が薄れてしまっている部分はあります。

 

七五三は、同じ行事のように思われていますが、各年齢ごとに地方によって祝う内容が異なります。

 

なぜ、奇数の年なのかと言うと祝い事に用いるめでたい数でもあるからです。

 

奇数を陽の数とする中国の思想から出たものです。

 

奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もありました。

関東

七五三はもともとの発祥は、関東地方と言われています。

 

発祥とされる関東地方では、以下のように考えられています。

数え年3歳(満年齢2歳になる年)

「髪置きの儀」とし、主に女児が行います(男児が行う例もある)。

 

江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣がありました。

 

それを終了する儀でもありました。

数え年5歳(満年齢4歳になる年)

「袴儀」とし、男児が行います。

 

男子が袴を着用し始める儀でもあります。

数え年7歳(満年齢6歳になる年)

「帯解きの儀」とし、女児が行います。

 

女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀です。

 

最近では性別問わず3回とも全部行う人もいます。

 

他の地方

上方発祥の習俗としては十三詣りがあります。

 

これも徐々に全国に広がりつつあります。

 

変わった所では福岡県では、4~5歳で「ひもとき」

 

7歳で「へこかき」(少年)

 

「ゆもじかき」(少女)(いずれもふんどしや湯文字といった成人仕様の下着を初めて身につける)

 

3歳=言葉

 

5歳=知恵

 

7歳=歯

 

を神から授かることを感謝します。

 

3歳、5歳、7歳は子供の厄の一種でもあるという考えが出雲地方にあります。

 

まとめ

七五三は、男子は3歳と5歳で女子は3歳と7歳にあたる年の11月15日に行われます。

 

子供の成長を祝い元気に成長していくようにと願う行事でもあります。

 

七五三では、子供に晴れ着を着せたり神社などの参詣をしていきます。

 

3歳の髪置(かみおき)

 

5歳の袴着(はかまぎ)

 

7歳の帯解(おびとき)

 

と言うように江戸時代から7歳,5歳,3歳を祝う習俗がありました。

 

この風習が盛んになったのは明治以後からで全国に浸透して行われている行事です。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報