お正月飾りについて意味は?いつからいつまで飾るの

お正月飾りについてですが、どうして飾るのか意味を知っています?

 

ただみんなが飾っているから飾ると言うものでもないのです。

 

お正月飾りを飾ると言うのはちゃんとに意味があるのです。

 

お正月飾りについて意味など詳しくお話ししていきます。また、いつからいつまで飾るのかもお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

お正月飾りとは

お正月飾りについてです。

 

本来、正月とは歳神様を家にお迎えして祝う行事でもあるのです。

 

それが本来のお正月の意味でもあるのです。

 

毎年、新しい年になると歳神様が訪れて下さるのです。その歳神様を失礼のないようにお迎えしていくのです。

 

歳神様とは、先祖の集合霊のことを呼んだものです。

 

歳神様は、年の初めにやってきます。

 

そして、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様をいいます。

 

お正月飾りは、その歳神様を心から歓迎するための準備として飾るものなのです。

 

お正月飾りには、門松・しめ飾り・鏡餅などがあります。

 

このようなお正月飾りを飾っていき歳神様をお迎えしていきます。

 

それぞれに飾る意味があります。

 

ただただ飾ると言うものでもないのです。

 

飾る時期などもちゃんとに決まっているのです。

お正月飾り、門松について

お正月飾りや門松について詳しくお話ししていきます。

 

門松は、歳神様の依代よりしろと言われています。

 

門松は、正月飾りの中でも最も重要なものとされているのを知っていましたか?

 

門松と言うのは、各家庭で歳神様が、迷わず降りて来るための目印となるものなのです。

 

歳神様の門松の依代とは、心霊が依り憑く対象物のことを言うのです。

 

なので、何よりも大事に考えていかなくてはいけません。

 

お正月飾りや門松はいつからいつまで飾る

お正月飾りや門松はいつからいつまで飾っていけばいいのでしょうか?

 

お正月の準備は、関東では12月8日から行われ関西では12月13日から始まります。

 

いつまでに準備をするのかと言うと12月28日までにすべて済ませます。

 

門松を飾るのは、準備期間中ならいつでもいいのですが、28日に飾るのが一般的とも言われています。

 

28日以降となるとギリギリとなり他にも理由があります。

 

29日は「二重苦」につながる事とも言われています。

 

29日は避けましょう。

 

数字の「9」が「苦に通じる」というゴロ合わせから嫌われています。

 

大晦日の31日は「一夜飾り」と言われて忌み嫌われます。

 

28日以降となると30日くらいとなります。

 

飾り忘れてしまうと大変です。

 

と言うわけで28日までに飾っておいた方が安心でもあり、余裕を持って飾るといいでしょう。

 

28日以降にはなるべく飾らない理由

28日以降に飾らないようにしていく理由はいくつかあります。

歳神様をお迎えする準備を数日前で慌ただしくしない方がいいのです。

 

ましてや前日にあわただしく行うことは失礼にあたるとなり一夜飾りは避けましょう。

また、大晦日の31日にすると言うのは、葬儀の飾りが一夜限りであることに通じるため、縁起がよくないと言うのもあります。

 

そうなると30日なら大丈夫なの?と思うかもしれません。

 

旧暦では、30日を晦日(みそか)と言ってました。

 

晦日は月の最後の日を意味するため、31日と同様の扱いになります。

 

なので、門松を飾る日には適していないということになります。

 

でも、現在では31日が大晦日になるので28日までに飾っていない方は、30日しかないとなります。

 

お正月飾り、門松はいつまで飾る

お正月飾りや門松はいつまで飾るのでしょうか?

 

門松を飾る時期は、地域によって違いがあります。

 

一般的には松の内(1月7日)までとされています。

 

小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという地域もあります。

 

小正月までというのは、元々松の内が1月15日までだったことから言われています。

また、どんど焼き(どんと祭・左義長などとも言われます)の行事が、小正月に行われることが多いです。

 

小正月は、関西地方に多く残る風習です。

 

また、二十日正月は1月20日を正月が終わる節目の日とするものです。

 

京阪地方や岐阜、石川、群馬の一部に残っている風習です。

 

お正月飾りやしめ飾りについて

しめ飾りですが、新しい藁に、裏白うらじろ、ゆずり葉、橙だいだいなどをあしらって作ったお飾りをしめ飾りといいます。

 

新しい藁は、古い年の不浄を払うという意味があります。

 

裏白は長寿、ゆずり葉は子孫の繁栄、橙は家系の繁栄を願ったものです。

 

しめ飾りは、神様を迎える清浄な場所を示すために飾るものと言われています。

 

玄関に飾ることで災いが外から入る事を防ぐと言われています。

 

しめ飾りを飾る時期はいつからいつまで

しめ飾りを飾る時期はいつからいつまでとなるのでしょうか?

 

しめ飾りを飾る時期は、門松と同じで12月28日~1月7日までが一般的です。

 

門松を飾る期間が小正月までの地域は1月15日まで、二十日正月までの地域は1月20日までとなります。

 

自分が住んでいる地域の風習がよく解らなければ近所の人などに聞いてみるといいでしょう。

 

28日以降になった時には、29日、31日は避けていきましょう。

 

まとめ

お正月は歳神様をお迎えしていくために重要でもあります。

 

お飾りや門松などを飾ってお迎えしていき、年末にはきれいに家を掃除しておく必要があります。

 

歳神様をお迎えしてみんなでお祝いしていきます。

 

そして、1年間幸せに平和に過ごせるように願っていきます。また、日頃の日々の感謝も大事です。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報