七五三の内祝いはどうすればいい?

七五三でおじいちゃんやおばあちゃんからお祝いを頂いた、また、親戚の方からお祝いを頂いたと言う方もいるでしょう。

 

頂いた時にお祝いのお返しと言うのはどうすればいいのでしょうか?

 

いわゆる内祝いです。

 

七五三の内祝いについてどうしたらいいのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

七五三の内祝いは必要なの?

七五三では、自分の両親や親戚からお祝をいただくことがあります。

 

お祝を頂いたのは有難くて嬉しいのですが、お返しはどうしたらいいかと悩んでしまいますよね。

 

 

七五三での内祝いって必要なのでしょうか?

 

七五三では、原則として内祝いは必要ないと言われています。

 

でも、お祝いを頂いて、何もしないのではちょっと気が引けますよね。

 

なので、お返しを考える方の方が多いのではないのでしょうか。

 

両親だったら七五三の当日にお参りをしていきお食事会のような会を開きます。

 

食事代は自分たちで支払ごちそうする形となります。

 

そうすることでそれが祝い膳となってお返しとなります。

 

内祝いはどうするのか?

七五三の内祝いをどうすればいいのでしょうか?

 

遠くに住んでいる親戚にお祝いを頂いたら食事会に招待するわけにもいきません。

 

ご近所の方からお祝いを頂いてお返しを考えるならば七五三で晴れ着をきた子供の写真を添えていくのもいいでしょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんには写真は渡してあげましょうね。

 

ご近所の方には写真はどちらでもいいと思います。

 

千歳飴やお赤飯や縁起物のお菓子などを贈るなどが多いようです。

 

基本的には内祝いにお返しと言うのは必要がないと言われているのでそんなに高価なものでなくてもいいのです。

 

ちょっとした気持ちで十分なのです。

 

内祝いを贈るときにマナーと言うのも実はあります。

 

内祝いを贈るときの、ちょっとしたマナーをここでお伝えしておきます。

 

表書き:七五三内祝、または内祝

 

水引き:紅白蝶結び

 

金額:頂いた金額の半分から1/3

 

このような感じになります。

 

品物に、子供の七五三の写真とちょっとしたお礼状を添えたりする方も多いようです。

 

千歳飴は、縁起が良いので一緒に添えたりお餅を配ったりする地域もあると言います。

 

その地域によってもさまざまです。

 

地域によって風習も違うので自分の住んでいる地域はどうなのかを確認しておくといいでしょう。

 

七五三のご祝儀などはどのくらいなのでしょうか?

 

ご祝儀を渡す範囲は?

七五三のご祝儀を渡す範囲としてはどのくらいになるのでしょうか?

 

範囲と言うのは、例えばおじいちゃんとかおばあちゃんとかどの範囲までがお祝いをあげるのかと言う事です。

 

七五三は身内でのお祝いとなります。

 

祖父母や親戚、そしてごくごく親しい友人までとなります。

 

ご祝儀の相場は?

ご祝儀の相場ってどのくらいなのでしょうか?

 

だいたいの相場は以下の通りです。

祖父母:1万円~

親戚:5千円~1万円

親しい友人:5千円

 

最近は、祖父母に七五三の着物を買ってもらうと言う人も多くなってきているようです。

 

神社へのお参りの後の食事会の費用を負担してくれたりと家庭によってそれぞれのようです。

 

家族によって違うので特別な決まりはありません。

 

ご祝儀袋は?

お祝いを渡すときの祝儀袋はどんなものがいいのでしょうか?

 

ご祝儀袋は、のし付で水引は紅白の蝶結びのものを選びます。

 

表書きについては、

 

七五三の場合は、

 

「祝七五三」

 

「七五三御祝」

 

「御祝」

 

と言うようになります。

 

もっと書き方にこだわると言えば、

 

3歳:「御髪置御祝」

 

5歳:「御袴着御祝」

 

7歳:「御帯解御祝」

 

という書き方もあります。

 

年齢ごとに七五三と言うのは意味があるのです。

 

でも、ここまで細かく書く方はあまりいないようです。

 

ご祝儀を渡す時期

ご祝儀を渡す時期はいつがいいのでしょうか?

 

特にこの期間と言うのはありません。

七五三を一緒にお祝いする場合には、ご祝儀を渡すのは当日でもいいです。

 

遠方だったり一緒に当日はお祝いすると言う場合でなければ11月1日~11月15日あたりまでがいいでしょう。

 

まとめ

七五三の内祝いについてどうするのかはその家庭でも色々だったり地域によって違ったりします。

 

食事会を一緒に食べてそれをお返しと考えてもいいでしょう。

 

千歳飴やお赤飯、縁起の良いお菓子やお餅などを渡していく方が多いようです。

 

あんまり考えすぎずに気持ちを大事にして楽しく子供の成長を祝っていきたいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報