お月見団子の由来は?なぜお団子を食べるのか?数は?

お月見と言えばお団子を供えていきます。

 

なぜ、お団子をお供えしていくのでしょうか?

 

お月見団子の由来やなぜ、お団子なの?と言う疑問についてお話ししていきます。

 

また、お団子の数も決められています。

 

詳しくお話ししていきますね。

スポンサーリンク

 

お月見団子の由来は?

お月見団子の由来って何でしょうか?

 

日本では古くから旧暦の8月15日に、里芋の収穫を祝ってきました。

 

その日に里芋を食べる習慣がありました。

 

まだ、お団子を食べるとかと言う習慣はその頃はなかったのです。お団子を食べる習慣になったのは江戸時代の途中からと言われています。

 

お月見の時は、お団子やススキをお供えしていきます。

 

 

満月のように丸くしたお団子をお供えしていき、収穫の感謝を込めていきました。

 

また、これからの収穫のお願いも込めていきました。

 

感謝する気持ちと収穫のお願いの気持ちが込められていたのです。

 

お月見になぜお団子を食べるのか?

昔はお月見の時にお供えしていたのは里芋とお話ししていきました。

 

里芋の他に畑作物の芋類と豆類と言います。

 

その後にお米を使った団子をお供えしていくようになったのです。

 

お月見のお月様と同じ丸い団子の形にしていきました。

 

月に似せて作っていったのです。

 

お月見のお団子はつまみ食いをしても怒られない!!

仏様にお供えしているものをつまみ食いしたり、勝手に食べてしまうと親に怒られてしまうでしょう。

 

でも、お月見のお団子の時だけは別なのです。

 

子供がお供えをこっそり食べても大人から怒られないのです。

 

近所の家で供えた団子を子供が食べ歩くと言うのもあったのです。

 

今でもその風習がある地域もあります。

 

それがお月見泥棒です。

 

でも、お月見の時だけでその時だけ特別というのは子供にお話しをしておく必要があります。

 

お月見の日はいいのに他の日はどうしてってなっちゃいますよね。

 

お月見っていつ?

お月見はいつでしょうか?

 

お月見は、十五夜とも言います。

 

これは旧暦の8月15日に行われます。

 

旧暦の8月15日は現在の暦では、毎年日付が異なります。

 

・平成29年(2017年):10月04日

・平成30年(2018年):9月24日

・平成31年(2019年):9月13日

・平成32年(2020年):10月01日

 

中秋の名月とも言います。

 

色々と言い方はあります。

 

旧暦の8月15日の「中秋」に出る美しい月の事でもあります。

「中秋」というのは「秋の中日」という意味です。

 

秋の真ん中に当たる日という意味で旧暦の8月15日のことのようです。

 

似たような言葉もあり、これは「仲秋」とも言います。

 

「仲秋」と言うのは、秋の真ん中という意味です。

 

秋は、三か月(旧暦の7月、8月、9月)あり真ん中の月という意味です。

 

そのため旧暦8月全体が仲秋に当たるのです。

 

旧暦の7月:初秋

 

旧暦の9月:晩秋

 

仲秋は旧暦の8月の1か月間の事をいいます。

 

お供えする団子の数は?

お供えするお団子の数にはいくつか説があります。

 

これが正しいと言うのはいくつかの説があるので定まりません。

 

でも、十五夜ということから15個とも言われています。

 

15の場合

1段目9個(3×3)

2段目4個(2×2)

3段目2個(正面から見て縦に並べます)

 

満月の回数分の説もあり、1年の「月」の数の12個または13個とも言われています。

 

12個の場合

1段目9個(3×3)

2段目3個

 

13個の場合

1段目9個(3×3)

2段目4個(2×2)

 

5個の場合

1段目4個(2×2)

2段目1個

 

ススキを飾るのは稲穂の代わりとして飾っているのです。

 

稲穂はこの時期にはないのでススキをお供えするようになったのです。

 

魔除け、邪気祓いの力があると言われていました。

 

また、お供えしたススキを軒先につるして一年の無病息災を願ったと言う話しもあります。

 

まとめ

お月見の時になぜお団子を食べるのかは、収穫したお米を使って団子を作ったと言うのがあります。

 

お月見のお月様と同じ丸い団子の形にしていきました。

 

月に似せて作っていったのです。

 

お月見では収穫に対しての感謝の気持ちやこれからの収穫への願いが込められているのです。

 

数には、15個、13個、12個、5個・・・・・と色々と説があります。

 

形は色々かもしれませんが、感謝の気持ちを込めて家族でお月を楽しめるといいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報