七五三の初穂料の相場は?

七五三の時期になってきました。

 

七五三で、神社やお寺にお参りに行く人も多くいる事でしょう。

 

その時にお参りをして初穂料と言うのを納めます。

 

でも、その初穂料ですが、相場っていくらくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

七五三の初穂料とは?

七五三で神社へお参りいく事でしょう。

 

家族で行ったり、祖父母と一緒に行ったりと行く人は色々でしょう。

 

各家庭によって違います。

 

その時に初穂料と言うのを納めていきます。

 

では、初穂料とはなんでしょうか?

 

神社でご祈祷をしていただくときに、神社に納めるお金のことを、初穂料といいます。

 

昔は、神様にお供えしていたその年の初めに収穫した稲や野菜といった農作物のことを初穂といいました。

 

その農作物の代わりに納めるのが金銭になりました。

 

今では神社でご祈祷を受ける際のお礼として納めるようになりました。

 

そのお金のことを初穂料というようになったのです。

 

七五三の初穂料の相場は?

では、七五三での初穂料はいくら納めるといいのでしょうか?

 

初穂料の相場はいくらなのか。

 

その初穂料の相場ですが、七五三の場合はだいたい5000円~10000円となっています。

 

あらかじめ七五三の初穂料が決まっているところもあります。

 

5000円、7000円、10000円の3種類と言う場合もあります。

 

初穂料で納める金額で何が違うのか?

七五三で納める初穂料によって何か違いがあるのでしょうか?

 

神社やお寺に行ってお参りをしていきます。

 

そして、ご祈祷をして頂きます。

 

ご祈祷が終わるとお札やお守りといったものをいただきます。

 

神社によっていただけるものは違ってきます。

 

お酒、お菓子、葛餅、千歳飴などなどその神社によって違います。

 

初穂料の金額によってお札の大きさが違うと言う事もあります。

 

5000円よりも7000円

 

7000円よりも10000円の方が中身は良いものになります。

 

お札の大きさも10000円の方が大きいでしょう。

 

とは言っても神社によって違います。

 

中身を気にする必要はありません。

 

また、金額を気にしていく必要のありません。

 

多く支払った方がいいのかと言うわけでもありません。

初穂料は気持ちで納めるものです。

 

気持ちが何よりです。

 

七五三での初穂料納め方

七五三での初穂料納め方ってあるようです。

 

知らずにそのまま納めてしまう方もいる事でしょう。

 

そのままと言うのは特に何かの袋に入れると言う事はなく、直接、お財布からお金を納めてしまうのです。

 

このように納めてしまうのでは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

 

初穂料の納め方は、その人の心がけの部分のことでもあります。

 

知っていると知らないとでは全然違うと思います。

 

ちょっと知っていて意識するだけでもいいのではないのでしょうか?

 

こうでなくては絶対と言うのではありませんが、知らないよりも知っていて納めた方が何倍もいいのです。

 

お財布から直接お金を出して初穂料を納めている人も実際は多いのですけどね。

 

実は、神社に納める初穂料は、のし袋に入れて納めるのがマナーなのです。

 

これは知っていましたか?

 

あくまでもその人の心使いになる部分でもあります。

 

「のし袋はいいわ!」

 

なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

 

あらかじめ初穂料を納めることはわかっているので、のし袋を用意してそこにお金を入れて納めるようにしましょう。

 

それがマナーでもあります。

 

どんなのし袋?

どんなのし袋を使えばいいの?ってなりますよね。

 

そのときに使うのし袋は、結婚式などで準備するような豪華なものでなくていいのです。

 

普通に売っているのし袋でいいのです。

 

コンビニなどでも売っています。

 

今では、100均なんかでも売っていますよね。

 

封筒にプリントされているようなものでいいので充分です。

 

のし袋にきちんとした表書きをすれば、のし袋にこだわることもありません。

 

普通の白い封筒でもいいと言います。

のし袋の表書きの書き方

のし袋の表書きの書き方はどうすればいいのでしょうか?

七五三でののし袋の表書きは、普段は書かないものなのでどうやってか書けばいいのかわからない方もいるでしょう。

 

のし袋の中央上に、御初穂料、初穂料、または玉串料と書いていけばいいのです。

 

 

のし袋の下の方に子どもの名前をフルネームで記入していきます。

 

親の名前を書くのではありません。

 

子供の名前を書いていきます。

 

名前の脇に、子どもの年齢を書いてもいいです。

 

書かなくてもいいのです。

 

中袋には、金額を書いていきます。

 

まとめ

七五三の初穂料は神社やお寺にお参りに行く時に納めるものです。

 

金額は、5000~10000円くらいが相場ではありますが、金額は気持ちで十分です。

 

見栄を張ったりする必要もありません。

 

神様が少ないとかいう事も思う事もないので、気持ちを大事に無理なく納めていきましょう。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報