七五三の千歳飴の数は何本?誰が用意するの?

七五三と言うとあの千歳飴を持った姿をイメージしていくでしょう。

 

七五三と言うと千歳飴が思い浮かびます。

 

かわいい子供が千歳飴の袋を持って歩く姿、かわいいですよね。

 

千歳飴は、細くて長くて紅白のある甘い飴です。

 

美味しいですよね。千歳飴と言うのは親が我が子の長寿の願いを込めたものなのです。

 

といも縁起が良いと言われている飴です。

 

その千歳飴についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

七五三の千歳飴の数は何本?

七五三の千歳飴は縁起の良い飴です。

 

その飴なので本数も決まっている事でしょう。

 

七五三の千歳飴の袋の中に入れる数って決まっているのでしょうか?

 

七五三の千歳飴は、元々は何歳でも紅と白1本ずつの2本という風習でした。

 

でも、最近は殆どがお祝いする子供の年齢の数になっています。

 

千歳飴の数は?

千歳飴の数はそれぞれ年の数です。

・3歳なら3本

 

・5才なら5本

 

・7歳なら7本

 

となります。

 

年齢を重ねると千歳飴の本数も増えていきますね。

 

お祝い返しの時に千歳飴を一緒に渡す方も多いです。

 

その時にも七五三の飴は何本入れたらいいのかと言うと本数は同じです。

 

お祝いした子供の歳の数をお渡しすることが多いです。

 

お返し用に熨斗付きで1本ずつ密封されたものも売られています。

 

千歳飴は、袋ではなくて箱に入ったものも売られています。

 

とは言っても袋に入っているのが殆どですね。

 

七五三の千歳飴は誰が用意するの?

七五三の時の千歳飴の袋の中の飴の数はお伝えしましたが、七五三の千歳飴は誰が用意するのでしょうか?

 

七五三を購入しないで千歳飴は、お参りに行く神社でお参りするときにもらえる事が多いです。

 

その他に撮った写真屋さんでもらえることもあります。

 

千歳飴をもらえる時には、だいたい袋に入れてもらえます。

 

もらえる数の本数は、特に決まっていません。

 

年齢と関係なくもらえます。

 

紅白の1本ずつと言う場合も多いみたいです。

 

千歳飴をご両親に配ったり親戚や近所の方に配ったりする千歳飴は自分で購入して用意しておく必要があります。

 

ご両親が用意するものではありません。

 

自分たちで用意していきます。

 

必要な本数を購入していきます。

 

千歳飴はどこで売ってるの?

千歳飴ってどこで売っているのでしょうか?

 

心配しなくても大丈夫です。

 

七五三のシーズンが近付いてくると色々なところで目にしていきます。

 

普通のスーパーやコンビニやデパートなどでも売られています。

 

ネットでも、早目に購入できるので購入して早目に準備しておくといいでしょう。

 

不二家でも売っています。

 

不二家の千歳飴は甘くて個人的に好きです。

 

チョコレートもあり、千歳飴の飴ではないのですが、チョコレートも美味しいので好きです。

 

子供が好きな味ですよね。

 

お店によっても味や甘さは違います。

 

前もって色々と調べて準備しておくのもいいでしょうね。

七五三の千歳飴はお参りに持っていくの?

七五三の千歳飴ってお参りするときに持った方がいいのでしょうか?

 

お参りに持っていくのでしょうか?

 

子供が七五三の千歳飴の袋を手に持ち着物を着て歩く姿はよく見かけま。

 

 

かわいい姿ですよね。

 

千歳飴はお参りに持っていくのでしょうか。

 

みんな持っているイメージがありますけどね。

 

最初に用意して持たせて神社へと出掛けるのかどうなのかと悩むところです。

 

でも、七五三の千歳飴ですが、お参りには持っていかなくても大丈夫です。

 

持っていかなくてはいけないと言うものではありません。

 

持っていってもいいです。

 

千歳飴を祈祷して頂く神社で貰えることもあります。

 

また、写真を撮る時にもらえることもあります。

 

写真屋さんでは、写真を撮る前にもらえることもありますが、写真の後にもらえることがあります。

 

神社でのお参りの後にまたは、写真撮影の後に持っている場合も多いでしょう。

 

お参りの千歳飴は、内祝い用で一緒に渡す方もいるので、お店に売っています。

 

数を指定して買えます。

 

まとめ

七五三の千歳飴は、甘くて細く長い縁起のいい飴です。

 

この飴の意味は、子供たちの健やかな成長を願います。

 

千歳飴の数は、年の数になるのが基本となっています。

 

千歳飴は神社や写真屋さんでもらえる事があります。

 

ご両親や親戚など内祝いで渡すときには、本数が足りないので準備しておくといいでしょうね。

 

ご両親に配ったりするときには年齢の数が良いです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報