七五三の初穂料は兄弟や姉妹の場合二人分納めるの?

七五三の初穂料に関してですが、兄弟や姉妹一緒の場合ってどうすればいいのでしょうか?

 

二人分必要となるのでしょうか?

 

兄弟そろって七五三をすると言うご家庭も多いのではないのでしょうか。

 

また、納め方をどうするのか・・・・

 

お話ししていきます。

スポンサーリンク

 

七五三の初穂料について

七五三の初穂料についてお話ししていきます。

 

七五三の初穂料(祈祷料)は神社によって様々です。

 

初穂料の意味にはどんな意味があるのかをまず、お話ししておきます。

 

「初穂」というのは、神様にお供えする年の、最初に取れた野菜などの農作物のことを言います。

 

初穂料は、農作物の代わりに金銭をお供えするようになったのが始まりです。

 

初穂=初穂料

 

となるのです。

 

現在では、ご祈祷していただいた謝礼として初穂料を神社へ渡すようになっています。

 

七五三の初穂料の相場は?

七五三でお渡しする初穂料。

 

その初穂料の相場はどのくらいなのかお話ししていきます。

 

一般的には5,000~10,000円が相場と言われています。

 

その範囲内で支払うようにすると間違いがないでしょう。

 

5000円

 

7000円

 

10000円と言った感じでしょうか。

 

その神社の中には初穂料を決めているところもあります。

 

お祓いをして頂きと言う時には、HPや電話で確認をしてみるといいでしょう。

 

その神社によって予約が必要だったり予約が必要ではないと言うところがあります。

 

神社の多くでは初穂料がいくらなのか尋ねても

 

「あくまでもお気持ちですから・・」

 

と言葉を濁されてしまう事が多いようです。

 

このような場合も相場を考えていく事で初穂料はいくらぐらいがいいかと分かるでしょう。

 

より具体的に金額を知りたい時には、

 

「みなさんはどれくらい包んでいますか?」

 

と言う聞き方をすると伝えて下さることがあるようです。

 

初穂料は、一人分の相場です。

 

兄弟や姉妹の場合二人分納めるのか?

兄弟、姉妹で七五三をすると言う方もいるでしょう。

 

もし兄弟同時に七五三を行う時はどうすればいいのでしょうか?

 

一人分だけとはなりません。

 

初穂料は人数分納める必要があります。

 

七五三の初穂料は、1人5,000~10,000円が相場と言われています。

 

初穂料(5,000~10,000円)×人数分となります。

 

とは言ってもこれはあくまでも一般的に言われているもので、必ずしも全国共通というわけではありません。

 

初穂料は神社の多くでは「お気持ち」としています。

 

神社によっては、金額がはっきりと決まっているところもあります。

 

中には、30,000円や50,000円というところもあるようです。

 

このような神社は、神様からお土産として頂ける品物が他とは違うなどの特色があります。

 

敢えてその神社で七五三を行うという方もいらっしゃるようです。

 

神様からお土産として頂ける品物は、初穂料の値段によって変わるところもあります。

 

神社によって色々です。

 

兄弟姉妹で七五三を同時に行う場合は、

 

金額×人数分の初穂料が必要となります。

 

兄弟割引を行っている神社もある

中には兄弟で神社へお参りにいく時に、割引をしているところもあるようです。

 

神様に割引して頂くと言うのもなんだか言葉がよくないかもしれませんが、家族の負担を考えて下さるのでしょうね。

 

もし、初穂料が10,000円だとしたら、兄弟2人分なら20,000円となります。

 

神社によっては兄弟、姉妹に限って割引を行っている神社もあります。

 

金額については対象となる神社に直接問い合わせをした方がいいです。

 

割引をあまり期待せずに感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

 

初穂料を納める時ののしの袋は?

初穂料を納める時にのしの袋はどうすればいいのでしょうか?

 

初穂料を納める時はのし袋に金額を入れて、上に「御初穂料」「御祈祷料」と記載していきます。

 

そして、下に子どもの名前を入れます。

 

名前はフルネームで書いていきます。

 

 

1つののし袋に全員分の初穂料を入れる場合は、子どもの名前は連名にして構いません。

 

初穂料を神社に収めるときは、お財布からお金を出してお札のままお金を渡すのは礼儀としてよくありません。

さらには、初穂料のおつりをもらうのもよくありません。

 

礼儀に欠けてしまいます。

 

せっかくのお祝いなので神様にも気持ちよく初穂料を受け取って頂けるようにちゃんとにのし袋に入れていきましょう。

そして、お金をのし袋に入れて収めましょう。

まとめ

初穂料は、兄弟、姉妹の場合には人数分になります。

 

初穂料は人数分納める必要があります。

 

七五三の初穂料は、1人5,000~10,000円が相場と言われています。

 

初穂料(5,000~10,000円)×人数分となります。

 

礼儀正しく神様に納めていくために、のし袋にちゃんとに入れていきましょう。

 

名前はきれいにゆっくりとフルネームで書いていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報