節分の柊鰯の作り方と飾り方!いつまで飾るの?

節分と言うと鬼が出てきます。

 

鬼を退治していくために「鬼は外~」と大きな声で言って豆を投げていきます。

 

また、柊鰯を飾ることで鬼も逃げていきます。

 

邪気を追い払います。

 

その、柊鰯について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

 

柊鰯とは?

まずは、柊鰯についてです。

 

柊鰯は、柊に鰯を刺したものです。

 

このように、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺したものが柊鰯です。

 

柊鰯の由来としては、柊鰯は臭いが強いです。

 

その臭いの強いものを飾ることで邪気を追い払う、魔よけにもなるというわけです。

 

上巳じょうしの節句の桃や、端午の節句の菖蒲のように臭いが強いものとして考えられています。

また、尖った松の葉や柊は、古くから魔除けや厄除けとして用いられていました。

「門守かどもり」とも言っていました。

 

御守の類を門口に飾りることで魔物や災難などをよけるおまじないとしていたのです。

 

そのような風習が古くからありました。

柊鰯は、この門守の一つとしても考えられていました。

昔は、鰯の生臭い臭いと柊の痛いトゲトゲが、鬼の苦手なものと言われていました。

 

強い臭いが鬼を寄せ付けないというものだったのでしょう。

鰯の頭を焼くのはそこからきていたのです。

 

強い臭いと煙で鬼が近寄る事が出来ないようにするためだったのです。

そんな強い臭いがしても鬼が中に入ろうとすると、柊のトゲが目を刺して入る事ができないと言われていました。

この他にもいろいろな言い伝えは昔からありました。

 

強い臭いで鬼を寄せ付けないという考えだけではなくて、逆に鰯の頭を焼いた煙で鬼をおびき出しすという話もありました。

 

そして、柊のトゲで鬼の目を刺して追い返すというのです。

 

色々な諸説がありました。

柊鰯は、古くから言い伝えられていました。

 

時代は遡り、平安時代となります。

 

平安時代の土佐日記にある935(承平5)年正月の記述が、最も古いと言われています。

平安時代の当時は、鰯ではな鯔ぼらの頭を用いていたと言われています。

 

正月のしめ飾りに柊の枝と一緒に刺していたのです。

鯔は、成長とともに名前が変わる出世魚です。鯔は、めでたいと言われ飾られていたそうです。

でも、その鯔がなぜ鰯に変わったのかはわかりません。

 

いつどこでなぜ?どうして?鯔が鰯に変わったのかははっきりしていません。

柊鰯の作り方

柊鰯の作り方についてです。

 

柊に鰯を刺していくだけではありますが、作り方をここで一応説明しておきます。

材料

鰯の頭:1つ
葉の付いた柊の枝:1本

作り方

作り方です。

1.鰯の頭をこんがり焼いていく

2.柊の枝に、鰯の頭を刺す

丸ごと一匹焼いた鰯の頭を切り離していってもいいです。

柊鰯は、玄関先に飾っていきます。

 

このように簡単にできてしまいます。

 

簡単ではありますが、なかなかやらないなんて言う方も多いです。

柊鰯はいつからいつまで飾る?

柊鰯を作ったまではいいのですが、飾るのはいつからいつまでと言うように決まっているのでしょうか?

 

柊鰯ですが、いつからいつまで飾ざるものなのでしょうか?

古くから伝わる風習と言うのは様々な説があり、地域によっても違いはあります。

その地域や考え方によっていつからいつまでと言うのは変わってきます。

・小正月の翌日(1月16日)から節分の日まで

・節分の日だけ飾る

・節分の日から2月末日まで

・節分の日から一年間

このような期間が言われています。

 

でも、1年も飾っておいて大丈夫なのかともなりますね。

 

節分の日で交換するとなるので1年中飾っておくとなりますね。

特別に決まりもないようですが、私の住んでいる地域では節分の日だけ飾るというところが多いようです。

飾っていた柊鰯はどうする?

飾っておいた柊鰯はどうすればいいのでしょうか?

 

そのままゴミ箱?

でも、邪気を追い払ってくれたり魔よけの柊鰯をゴミ箱にそのままと言うのは、さすがに気が引ける気がします。

柊鰯には、処分方法もいくつかあります。

・お焚き上げをして頂く

 

・塩で清めて半紙に包んで捨てる

・玄関先に埋める

 

・灰になるまで焼き玄関先に盛る

と言う方法です。

 

これも考え方は色々とあるようです。

神社でお焚き上げをする場合は、近くの神社のどんと祭へ持参するといいでしょう。

 

とは言ってもどんど焼きの時期は終わってますけどね。

 

1年後まで家に置いておくとなるのでしょうかね。

 

柊鰯をいつまで飾るかにもよりますね。

 

まとめ

柊鰯は、邪気払いや魔よけになります。

 

作り方はいたって簡単なのですぐにできます。

 

作って玄関に飾ってみて下さい。

 

飾る期間などは地域によっても違います。

 

また柊鰯をどうするのかも違います。

 

そのままゴミ箱に捨てるのはよくありません。

塩で清めてから半紙に包んで捨てるという方法が、無難でもありますかね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報