大晦日(大みそか)の意味と何をする日?

大晦日(大みそか)と言うと12月31日です。

 

その大晦日(大みそか)はその年の最後の日となります。

 

最後の大晦日(大みそか)と言うのは、どんな意味があるのでしょうか?また、その日は何をする日なのでしょうか?

スポンサーリンク

大晦日(大みそか)の意味

大晦日(大みそか)と言うのは、12月31日の事で、その年の一番最後の日になります。

 

1年を締めくくる最後の「晦日」が「大晦日」なのです。

 

今年も残りわずかとなっています。

 

過ぎていくと1年と言うのはあっという間です。

 

そして、あっという間に大晦日がやってきます。

 

大晦日(大みそか)と言うのは小さい時から聞いている、知っている言葉ではないのでしょうか?

 

子どもの頃から誰しも使い慣れた言葉ではあってもい大晦日(大みそか)の本当の意味と言うのは実際に分からないと言う方も多いのではないのでしょうか?

 

大晦日(おおみそか)は、12月31日を指す言葉と言うのは知っていても本来の意味と言うのはどのような意味があるのでしょうか?

 

もともとは「大晦日(大みそか)」と言うのは。「晦日(みそか)」からきている言葉でもあります。

 

「晦」は旧暦の月の動きと大きく関係しています。

 

「晦」は月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉の1つでもあるのです。

 

そして、「晦日」と言うのは、月が隠れることを意味しているのです。

 

また、他の言い方があり、晦日は別名「つごもり」とも呼ばれます。

 

その「つごもり」と言うのも同じように月が隠れるという意味を表しています。

 

「月隠り(つきごもり)」が転じた読みでもあるのです。

 

と言うわけで、旧暦は月の満ち欠けで暦が決まっていました。

 

旧暦で考えていくと新月を1日とします。

 

月が隠れる「晦」の頃がだいたい30日でした。30日まででした。

 

その事から、30日を晦日と呼ぶようになったのです。

 

でも、1か月は、30日だけではなくなってきました。

 

ひと月が30日(または29日)までではないのです。

 

ひと月31日まである月も出てきました。

 

31日まである日もあるので晦日は、月の最終日の「30日」という意味から変化していきました。

 

毎月、30日までと言うわけでなくても毎月の末日を「晦日」と呼びました。

 

毎月「晦日」と呼んでいくのですが、晦日の中でも1年を締めくくる12月はまた呼び名を変えていきました。

 

12月31日には大をつけて「大晦日」と呼んでいるのです。

 

普段でも月末30日や31日などは「晦日」と言うのですが、あまり耳にはしませんよね。

 

「大晦日(大みそか)」と言うのはよく聞く言葉です。

 

大晦日(大みそか)の由来やいわれ

大晦日(大みそか)と言うのはどんな由来やいわれがあるのでしょうか?

 

大掃除の日でしょうか?

 

大晦日は歳神様を迎え入れる準備をして来訪を待つ日なのです。

 

大晦日の歴史はかなり古くからあります。

 

実は、大晦日(大みそか)と言うのは、平安時代まで遡るのです。

 

そんな大昔から大晦日(大みそか)と言うのはあったのですね。

 

長い歴史を感じます。

 

大晦日は正月に迎え入れる歳神様(としがみさま)をまつるための準備の日でもあったのです。

 

歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことです。

 

農作物が豊かに実りますようにと願います。

 

そして、食べるものに不自由することなく暮らせますようにと大昔から大切に扱われてきた神様なのです。

 

歳神様は各家庭にやってくると言われています。

 

歳神様は、家を守ってくれる祖先の霊とも考えられていたようなのです。

 

昔は1日と言うのは、夜から始まって朝に続くとされていました。

 

なので、大晦日の日暮れからすでに新年の始まりだったのです。

 

と言うわけで、大晦日の夜は歳神様を待っていました。

 

子供の頃から大晦日(大みそか)は遅くまで起きていてもいいと言われていました。

 

大晦日(大みそか)と言うのは、一晩中寝ずに起きておくという習わしがあったのです。

 

もし眠くなってしまいうっかり早く寝てしまうと、しわが寄ってしまったり、白髪頭になってしまうそうです。

 

女性にとってはちょっと辛いいわれですね。

大晦日(大みそか)は何をする日?

大晦日(大みそか)と言うのは何をしていく日なのでしょうか?

 

やはり、新年を気持ちよく迎えていきたいものですよね。

 

大切な歳神様を迎えるにあたって、家の掃除は重要です。

 

また、1年間の汚れもきれいにしていきたい日ですよね。

 

大掃除は、それぞれの地域によって異なってきます。

 

大掃除と言うのは、12月13日から始めて大晦日(大みそか)までに終わらせると言うのが実はあるのです。

 

でも、12月29日は9という数字が苦に繋がることから縁起が悪いと言われています。

 

なので、掃除をしてはいけない日でもあるのです。

 

知っていましたか?

 

でも、12月29日から年末年始のお休みになる人も多い事でしょう。

 

「よし、掃除をはじめる」

 

と言う方も多いのではないのでしょうか?

 

また、ゴミの収集も12月31日では間に合わないと言う場合が多いでしょう。

 

その年のゴミは出してしまいたいと考えることでしょう。

 

なので、早目に掃除をしてしまいたいと考えることでしょう。

 

その年の最後の掃き掃除のことを「掃き納め」と呼びます。

 

元旦に掃除をしてしまうのはよくありません。

 

と言うのは、せっかく招いた歳神様を掃き出してしまうことになるかたです。

 

と言うわけで、新年、元旦には掃除は行わないようにしましょう。

 

その他にも大晦日には伝統行事があり、身と心を清め新年を迎える準備をする。

除夜の鐘

除夜の鐘はよく知っている事でしょう。

 

大晦日は「除夜」とも呼ばれています。

 

除夜の鐘は、大晦日の夜から1月1日にかけて鳴らす鐘です。

 

鐘を撞く回数は、108回です。

 

除夜の鐘と言うとNHKの紅白歌合戦が終了した後とになり始めていくような感じですね。

 

寒い冬の夜空に響く鐘の音に誰しも一度は耳を傾けたことがあるでしょう。

 

煩悩を取り去っていき、正しく清らかな心で新年を迎えられるようにと言う意味もあります。

 

その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回とされているのです。

 

煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことを言います。

 

仏教における考え方からきていると言います。

年の湯

年の湯と言う言葉を聞いたことはありますか?

 

大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯」と言います。

 

大晦日(大みそか)の日にしっかりと一年の垢を落としていきます。

 

そして、気持ち良く新年を迎えていくのです。

 

昔は、今と違い、毎日入浴することが当たり前ではありませんでした。

 

昔の時代は、大晦日の入浴が特別なものだった事でしょう。

 

年越しそば

年越しそばと言うのは聞いたことがある方は多い事でしょう。

 

また、食べたこともあるでしょう。

なんだか年越しそばと言うのは、昔からあったように思うかもしれません。

 

でも、年越しそばを食べる習慣は比較的新しいのです。

 

年越しそばを食べる習慣は、江戸時代から始まったと言われています。

 

別名

 

「つごもりそば」

 

「三十日そば」

 

とも言います。

 

年越しそばは、細く長いと言う事から長寿や健康を願って食べられるようになりました。

 

その他にそばと言うのは切れやすいと言うのがあります。

 

そういった事から

 

「一年の災厄を断ち切る」

 

という意味もあるのです。

 

年越しそばは多くの人が食べている事でしょう。

 

そばのかわりにうどんを食べている地域もあります。

 

12月と言うのは、1年の中で一番そばやうどんの売り上げがいいと聞きました。

 

まとめ

大晦日(大みそか)と言うのは意味や由来があるのです。

 

また、大晦日(大みそか)にする事も昔からの言い伝えでいくつかあります。

 

「これ知ってた」

 

「知らなかった」

 

と言う事もあるでしょう。

 

記事を参考に大晦日(大みそか)の意味や由来を知り、また、一つ一つする事にも意味があるので理解しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報