成人式はいつ?お祝い金は?

成人式は一生に1度になります。

 

そんな成人式は子供の成長を喜んでいくものでもあり多くの人が楽しみにもしていることでしょう。

 

成人式はいつなのでしょうか?

 

また、お祝い金は相場はいくらなのでしょうか?

スポンサーリンク

成人式の由来と意義

成人式の由来や意義をまずはお話していきます。

 

成人式は国民の祝日になります。

 

成人式は20歳を迎えたことをみんなで祝っていくものでもあります。

 

20歳といえばまだまだ若いですよね。

 

そんな若い成人を迎える若者たちを祝う日になっています。

 

でも、最近の成人式では、いろいろと問題が生じています。

 

なので、成人式はお祝いではありますが、あまりいいイメージを持っていない方も多いのではないのでしょうかね。

 

若者のモラルの低下によって成人式のトラブルばかりがクローズアップされてしまっています。

 

そんな成人式ではありますが、そもそもの成人式の意味や由来が忘れられていっているのではないのでしょうか?

 

成人式に本来どんな意味があるのでしょうか?

 

まずは、成人式の歴史や意義についてしっかりと頭に入れておくといいのです。

 

成人式はいつ

成人式はひと昔前までは決まっていました。

 

でも、変わりました。

 

成人式はいつになるのでしょうか?

 

かつては1月15日が成人の日となっていました。

 

でも、日にちが毎年変わるようになりました。

 

現在、成人の日は1月の第2月曜と制定されています。

 

なので、毎年成人式は日にちが異なります。

 

でも、成人式の日は月曜日になるので日曜日、月曜日と連休になります。

 

全国で地域ごとに差はあるものの、毎年1月の上旬から中旬にかけて成人式が行われています。

 

現在は月曜日が成人の日になるようにカレンダーが調整されています。

 

成人式はなぜ祝日なの?

なぜ成人式は祝日になるのでしょうか?

 

やはり特別な日にはなります。

 

多くの国民は成人式は祝日と認識しています。

 

おめでたいとは言ってもなぜ、成人式は祝日なのでしょうか?

 

他にも祝日になる日はないのかとも思ってしまい方もいるかもしれませんけどね。

 

何故成人の日を祝日にしたのでしょうか。

 

一説によると、戦後物資も食料も足りない時代で一番乏しいとされていたのは「人材」だったのです。

 

そのために良い「国家」作りをしていくためには、国民自身が成長していかなくてはならないと考えたのでした。

 

「こどもから大人になった自覚を持ってほしい」と願ってこの日を祝日にしたと言われています。

 

成人式のお祝い金はいくら?

成人式のお祝い金はいくらになるでしょうか?

 

成人式は特別な日でもあります。

 

だいたいの相場をお伝えしていきます。

 

・自分の子ども:1万円〜5万円

 

・兄弟:1万円〜3万円

 

・孫:1万円〜10万円

 

・姪っ子や甥っ子:1万円〜3万円

 

・それ以外の親戚:5千円〜2万円

 

・知人やその他:5千円〜1万円

 

このような金額の相場になります。

 

身内に対する相場は1万円からになっています。

 

でも、自分の子どもや孫には高額なお祝い金を渡す傾向があるようです。

 

やはり、20歳の成人式

 

子供の成長は嬉しいものですよね。

 

お祝い金にプラスしてプレゼントも贈りたいという場合も多いです。

 

というわけでプチプレゼントを選ばれることをオススメします。

 

その場合には、お祝い金はある程度抑えていきプレゼントを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

自分の子供が成人式の時には色々とお金もかかってしまいます。

 

女の子の場合には振袖代もありとてもお金がかかります。

 

子供の成長は嬉しいのですが、親は大変ですね。

 

でも、嬉しい悲鳴なので有難いものでもある事でしょう。

 

まとめ

成人の日は、1月の第2月曜と制定されています。

 

成人式のお祝いのお金の相場としてはだいたい1万円くらいが基準になるようです。

 

自分の子供や孫などは特に金額も多くなるようです。

 

親戚などは5千円くらいからとなります。

 

お金と一緒にプレゼントを渡していく方も多いようです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報