千歳飴の数は何本?お返しの時期は?

七五三と言えば千歳飴を思い浮かべる人も多いでしょう。

 

千歳飴には意味があります。

 

その意味を知り、千歳飴を袋の中に何本入れていくといいのかをお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

千歳飴の意味

七五三と言えば子供たちの成長をみんなでお祝いしていくものでもあります。

 

その七五三ですが、千歳飴を子供が持っていますよね。

 

千歳飴の意味って何でしょうか。

 

飴と言えば子供向けというイメージがあるかもです。

 

千歳飴は、細くて長い飴でご存知の方も多い事でしょう。

 

この千歳飴には、親が、我が子の長寿の願いを込めたものなのです。

 

 

紅白あるのも意味があります。

 

紅白と言うかピンクのいちごと白のミルクですかね。

 

縁起が良いとされるので紅白の色遣いになってしまいます。

 

千歳飴の袋も、縁起の良い鶴亀や松竹梅などの絵が描かれていることが多いです。

 

最近は、鶴亀や松竹梅ではなくてキャラクター柄や子供向けの可愛い柄の袋も多くなっています。

 

着物を着て、千歳飴を持ってかわいいですよね。

 

成長した喜びとかわいさでいっぱいな思いになるお父さん、お母さんではないのでしょうか。

 

健康と長寿と言うのは、誰にでも望まれることです。

 

縁起のいいものなので高齢の方にはお渡ししたいものですね。

 

おじいちゃんやおばあちゃんに渡していくといいでしょう。

 

七五三のお祝い返しに千歳飴を渡すことも多いです。

 

千歳飴には、縁起の良い意味が込められているのです。

 

甘くておいしいですよね。

七五三の千歳飴の本数は何本?

では七五三での千歳飴の数って何本なのでしょうか?

 

七五三の千歳飴は、元々は何歳でも紅と白1本ずつの2本という風習がありました。

 

でも、最近は殆どがお祝いする子供の年齢の数となっています。

 

3歳なら3本、5才なら5本、7歳なら7本となります。

3歳:3本

 

5才:5本

 

7歳:7本

 

というようになりますね。

 

お祝いの返しの時も千歳飴を入れていく方も多いです。

 

その時には753の飴は何本入れたらいいのかと言うとやはり同じです。

 

お祝いした子供の歳の数になります。

 

昔のように紅白で1本ずつの2本と言うようにはなりません。

 

お祝い返しの時も、お祝いした子供の歳の数をお渡しすることが多いです。

お返し用に熨斗付きで1本ずつ密封されたものも売られています。

 

箱に入ったものも売られています。

 

色々ありますね。

 

お返しの熨斗の書き方と水引き

お金を頂いたりした時のお返しはどうのようにしたらいいのでしょうか。

 

お返しをしていく時には熨斗は通常、上段に「内祝い」と書くようになります。

 

下段には子供の名前を書いていきます。

 

姓は書かずに下の名前だけのことが多いです。

水引は紅白の蝶結びです。

 

お返しを渡す時期

お返しをしていく時期は、できるだけ早い方がいいです。

 

できればお祝いしてから3日以内が理想になります。

 

遅くとも1週間以内に渡した方がいいです。

 

届けるにしても送るにしても早い方がいいです。

 

千歳飴を一緒に添えて渡していくといいでしょう。

 

千歳飴はどこで売ってるの?

千歳飴ってどこで売っているのでしょうか?

 

千歳飴は、祈祷したいただく神社で貰えることもあります。

 

また、内祝い用に売られていることもあります。

 

数を指定して買えることもありますのでお参りに行く予定の神社で確認してみるといいでしょう。

 

その他にも色々なところで売っています。

 

スーパーで買い物をしていてもこの時期になるとよく見かけるようになります。

 

10月中旬くらいから普通のスーパーやコンビニ、デパートなどでも売られています。

 

どこでも買えますね。

 

甘くておいしいのでちょっと買って舐める方もいるでしょう。

 

ネットでも購入できます。

千歳飴以外のお返しは?

お返しをしていく時に千歳飴だけではなくてそれ以外のものも考えている方もいるでしょう。

 

千歳飴以外には、赤飯をお渡しすることも多いです。

 

また、菓子折りなんかでもいいです。

 

七五三の前に準備をしておく必要がありますね。

 

赤飯は前もって注文しておくとスムーズですね。

 

お返しの金額は?

お返しの金額相場は、頂いたお祝いの3分の1から半額が目安となっています。

 

七五三と言うのはお返しはなくても実は良いと言われています。

 

基本的にお返しの不要な子供のお祝いなのです。

 

でも、お返しを何もしないと言うのはちょっとどうなんだろうと考えてもしまいますね。

 

気持ちで十分なので高価なものをお返しする必要はありません。

 

逆に頂いた金額以上のものをお返しする必要もありません。

 

そうなると「祝いはいらない」といった意味になってしまうので失礼になります。

 

まとめ

千歳飴の数は何本になるのかと言うと年の数になっていきます。

 

3歳:3本

 

5才:5本

 

7歳:7本

 

紅白でおめでたいのでお返しと一緒にお渡ししていくといいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報