七五三の初穂料の相場はいくら?

七五三の初穂料について皆さんはいくらくらいだと思いますか?

 

自分では決められず、分からずにお困りの方もいる事でしょう。

 

七五三の初穂料の相場についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

七五三の初穂料とは

まずは、七五三の初穂料についてお話ししていきます。

 

初穂料は「はつほりょう」と読みます。

 

初穂とは、初めて収穫された稲穂の束のことを言います。

 

その年に初めて収穫された稲穂・野菜・果物などまた、初ものの魚などを神前に奉納していきます。

 

そして、豊作に感謝の気持ちを込めて、またこれからの豊作にも願いを込めていきます。

 

初穂は、祈願と感謝をしたことが起源のようです。

 

現代、その初穂の代わりとして献じられる金銭のことも指すようになったのです。

 

それが初穂料となったのです。

 

初穂料とは、神社に祝詞(のりと)を上げて頂きお祓いをお願いした謝礼で納めるお金の事を言います。

 

神社によっては「玉串料(たまくしりょう)」というところもあります。

 

言い方は違いますが、同じのようです。

 

七五三の初穂料の相場は?

七五三の初穂料の金額の相場っていくらくらいなのでしょうか?

 

色々と見ていると

 

初穂料の金額の相場は、だいたい5,000円~10,000円くらいと言います。

 

5000~10000円と言う書き方をしていきましたが、

 

5000円か10000万円と言う感じでしょう。

 

一般的に初穂料は「5,000円から」という神社が多いようです。

 

予め金額を決めている神社もあります。

 

神社によっては、祈祷は予約制と言うところがあります。

 

予約制ではないところもあります。

 

祈祷の予約などに関しては、神社に問い合わせをして聞いてみるといいでしょう。

 

また、初穂料の金額を事前に教えてくれるところもあるので聞いておくと準備も出来て安心ですね。

 

七五三の参拝で神社への祈祷料として渡す初穂料

 

・相場としては5,000円〜10,000円

 

・予め金額指定の神社も多い

 

・祈祷に関して予約制の神社もある

 

各神社によって違うので直接問い合わせをして聞いておくといいでしょう。

 

また、各神社のHP(ホームページ)に掲載されていたりするので見てみるのもいいでしょう。

 

七五三シーズンに祈祷の予約などで電話で問い合わせた時に伝えてくれる神社もあります。

 

神社によってはHP上で

 

「金額はお気持ちから…」と掲載している所もあります。

 

その場合は上記の相場で5,000円からと考えていくといいでしょう。

 

初穂料の金額の違いは?授与物は?

初穂料の金額の違いで何か対応が変わると言うのは特にありません。

 

神社によっては初穂料の金額によって、祈祷後にもらえる授与物が異なることがあります。

 

七五三の授与物としては、七五三お祝いのお守りや千歳飴が入っています。

 

その他に文房具などがあります。

 

最近では神社ごとの個性的な贈り物もあります。

 

HPなどに「5,000円、7,000円、10,000円」などの金額差を表示している神社もあります。

 

HPを見て確認したり神社に祈祷の予約をする際などに電話で聞いてみてもいいでしょう。

 

七五三の初穂料はいつ渡すの?

七五三の初穂料ですが、渡すタイミングってわからないですよね。

 

いつ渡せばいいのでしょうか?

 

まだ、誰に渡していけばいいのでしょうか?

 

七五三で神社に行った時に困らないようにあらかじめ知っておくことで当日もスムーズになります。

 

いつ神社に渡せばいいのか、初穂料を渡すタイミングは、七五三のお参りに行った時に受付をします。

 

その受付をしている社務所など、受付時に渡していけばいいのです。

 

先に渡していくのですね。

 

まとめ

七五三の初穂料の相場は5000円から10000円くらいとなります。

 

金額によって頂く授与物が違う場合があります。

 

初穂料は、受付をしている社務所など、受付時に渡していけばいいです。

 

・相場としては5,000円〜10,000円

 

・予め金額指定の神社も多い

 

・祈祷に関して予約制の神社もある

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報