節分と豆まきと鬼の由来

節分と言うと「鬼は外」「福は内」
という掛け声を思い出します。

 

節分は多くの人が知っている日本の一つの行事でもありますが、もともとの由来は何だったのでしょうか?

 

節分や豆まき、鬼について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

 

節分の由来

節分は子供にとっては怖いイメージがあるかもしれません。

 

と言うのは、鬼が出てくるからです。

 

2月3日は「節分(せつぶん)」です。

 

節分とは本来、「季節を分ける」日を指しています。

 

節分は、季節が移り変わる節日を指して立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日あるものでした。

 

なので、節分の日と言うのは1年に4回あったのでした。

 

でも、日本では立春は1年のはじまりとして特に尊ばれていました。

 

その日が次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったと言われています。

 

もともとは節分と言うのは年に4回だったのが1回になっていったというわけです。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたるのです。

 

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

 

時代はさかのぼり、室町時代以降になりますが、その頃は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展していました。

 

豆をまいていくというのは、民間にも定着していきました。

 

京都ではこの時期、表鬼門にあたる「吉田神社」と裏鬼門にあたる「壬生寺(みぶでら)」の節分祭が有名です。

 

なので、京都のこの時期と言うのは、厄除節分会の時期となり大勢の人でごったがえし混雑してしまいます。

 

節分とは季節を分けるという意味で、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」の事と考えて始まったと考えておけばいいでしょう。

 

中でも旧暦で新年の始まりと重なることの多い立春の前日が重要視されるようになったというわけです。

 

春を迎えるということは、新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったというわけです。

 

室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになったのです。

豆まきの由来

節分と言えば豆まきがあります。

 

この豆まきですが、由来は何でしょうか?

 

節分には豆をまきますが、この豆まきは、中国の習俗が伝わったものとされています。

 

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があると言われています。

 

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っています。

 

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということなのです。

 

豆まきは誰がまいていくのかと言うと一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされています。

 

とは言っても、子供は節分に鬼が来るのが怖いのですが、豆まきは好きです。

 

子供達も元気に豆をまいていくのではないのでしょうかね。

 

家庭によっては家族全員でまく家庭も多いのではないのでしょうか。

 

家族は自分の数え年の数だけ豆を食べるといいと言われています。

 

年の数を食べることで病気をしないで健康に過ごしていけると言われています。

豆まきに使う豆というのは、生の豆を使いません。

 

豆まきに使う豆は炒った豆をまいていきます。

 

生の豆を使うと大変です!!

 

拾い忘れた豆から芽が出てしまう事があります。

 

そうなるととても縁起が悪いと言われています。

 

「炒る」は「射る」にも通じます。

 

鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたります。

 

この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があるからです。

 

節分に用意した豆を人間が食べることにより鬼を退治した事になるわけです。

 

鬼の由来

鬼は「陰(おん)」に通じ、邪気の象徴でもあったのです。

 

昔、人々は、目には見えない災厄を鬼(邪気)のせいだとし恐れていたのです。

 

その目に見えない鬼(邪気)を払うことで福を呼び込もうとしたのです。

平安初期から宮中の年中行事で冬の節分にあたる大晦日に「追儺」という鬼(邪気)を払う行事が行われてきました。

 

その鬼を払う行事が節分にも悪霊払いが行われるようになったのです。

追儺という鬼は、五行の思想が色濃く、節分にまつわる様々な催し事も五行に結び付けて考えられました。

 

鬼のパンツはいいパンツ~♪

 

強いぞ~♪

 

強いぞ~♪

この歌は知っている方、小さい頃に歌った方も多いのではないのでしょうか。

 

節分に出てくる鬼と言うのはパンツを履いていますよね。

 

この鬼のパンツってトラ柄ですね。

 

鬼がトラのパンツを履いているにも意味が実はあるのです。

 

その意味は、「鬼門」に由来するそうです。

 

「鬼門」は鬼の出入りする方角で「北東」とされています。

 

この方角は十二支にあてはめると「丑」「寅」の方角(うしとら)にあたるのです。

 

そのため、古来鬼は「牛(丑)」の角(つの)をもった姿で、「虎(寅)」のパンツを身に付けているそうです。

 

まとめ

節分は、古くからある日本の伝統でもあります。

 

節分では怖い鬼のイメージもあることでしょうが、由来や意味をしっかりと知っておくといいでしょう。

 

節分とは季節を分けるという意味で、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」の事として始まったものです。

 

日本の古くからの伝統を大事にしていきたいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報