七五三のお参りはいつからいつまで?

七五三と言うと三歳、五歳、七歳の子供が御祝いをしていきます。

 

子供の成長を喜んで祝っていきます。

 

七五三と言うと神社やお寺にお参りに行く人も多いのではないのでしょうか。

 

そのお参りはいつからいつまでなのか分からないと言う人もいるでしょう。

スポンサーリンク

七五三のお参りはいつからいつまでなの?

七五三のお参りと言うのはいつまでいつまでなのでしょうか?

 

一般的には、11月15日が七五三の日です。

 

日にちは決まってはいますが、その日に絶対にすると言うものでもないです。

 

必ず11月15日にしなくてはいけないと言うわけではありません。

 

その前後の都合のいい日にやることが多いようです。

 

でも、当然ながら11月15日付近の土日や大安の日などは、かなりの混雑が予想されます。

 

11月15日も混雑はします。

 

その前後と言うのも混雑します。

 

日にちをずらすとは言ってもやはり大安など日にちのいい日を選んでいく事でしょう。

 

11月15日は混んでしまう、その前後の大安なども混んでしまうと言う理由から11月ではなくて他の月にずらして七五三を行う家庭もあります。

 

混雑を避けて、10月中に七五三を済ませてしまう方もいます。

 

混雑してしまうと何かと疲れてしまいますよね。

 

待ち時間が長かったり移動の時に人が多かったりで子供も飽きてしまったりしてぐずりはじまます。

 

せっかくの七五三なのにスムーズにいかなかったりしてしまいます。

 

そうなるとどうしようもないですよね。

 

日にちをずらして行うと言う方の中には、ピークを過ぎた頃の11月後半などに行うことも多くなってきたようです。

 

そう考えると、七五三のお参りの時期は10月~11月あたりにということになります。

 

七五三はいつからいつまでとなると特別に日にちは決まっているわけではないので12月でもお参りはできると思います。

 

とは言っても11月を過ぎてしまうと寒くなる時期でもあるので大変にもなりますね。

 

着物だけでは寒いので上着が必要になってしまったりします。

 

混雑の中のお参りはデメリットばかり

 

11月15日の日曜日に七五三を行ったと言う方の話しを聞いたことがあります。

 

地元でも有名な神社なのでやはり混雑していました。

 

ご祈祷していただくのにも待ち時間は長く、ちょっと写真を撮りたいなと思っても人人人

 

どこも人ばかりで撮れるような状況ではないと言う感じだったそうです。

 

とりあえずお参りだけ済ませて神社を後にしたそうです。

 

ゆっくりお参りも出来ず、ゆっくり写真も撮れないと言う状況だったと言います。

 

やはり混雑していると困りますね。

 

混雑しているだけで大人でもかなり疲れます。

 

子供はもっとでしょう。

 

すぐに飽きるし、慣れない着物を着て歩く子供たちにとっては、負担ばかりです。

 

混雑しているときよりも、ピークを外した方がいいように思います。

 

とは言っても日にちにこだわりたい人もいるでしょう。

 

そんな方は、混雑覚悟ですね!!

 

比較的空いていそうな日を選んでゆっくりお参りするのが一番ではありますけどね。

 

どうしてもこの日じゃないと予定が立たないと言う方もいるでしょう。

 

ずっと11月15日に親戚もみんなやっていて日にちをずらせないと言う方もいるかもしれません。

 

それぞれの家庭の都合もあるのでしょう

 

周りから言われるからと気にする方もいるかもしれません。

 

でも、子供の負担を考えるとやはり子供の負担が少ない日がいいのではないのでしょうかね。

 

七五三は子供の成長を願ってお参りしていきます。子供の負担が少ないのが一番です。

 

親も本当に疲れてしまってはどうにもなりません。

 

日にちはいつがいいの?

やはりお祝いの日なので大安などの六曜で日にちの良い日を選びたいものですね。

 

多くの人は11月15日の七五三の日を選ぶかもしれません。

 

今でも、11月15日の前後で日の良い日に七五三を行うことが多いようではあります。

 

でも、11月15日、もしくはその前後は混雑すると言うのは頭に入れておくといいでしょう。

 

2018年の七五三の11月15日は大安です。

 

日にちをずらす人もいるとは言ってもやはり大安でもあるので11月15日に行う方も多い事が予想されます。

 

平日で木曜日はありますが、やはり混雑は予想されます。

 

11月15日が日曜日でも混雑するでしょう。

 

日曜日も大安もどちらも重要ではあるでしょう。

 

まとめ

七五三は、特にいつからいつまでお参りをしなくてはいけないという決まりはありません。

 

とは言っても11月15日の七五三の日やその前後に七五三を行うと言う方も多い事でしょう。

 

大安や日曜日が特に多いでしょう。

 

でも、やはり混雑していては子供の負担が大きいです。

 

日にちを考えて出来れば混雑は避けたいものですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報