小石川後楽園の紅葉の詳細、交通情報や見頃は?

小石川後楽園の紅葉がきれいですよね。

 

多くの観光客が訪れますが、紅葉の詳細や交通情報、見頃などなど知りたいところです。

 

あまり混雑しているところにもいきたくないですよね。

 

情報をキャッチして紅葉を楽しみながら満喫していきましょう。

スポンサーリンク

 

小石川後楽園の紅葉

小石川後楽園の紅葉についてです。

 

小石川後楽園は、国の特別史跡、特別名勝に指定されています。

 

小石川後楽園は、都心にあり都心のオアシスともいえる庭園なのです。

 

もとは水戸徳川家の江戸中屋敷内(後に上屋敷となる)に造られたものです。

 

日本や中国各地の景勝を模した建造物が随所に見られるのです。

 

秋にはイロハモミジやハゼ、ケヤキ、イチョウなどの紅葉がとてもきれいです。

 

丸屋や紅葉林が趣深い景色です。

 

特に趣深い景色は、京都府にある東福寺の通天橋を表現した「通天橋」付近です。

 

これは、多くの木々が色付く絶景ポイントとなっています。

 

小石川後楽園の由来は?

小石川後楽園の紅葉の由来についてです。

 

江戸時代初期に寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったものです。

 

小石川後楽園は、二代藩主の光圀の代に 完成した庭園となります。

 

光圀は作庭に際して明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れていきました。

 

中国の教えである

 

「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後 れて楽しむ」

 

から「後楽園」と名づけられていきました。

庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっています。

 

随所に中国の名所の名前をつけた景観を配しています。

 

小石川後楽園は、中国趣味豊かなものになっています。

 

小石川後楽園の特徴として各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。

 

この地は小石川台地の先端にあります。

 

神田上水を引入れ築庭されました。

 

光圀の儒学思想の影響の下に築園されています。

小石川後楽園は昭和27年3月、文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されています。

 

特別史跡と特別名勝の重複指定を受けているのは、都立庭園では浜離宮恩賜庭園と当園の二つだけなのです。

 

全国でも京都市の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院、奈良県の平城京左京三条ニ坊宮跡、広島県の厳島、岩手県の毛越寺庭園、福井県の一乗谷朝倉氏庭園を合わせ9ヶ所だけなのです。

 

小石川後楽園の紅葉の詳細、情報

小石川後楽園の紅葉の詳細です。

 

スポット名:小石川後楽園

 

例年の色づき始め:11月中旬

 

例年の紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

紅葉祭り

2018年11月17日(土)~12月2日(日)

 

「深山紅葉を楽しむ」

 

問合せ先:小石川後楽園サービスセンター03-3811-3015

紅葉する木の種類

イロハモミジ、ミズキ、ハゼ、ケヤキ、イチョウなど

 

おすすめスポット

・通天橋(ツウテンキョウ)

 

・紅葉林(モミジバヤシ)

 

・丸屋(マロヤ)

 

時間:9:00~17:00(最終入園16:30)

 

料金:入園料 一般300円、65歳以上150円

 

※小学生以下及び都内在住在学の中学生無料

 

住所:東京都文京区後楽一丁目

 

開園時間:午前9時~午後5時

 

(入園は午後4時30分まで)

 

小石川後楽園の休園日

小石川後楽園の休園日です。

年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)

・イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長になる場合があります。

・文化財は後世に残すべき貴重な財産でこれを守るために定期的な保存修理工事を行う事があります。

 

・小石川後楽園は、文化財保護法(第2条)により芸術上又は観賞上価値の高い日本庭園として、特別名勝及び特別史跡に指定されています。

 

・ペット連れの入園はNG。なしです。

・小学生以下だけは安全管理の観点からできません。必ず保護者またはそれに準ずる大人が付き添って下さい。

 

アクセス情報

 

住所:東京都文京区後楽1-6-6

 

交通アクセス

【電車】

 

都営地下鉄飯田橋駅から徒歩3分またはJR・東京メトロ飯田橋駅、東京メトロ後楽園駅、JR水道橋駅から徒歩8分

 

駐車場

駐車場なしのため、公共交通機関での来場がおススメ

 

お問合せ

03-3811-3015 小石川後楽園サービスセンター

 

まとめ

小石川後楽園の紅葉はきれいで素敵な景色を満喫できます。

 

多くの人が訪れるので公共の交通機関がおススメになります。

 

色々とルールもあるので、しっかりとルールを守っていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報