正月飾りはいつからいつまで飾るの?

お正月になるとお正月飾りを飾っていきます。

 

と言うか、年末にお正月飾りを飾ります。

 

そのお正月飾りですが、いつからいつまで飾るのでしょうか?

 

早すぎてもいけないし、いつまでも飾っているのもいけません。

スポンサーリンク

 

お正月飾りとは

お正月飾りは年末になると色々なところで売られて目にしていきます。

 

正月と言うのは、歳神様を家にお迎えして祝っていく行事の一つでもあります。

 

歳神様と言うのは、先祖の集合霊のことを呼んだものです。

 

新年には歳神様が訪れて下さいます。

 

歳神様は、年の初めにやってきて、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様をいいます。

 

なので、お正月は掃除をしないとか、お金を使わないと言った事も言われています。

 

正月飾りは、その歳神様を心から歓迎するための準備として飾るものです。

 

お正月飾りの中には、門松・しめ飾り・鏡餅と言うがあり、よくご存知だと思います。

 

門松・しめ飾り・鏡餅と言うのは、それぞれに飾る意味があります。

 

なので、飾る時期もいい加減に考えていてはいけません。

 

正月飾りや門松についても色々と言われていることがあります。

 

門松は、歳神様の依代よりしろと言われています。

 

門松と言うのは、正月飾りのなかで最も重要なものとされています。

 

歳神様が、迷わず降りて来るための目印となるものだからです。

 

依代と言うのは、心霊が依り憑く対象物のことをいいます。

 

お正月飾りは、いつから飾っていけばいいのでしょうか?

 

お正月飾りはいつ飾る?

お正月飾りはいつからいつまで飾るのでしょうか?

 

お正月の準備は、関東では12月8日、関西では12月13日から始まります。

 

そして、12月28日までにすべて済ませていきます。

 

お正月飾りを飾るのは、準備期間中ならいつでもいいのですが、28日に飾るのが一般的でもあります。

 

お正月飾りを飾ってはいけないと言う日があります。

 

それが、12月29日です。

 

29日と言うのは、「二重苦」につながると言う意味があるからです。

 

数字の「9」が「苦に通じる」というゴロ合わせから嫌われているからです。

 

なので、12月29日にはお正月飾りは飾りません。

 

また、31日は「一夜飾り」と言われているので飾りません。

 

と言う事で28日、30日の日になってしまいます。

 

年末のギリギリに飾っていく場合には日にちが限られてしまうので気を付けましょう。

12月31日にはなぜ飾ってはいけないの?

12月31日に飾ってはいけない理由があります。

と言うのは、歳神様をお迎えする準備を、前日にあわただしく行うことは失礼にあたると言われています。

また、葬儀の飾りが一夜限りなので、やはり前日と言うのは、縁起がよくないと言われています。

 

30日なら大丈夫になります。

 

旧暦では、30日を晦日(みそか)といいます。

 

晦日は月の最後の日を意味するため、31日と同様の扱いになります。

 

と言う事は、30日と言うと月の最後で正月の前日?となるとお正月の飾りを飾る日には適していないということになってしまいます。

 

旧暦で考えると30日もダメになってしまいます。

 

お正月飾りはいつまで飾るの?

お正月飾り、門松を飾る時期は、地域によって違いがあります。

 

一般的には松の内(1月7日)までとされています。

 

1月7日の松の内と言う地域が多いのですが、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという地域もあります。

 

お正月飾りは、いつからいつまでとなると12月28日~1月7日までが一般的です。

 

門松を飾る期間が小正月までの地域は1月15日まで、20日正月までの地域は1月20日までとなります。

 

その地域によって違ってきますが一般的には、12月28日~1月7日までです。

 

住んでいる地域の風習がよく解らなければ長く住んでいる近所の方に聞いてみるというのが一番です。

 

まとめ

その地域によっても色々と日にちが異なる場合もありますが、一般的にはだいたい同じです。

 

12月28日~1月7日までが一般的です。

 

その期間の中で12月29日、31日は数字を気にしたり前日はバタバタでと言う理由などから飾らないとなっています。

 

なので日にちを意識して飾っていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報