七五三とは?千歳飴や神社への初穂料や内祝い疑問解決

七五三と言うのは、7歳、5歳、3歳で行っていきます。

 

各年齢で子供の成長を祝って神社やお寺に参拝をする日でもあります。

 

昔は、7歳までの子供の死亡率が高かったのです。

 

7歳を過ぎると人として成長したとされ、神様に無事に成長したことを見せるための儀式でもあったのです。

 

その七五三についてお話ししていきます。

 

色々と疑問も出てくるでしょう。解決していけるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

七五三とは、由来は?

七五三は、子供の成長を祝って神社やお寺に参拝をする日です。

 

これからの成長を願っていくものでもあります。

 

それぞれの年齢で意味もあります。

 

3歳

3歳では、髪置きの義と言います。

江戸時代まで、男女ともに髪の毛をそる習慣がありました。

 

そして、3歳になってはじめて髪の毛をのばし始めていきました。

 

長寿を祝って白髪に見立てた白い綿帽子を頭にのせていたと言います。

 

5歳

5歳では、袴義の義と言います。

男の子が男の子として認められるようになります。

 

初めて袴を着る儀式でもありました。

 

碁盤の上から四方に向かって、どんな場面でも立ち向かっていけるようにと祈願していきました。

 

7歳

7歳は、帯解きの儀です。

女の子が初めて大人と同じ帯を結ぶ儀式です。

 

それまでは帯のかわりに紐をつけていたのです。

 

その儀式は、誕生日やお正月などにそれぞれ個別に行っていました。

 

でも、明治時代頃から七五三として11月15日にお祝いするようになったのです。

 

と言うのは、江戸幕府の3代将軍徳川家光が、子の徳松(後の5代将軍徳川綱吉)のお祝いを、旧暦の鬼宿日という祝日に行ったことからはじまりました。

 

そして、この日に広く行われるようになりました。

 

最近は、七五三のやり方なども変わってきて記念写真だけを撮ってお参りをしないということも増えているようです。

 

でも、子供の成長のお祝いと将来を願うのが七五三なのです。

 

なので、七五三の意味を知り、願う気持ちを忘れずに七五三を過ごしていきたいですね。

 

七五三の千歳飴の数は何本?

七五三の千歳飴は縁起の良い飴です。

 

 

その飴なので本数も決まっている事でしょう。

 

七五三の千歳飴の袋の中に入れる数って決まっているのでしょうか?

 

七五三の千歳飴は、元々は何歳でも紅と白1本ずつの2本という風習でした。

 

でも、最近は殆どがお祝いする子供の年齢の数になっています。

 

千歳飴の数は?

 

千歳飴の数はそれぞれ年の数です。

 

・3歳なら3本

 

・5才なら5本

 

・7歳なら7本

 

となります。

 

年齢を重ねると千歳飴の本数も増えていきますね。

 

お祝い返しの時に千歳飴を一緒に渡す方も多いです。

 

その時にも七五三の飴は何本入れたらいいのかと言うと本数は同じです。

 

お祝いした子供の歳の数をお渡しすることが多いです。

 

お返し用に熨斗付きで1本ずつ密封されたものも売られています。

 

千歳飴は、袋ではなくて箱に入ったものも売られています。

 

とは言っても袋に入っているのが殆どですね。

初穂料を渡すタイミング

 

七五三で神社やお寺でお参りをしていく時に初穂料を納めていきます。

 

その時に渡すタイミング。

 

初穂料を渡すタイミングはいつがいいのでしょうか?

 

いつ渡したらいいのか・・・・

 

神社に行ってすぐに渡すのか、それともしばらくしてから渡すのか、声を掛けてもらえるのかなどなど分からないでしょう。

 

神社に行くと、お守りを売っていたり、ご祈祷の受付をしている社務所があります。

 

七五三のご祈祷も殆どの神社がそこで受付をしていると思います。

 

受付では、名前や住所、年齢などを記入してご祈祷の申し込みを行います。

 

わからないことは何でも訪ねてみると教えて頂けるので不安に思わなくても大丈夫です。

 

聞いてわかったら初穂料を添えて納めることになります。

 

七五三での初穂料納め方

 

七五三での初穂料納め方ってあるようです。

 

知らずにそのまま納めてしまう方もいる事でしょう。

 

そのままと言うのは特に何かの袋に入れると言う事はなく、直接、お財布からお金を納めてしまうのです。

 

このように納めてしまうのでは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

 

初穂料の納め方は、その人の心がけの部分のことでもあります。

 

知っていると知らないとでは全然違うと思います。

 

ちょっと知っていて意識するだけでもいいのではないのでしょうか?

 

こうでなくては絶対と言うのではありませんが、知らないよりも知っていて納めた方が何倍もいいのです。

 

お財布から直接お金を出して初穂料を納めている人も実際は多いのですけどね。

 

実は、神社に納める初穂料は、のし袋に入れて納めるのがマナーなのです。

 

これは知っていましたか?

 

あくまでもその人の心使いになる部分でもあります。

 

「のし袋はいいわ!」

 

なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

 

あらかじめ初穂料を納めることはわかっているので、のし袋を用意してそこにお金を入れて納めるようにしましょう。

 

それがマナーでもあります。

 

お祝を頂いたのは有難くて嬉しいのですが、お返しはどうしたらいいかと悩んでしまいますよね。

七五三での内祝いって必要なのでしょうか?

 

七五三では、原則として内祝いは必要ないと言われています。

 

でも、お祝いを頂いて、何もしないのではちょっと気が引けますよね。

 

なので、お返しを考える方の方が多いのではないのでしょうか。

 

両親だったら七五三の当日にお参りをしていきお食事会のような会を開きます。

 

食事代は自分たちで支払ごちそうする形となります。

 

そうすることでそれが祝い膳となってお返しとなります。

 

まとめ

七五三は昔から子供の成長を喜びみんなでこれからの成長を願うものでした。

 

七五三の意味、由来を知り行っていきたいものですね。

 

わからない事もあるでしょう。

 

焦らずに一つ一つ解決して楽しんで子供の成長を祝っていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報