七五三で初穂料を渡すタイミングはいつ?どうしたらいいの?

子供の七五三で神社やお寺に行く方も多い事でしょう。

 

その時に初穂料を納めていきますが、いつ渡したらいいのか分からない方もいるでしょう。

 

初穂料を渡すタイミングについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

初穂料を渡すタイミング

七五三で神社やお寺でお参りをしていく時に初穂料を納めていきます。

 

その時に渡すタイミング。

 

初穂料を渡すタイミングはいつがいいのでしょうか?

 

いつ渡したらいいのか・・・・

 

神社に行ってすぐに渡すのか、それともしばらくしてから渡すのか、声を掛けてもらえるのかなどなど分からないでしょう。

 

神社に行くと、お守りを売っていたり、ご祈祷の受付をしている社務所があります。

 

七五三のご祈祷も殆どの神社がそこで受付をしていると思います。

 

受付では、名前や住所、年齢などを記入してご祈祷の申し込みを行います。

 

わからないことは何でも訪ねてみると教えて頂けるので不安に思わなくても大丈夫です。

 

聞いてわかったら初穂料を添えて納めることになります。

七五三での初穂料納め方

七五三での初穂料納め方ってあるようです。

 

知らずにそのまま納めてしまう方もいる事でしょう。

 

そのままと言うのは特に何かの袋に入れると言う事はなく、直接、お財布からお金を納めてしまうのです。

 

このように納めてしまうのでは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

 

初穂料の納め方は、その人の心がけの部分のことでもあります。

 

知っていると知らないとでは全然違うと思います。

 

ちょっと知っていて意識するだけでもいいのではないのでしょうか?

 

こうでなくては絶対と言うのではありませんが、知らないよりも知っていて納めた方が何倍もいいのです。

 

お財布から直接お金を出して初穂料を納めている人も実際は多いのですけどね。

 

実は、神社に納める初穂料は、のし袋に入れて納めるのがマナーなのです。

 

これは知っていましたか?

 

あくまでもその人の心使いになる部分でもあります。

 

「のし袋はいいわ!」

 

なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

 

あらかじめ初穂料を納めることはわかっているので、のし袋を用意してそこにお金を入れて納めるようにしましょう。

 

それがマナーでもあります。

のし袋は決まっているの?

のし袋は決まっているのでしょうか?

 

どんなのし袋を使えばいいの?ってなりますよね。

 

わからない方もいるでしょう。

 

七五三用と言うのはあるのでしょうか?

 

特別に七五三用と言うのはありません。

 

七五三で使うのし袋は、結婚式などで準備するような豪華なものでなくていいのです。

 

普通に売っているのし袋でいいのです。

 

コンビニなどどこでも売っています。

 

今では、100均なんかでも売っていますよね。

 

100均てなんでもありますよね。

 

最近、100均に行くと驚いてしまいます!!

 

封筒にプリントされているようなものでいいので充分です。

 

のし袋にきちんとした表書きをすれば、のし袋にこだわることもありません。

 

普通の白い封筒でもいいと言います。

 

のし袋の表書きの書き方

のし袋は特に決まってはいませんが、書き方はあります。

 

のし袋の表書きの書き方はどうすればいいのでしょうか?

 

七五三でののし袋の表書きは、普段は書かないものなのでどうやってか書けばいいのかわからない方もいるでしょう。

 

のし袋の中央上に、御初穂料、初穂料、または玉串料と書いていけばいいのです。

 

のし袋の下の方に子どもの名前をフルネームで記入していきます。

 

親の名前を書くのではありません。

 

子供の名前を書いていきます。

 

お間違えないように!!

 

名前の脇に、子どもの年齢を書いてもいいです。

 

書かなくてもいいのです。

 

中袋には、金額を書いていきます。

 

のし袋に入れるお金は新札がいいの?

おめでたい事なのでここで知っておくといいのですが、初穂料は新札がいいです。

 

結婚式などもそうですよね。

 

のし袋にお金を入れていくわけですが、お金って新札がいいのです。

 

のし袋に入れるお金も、たいていは事前に金額がわかるので新札で準備しておくほうがマナーになります。

 

銀行に行けば新札に変えてくれます。

 

もし、新札を準備することができなければなるべくきれいなお札を準備するといいでしょう。

 

ミニ知識でちょっとアイロンを当てるときれいになるようです。

 

まとめ

神社にお参りに行き、はじめての方もいるでしょう。

 

でも、そんなに心配しなくても大丈夫です。

 

わからないことは直接神社に問い合わせてみたり、当日に神社の方に聞いてみてもいいでしょう。

 

気持ちにゆとりを持って子供の成長をみんなでお祝いしていきましょうね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報