大学の卒業式に親は出席するものなの?しないの?

3月と言うと卒業のシーズンです。

 

そんな3月ですが、小学校や中学、高校、大学と卒業式が行われます。

 

卒業式には親も出席していくでしょう。

 

でも、子供が成長して大きくなった時に親は出席していくのかしないのかで悩むことがある事でしょう。

 

特に大学です。

 

大学の卒業式に親は出席していくのかしないのかお話していきます。

スポンサーリンク

 

大学の卒業式に親は出席するの?

大学生と言うとすでに成人式も終えています。

 

立派な大人でもあります。

 

そんな大学生の卒業式に親は出席するのかしないのかと言うところで悩む方がいるでしょう。

 

出席するのかしないのかと言うかしてもいいのかしないほうがいいのかと言う感じでしょうか。

 

大学の卒業式に、親が出席するのはおかしいのでしょうか?

大学を卒業するということは、成人を既に迎えているということでもあり4月からは、社会人になる人も多い事でしょう。

 

そんな大学生の卒業式なのに

 

「大学生の大人の卒業式に、親が行くのはどうなのかな?」

 

と悩むところでもあります。

大学によっては、最初から、入学式や卒業式に、親を出席できないというところもあります。

 

と言うのは、学生による自主入学式、自主卒業式の場合があります。

 

そういう場合には、親は出席できません。

 

でも、大学によっては大丈夫なところも多いです。

 

大学の卒業式に親が行くなんて過保護と思われてしまうかもしれません。

とは言っても例えばプロ野球選手なんかは、初めてのプロ公式戦や引退セレモニーなどでは、親御さんを呼んでいる選手も少なくありません。

 

もう社会人なのに親を呼ぶんだと思う方もいるかもしれません。

オリンピックなどでは、親御さんが大きな声援を送っている姿も多く見かけます。

 

また、銀メダルとか金メダルと言うように獲得したメダルを、親御さんにかける姿はよくテレビや新聞などでもよく取り上げられています。

 

なので、親が出席していくというのはラインがあるわけではないのです。

大学の入学式や卒業式に親が出席していくというのは決して、過保護と言うわけではないのです。

 

何歳になっても子供の成長は嬉しく見ていきたいものです。

 

我が子がいくつになっても変わらないのです。

 

育ててくれた親に感謝する意味で、子ども側は、親御さんに来てもらう、出席してもらうというのがあるのではないのでしょうか。

親は何歳になっても我が子の成長を見守っていきたいものです。

 

と言うわけで卒業式に出席していきます。

 

子供も大人も温かい気持ちで考えていいのではないのでしょうか。

 

「大学生なのに卒業式に親が行くの?」

 

「入学式に大学生なのに行くの?」

 

「行かないでしょ!」

 

なんて今どき、言っているのは強がっているだけではないのでしょうかね。

 

面倒だとかわざわざ行かなくてもいいと考える方もいないわけではありません。

 

もし、周りの友達がそのような意見が多い中で実際に自分は行きたいのに我慢してしまう方もいるかもしれません。

 

そんな必要はありません。

それぞれに考えがあることなので、親子でコミュニケーションをとっていきながら出席していくのかしないのか判断していいでしょう。

 

大学の卒業式に参加した人の声

実際に私の周りには大学生の親も多いです。

 

大学生の親が大学の卒業式に参加してどうだったのでしょうか?

 

さすがに大学生になると保護者同士が知り合いになる機会は何かのスポーツをやっているとかないとなかなかありません。

 

親同士の関りはまったくないです。

 

そんな中、卒業式などになるとたくさんの保護者が集まります。

 

みんな熱心なんだなんて思ってしまう部分もありますが、でも、驚くほどの保護者の出席になっています。

 

ぶっちゃけ、自分の大学の卒業式の時には親が来た記憶はすでにありません。

 

入学式には来てくれたかもしれませんけど・・・・・

 

普通に大学の卒業式にも親がたくさん来ていました。

 

なので、大学生だからおかしいとか、行かないというのはないのです。

大学の卒業式に出席する親の服は?

学生の卒業式の服装は、女子は袴姿、男子は黒や紺系のスーツになっています。

 

そのような服装が定番になっています。

 

学生はそうなのですが、親はどうすればいいのでしょうか?

 

特にお母さんは何を着たらいいのでしょうか。

 

お父さんは黒や紺のスーツを着ていけばいいかなと思いますが、母親です。

あまり派手な服装は控えたいものです。

 

黒、紺、グレー、白を基調とした、スーツやワンピースなどが定番でいいのではないのでしょうか。

 

スカートでもいいしパンツスーツでもかまいません。

卒業式と言うとお祝いです。

 

祝賀ムードもあるのでコサージュをしたり、パールのネックレスなどをして華やかさをだして出席していくといいでしょう。

 

派手過ぎるのはどうかと言うところですが、地味すぎてもいけません。

黒の礼服の場合は、差し色を入れるのがコツでもあります。

 

お祝いの場なので喪服のようになってしまってはよくありません。

小物やバッグにも気を使っておしゃれして出掛けていきましょう。

足元は、ストッキングをはいていきましょう。

 

黒のストッキングをはいていく人もいます。

 

あまり地味になりすぎるといけません。

 

少しヒールのあるパンプスがいいでしょう。でも、慣れない靴だと靴ズレもあるかもしれません。

 

靴ズレになると歩いていて辛いですよね。

 

購入するときに履きやすい靴を選んで気を付けていきましょう。

 

まとめ

大学の卒業式には親も出席している人がたくさんいます。

 

大学生だからと言って行くのはおかしいというのはありません。

 

時々、そういう風に思っている人がいます。

 

でも、我が子の成長を喜んで見ていきたいもので卒業式に出席していく保護者は実際に増えてきています。

 

服装としては派手になりすぎずでも、ちょっとおしゃれに気を使いお祝いムードを大事にしていきましょう。

 

みんなで子供の卒業を祝っていきたいものですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報