鏡餅を飾る場所はどこ?

お正月といえば鏡餅を飾る方も多いことでしょう。
 

では、その鏡餅ですが、どこに飾るといいのでしょうか?

 

鏡餅は、飾る場所というのが決まっているのでしょうか?

 

鏡餅を飾る場所について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

鏡餅を飾る場所

鏡餅を飾る場所はどこがいいのでしょか?

 

特別に鏡餅を飾る場所というのは決まっているのでしょうか。

 

一般的に鏡餅を飾る場所があるのでお話していきます。

鏡餅は、いくつか用意していくご家庭がある事でしょう。

 

一番大きくて立派なものは、床の間あるいは玄関先に飾ります。

一番大きい鏡餅よりも少し小さいものを仏壇や神棚に飾ります。

そして、さらに台所や家族の部屋などの大事な場所に小さなものを飾っていきます。

 

このように飾っていくのが一般的な風習です。

 

床の間の無い家庭では、お茶の間やダイニングに飾るといいでしょう。

 

トイレは?

鏡餅をトイレに飾るというのはどうなのでしょうか?

 

ひと昔大流行した「トイレの神様」という歌を知っていますか?

 

トイレには神様がいるというのです。

 

歌の中に出てくる歌詞ですが、

 

「トイレにはそれはそれはきれいな女神様がいるんやで」

 

この歌は、おばあちゃんから聞いた話を歌にしています。

 

おばあちゃんの話すことは本当なのでしょうか?

 

これは、決しておばあちゃんの作り話ではないのです。

 

本当の話なのです。

 

日本では、古くから家の中にも神様がいると信じられてきました。

 

今でも、家の中の様々な場所に神様がいるのです。

 

トイレにも神様がいるのです。

 

なので常にきれいにしましょうということなのです。

 

トイレにも小さな鏡餅を飾るご家庭があります。

 

どうしてこんなところに?

 

どうしてトイレに?

 

と思うかもしれません。

 

トイレにも神様がいるのでその場所にいる神様を祀るという意味があります。

 

どの場所にどんな神様がいるのか?

 

それぞれの神様と、その神様に応じた鏡餅を飾るのです。

 

では、どんな場所にどんな鏡餅がいいのでしょうか。

 

竈神(かまどがみ)や荒神(こうじん)

竈神や荒神は、かまどや囲炉裏の近くに祀られる、火の神様がいらっしゃります。

 

これは、キッチンになります。

 

台所ですね。

 

マッチやライターが無い時代に、かまどや囲炉裏の火を絶やしてはいけないとありました。

 

これは、当時の主婦の大事な仕事の1つでした。

 

また、火は火事などの災いの元でもありました。火を扱う中で災いが起きないようにと神様を祀ったといわれています。

 

鏡餅は、火を取り扱う台所にも飾りましょう。

 

納戸神(なんどがみ)

納戸神は、納戸に祀られる神様です。

 

納戸?

 

と思う方もいることでしょう。

 

納戸というと物置を思い浮かべるかもしれません。

 

そこにも神様はいらっしゃるのです。

 

昔は夫婦の寝室、衣類やお米の収納場所、赤ちゃんを産む産室として利用される大切な部屋だったのです。

 

鏡餅を寝室に飾りましょう。

 

厠神(かわやがみ)

厠神は、トイレの神様です。

 

厠神は、古くから安産や子育てに関わる神様として大切にされてきたと言われています。

 

お正月にはご馳走を供えたり、産まれた子供の健康を願って厠にお参りをする風習もあります。

 

鏡餅を飾る場所は、トイレにも必要です。

 

水神(すいじん)

水神は、井戸や水汲み場に祀られる水の神様の事を言います。

 

水というのは、日常生活に必要なものです。

 

水というのは、昔も今も変わらずとても大切なものです。

 

キッチンや洗面所などの水廻りにも、小さな鏡餅を飾りましょう。

 

まとめ

鏡餅は家の中にいらっしゃる神様の場所に飾っていきます。

 

家の中にはいろいろなところに神様がいらっしゃり、家の中を守ってくれています。

 

お正月に鏡餅を飾るだけではなくて普段から家の中をきれいにしておくことも大事です。

 

鏡餅は大きなものや小さいものなど一つではなくていくつか用意しておきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報