七五三の食事会の会計って誰が払うの?父母?祖父母?

七五三は、子供の成長を喜びあうものでもあります。

 

そして、これからの成長を願っていきます。

 

七五三の日と言うのは、写真を撮ったり衣装を着たりと忙しい一日になります。

 

父母も忙しいのですが、祖父母も呼んだりしていく人もいるでしょう。

 

その中の一つとして、七五三の後の食事会です。

 

食事会はみんなで楽しく食事が出来るので子供は嬉しいものです。

 

でも、この食事会ですが、会計って誰が支払うのでしょうか?

スポンサーリンク

 

七五三の食事会の会計って誰が払う?

七五三では、神社やお寺にお参りをしてから食事会をする人も多い事でしょう。

 

その食事会ですが、父母と子供。

 

そして、祖父母もくることがあるでしょう。

 

その時に、七五三の食事会の会計は誰が払う事になるのでしょうか?

 

やっぱり自分たち。父母なのでしょうかね。

 

まずは、祖父母にと言うのはなくて食事会は、自分たちが払うと認識しておいた方がいいでしょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんたちからすれば、孫と食事会は楽しいです。

 

 

食事会に行きたいと思うでしょう。

 

でも、父母が

 

「来ませんか?」

 

とお誘いがなければ来ないでしょう。

 

声を掛けるのは自分たち父母となることでしょう。

 

声を掛けるとなるとやはり誘った側から七五三の食事会の会計は支払うようになることでしょう。

 

「食事会をするからお金を支払って下さい」

 

なんて言えませんよね。

 

七五三の食事会の会計は誰が払うと悩む事なくそれが自分たちが会計でお金を支払うと思っていましょう。

 

お誘いの時期が遅かったり誘わなかったりして

 

「食事会はないの?」

 

なんてお父母からのお誘いがあるかもしれません。

 

食事会をするとなり祖父母からお金を出してくれる。

 

会計してくれるなる場合もあります。

 

そんな時には一度は遠慮するもののお言葉に甘えてもいいかもしれません。

 

先にお祝いを頂いている場合もあるでしょう。

 

その時には、さらに食事代までは支払ってもらうのはどうでしょう。

 

食事会は自分たちが支払いますと言ってその時の状況に応じて考えていくといいです。

 

七五三の食事会の会計は誰が払うのかは特別に言決まりはありません。

 

御主人さんのご両親だったりすると遠慮しちゃいますけどね。

 

でも、支払ってくれないのかななんて言うお嫁さんもいるかもしれませんよね。

 

ママ友たちでそんな話もできるかもしれません。

 

自分のご両親だったら遠慮なく会計で支払ってもらっちゃうかもしれませんけどね。

 

でも、自分たちでごちそうしたいと言う方もいるでしょう。

七五三の食事会の予算はいくらくらい?

七五三の食事会はどのくらいでしょう。

 

七五三の食事会の予算はいくらでしょうか。

 

これに決まりはないです。

 

中には安くファミレスで済ます方もいます。

 

ファミレスまででしょうが、マックなどはないでしょう汗

 

ファミレスだと子供が多少騒いでもいいかなと言う感じですね。

 

まだまだ小さい子供なのでかしこまったところは避けたいですね。

 

でも、レストランやホテルに予約する方もいます。

 

レストランに予約する時にはおいしい料理を出してくれて七五三の食事会の特別メニューもあるところだと嬉しいです。

 

ホテルなどでも七五三の食事会プランセットメニューが出ているところも多くあります。

 

色々と調べてみると楽しいでしょう。

 

やはりホテルは、値段設定は高めみたいですけどね。

 

ホテルならではの高級感もあり、ファミレスとは違い美味しいものも食べられるかもしれません。

 

でも、やはり個室がいいですね。

 

予算としては数千円から数万円です。

 

さまざまです。

 

ご両親がどのようなものが好きなのかと言うのもあります。

 

ファミレスのようなところでもOKでない場合もあるでしょう。

 

それとも個室があり落ち着いたところがいい、美味しいところがいいと言うようにこだわる人もいるでしょう。

 

総額1~3万円くらいですかね。

 

どこでどんなメニューを食べるのかあらかじめ考えておくといいでしょう。

 

計算して頭に入れてお金を用意しておきましょう。

 

七五三の食事会の手土産は?

七五三の食事会の後の手土産について

 

色々と気を使いますよね。

 

七五三の食事会の手土産についてですが、必要なのか不要なのかと言うところからですかね。

 

一般的には、食事に招待するならお返しの手土産は必要ないとされています。

 

食事会も招待して手土産までとなると大変です。

 

出費が大きくなります。

 

でも、手土産にお赤飯や千歳飴を用意しておく方もいます。

 

食事をする場所にもよりますが、お店ですべて用意できるところもあります。

 

当然、予算はかかりますけどね。

 

メッセージを入れて何か手土産を渡してもいいかもしれません。

 

メッセージを入れることで心がこもったものとなるでしょう。

 

手土産は食事会をしたらあってもなくてもどちらでもいいのです。

 

とは言ってももらわないよりもらった方がいいですけどね。

 

せめて千歳飴くらいはと言う感じですかね。

 

まとめ

七五三は子供の成長をみんなでお祝いしたいものですね。

 

でも、準備などで七五三は色々と大変ですよね。

 

忙しい1日にはなりますが、かわいい子供のために1日頑張りましょう。

 

食事会は、その日の流れでそのままする方もいますが、あらかじめ準備しておく人もいます。

 

または、自宅でする人もいます。

 

自分たちで支払う方やご両親が支払ってくれるケースなどなどと半々とか3割7割とか色々ですね。

 

お互いが快く食事会が出来るように後味もよくしたいものですね。

 

夫婦でよく相談しておきましょうね。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報