乾電池で開けた未使用の保管方法は?

乾電池ってなくなってから購入しようとするとパックになっていて、何個も入っています。

 

開けてしまい使っていくのはいいのですが、一度開けると使えなく他の使わない未使用の電池が使えないのではないかと心配になります。

 

せっかくまとめて買ったのにどうなのでしょうか?

 

乾電池の未使用の保管方法についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

乾電池で開けた未使用ものの保管方法

乾電池で開けた未使用のものの保管方法についてお話ししていきます。

 

開けた電池ってそのまま置いておくとダメになってしまうのではと思ってしまいます。

 

一旦開封した乾電池は、使用しなくても徐々に放電してしまいます。

 

放電する速度は時期によっても違います。

 

特に梅雨時の放電速度は速くなってしまいます。

 

放電を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

いくつかの方法があります。

 

乾電池をビニール袋に入れる

乾電池をビニール袋に入れて保管していきます。

 

乾電池をビニール袋に入れて袋の中の空気を絞り出していきます。

 

そして、潰れた袋の口をしっかりと縛って空気の流れを防いでいきます。

 

そうすると自然な放電を防いで長持ちしていきます。

 

大きなビニール袋ではなくてできるだけ小さなビニール袋に入れていき中の空気を押し出していきます。

 

結び目を固く結んでおくとある程度の自然放電は防げると言います。

 

サランラップ

サランラップでの保管もビニールと同じような効果が期待されます。

 

同じ効果があるとは言っても巻き方の工夫が必要です。

 

ただ巻くだけではあまり意味がありません。

 

縦横グルグル巻いていくといいです。

 

グルグルと巻いていかないと空気が入ってしまいます。

 

空気の入る隙間を作らないようにグルグルと巻いたほうがいいのです。

 

ジップロック

ジップロックなんかも保管方法で便利です。

 

ジップロックでも乾電池の保管ができますが、たくさん入れ過ぎない方がいいと言います。

 

タッパ

タッパの保管方法もいいです。

 

保管する場所について

乾電池を保管する場所についてお話ししていきます。

 

電池は化学物質が入っているので、暑さや湿気はあまりよくありません。

 

高温・高湿、直射日光のあたる場所での保管はさけましょう。

 

置き場所によっては寿命が短くなるばかりか、破裂・液漏れをおこす恐れがあります。

 

保管する部屋についてあまり高温ではよくありません。

 

真夏の炎天下に放置と言うのはちょっといけませんが、電池にとっては、およそ40℃ 以下なら問題無いと聞きました。

 

できるだけ涼しいところに保管していきましょう。

 

液漏れについて

電池の液漏れについてお話ししていきます。

 

乾電池の液漏れの条件がいくつかあります。

 

どのような条件なのでしょうか。

 

・電池が消耗している

 

・過放電である

 

・温度が高過ぎる

 

・損傷している

 

・製造から長い期間が経っている

 

などです。

 

時計やリモコンなどは、電池が弱っても駆動し続けています。

 

ダメかなと思いながらも使う事があるかもしれません。

 

最後の最後まで電池が電池切れまで動く事が多いですね。

 

その場合は液漏れし易いと言われています。

 

なんだか電池が切れてそうと思ったら早目に電池交換をした方がいいです。

 

乾電池の保管でやってはいけない事とは?

開封した電池は(+)極と(-)極が接触しないようにしていきましょう。

 

テープ等で絶縁して保管するようにしましょう。

 

また、ショートも禁物です。

 

金属容器などの保管は避けましょう。

 

ポケットやカバンに電池と一緒にキーホルダーやネックレスなどの貴金属もいけません。

 

金属類とは分けて保管しましょう。

また、誤飲してしまうのは危険なので乳幼児の手の届かないところに保管しましょう。

 

電池の誤飲事故も多いと言います。

 

92%は3才以下の乳幼児と言う報告があると言います。

高温、湿気のあるところの保管は避けましょう。直射日光の当たらない日陰で保管していくようにしましょう。

 

まとめ

乾電池の保管ではビニール袋やジップロックなどなどいくつかあります。

 

高温、高湿気は避けた方がいいです。

 

なるべく涼しいところに保管していくようにしましょう。

 

だからと言って冷蔵庫と言うのは極端ですね。

 

金属類などと一緒に置かないように記事を読んで気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報